◆◇海外版の初代ポケモン図鑑◇◆





ゆみさんから初代ポケモンについての情報を頂きました。

「(前部分省略)突然なのですが、年末年始に実家があるイギリスに帰っていました。
そこで、懐かしくて昔の物を掘り出していたら、実家に住んでいた頃に遊んでた、
英語版「ポケモン赤・青」のポケモン図鑑的なものを見つけました。」(これ以降も省略)

・・・と、いう。
イギリス!?イギリスが実家って・・・!?

こ、このサイトもインターナショナルな時代に突入しました。どうしましょう。
そしてこの攻略本をぼくにあげたいと思ってくださったそうで、日本に持って帰ってきてくださったのです。更に感激!!

初代ポケモンときたらぼくを思い浮かべてくださったことに感動・・・!

でも、ぼくは好きに外出は出来ないので残念・・・。
だがどうしてもその海外版の初代ポケモン図鑑というのがものすごく気になり、
「画像を見せてくださったら嬉しいな」というワガママを送ったところ快く応じてくださいました。

これが表紙。
「THE OFFICIAL POKEMON Handbook」というタイトルで、
バッチリ「オフィシャル」と銘打っちゃってます。

やっぱり中央にはバッチリピカチュウが陣取っており、
そのピカチュウも初代の頃の雰囲気が漂ってます。

周りのポケモンのチョイスも初代的な香りが・・・。
(初代の頃はこういうのにチョイスされるポケモンに
人気とかがあまり関係してなかったと感じてたらしい)

左上からぐるりと一周して見ていきますが、
まず可愛いカッコイイポニータです。
このポーズのオフィシャルイラストあまり見たことなかったかも。

次にナッシー。進化するとフナッシーになります。なるか。
下にはゼニガメ、ニョロゾとみずタイプが並んでいます。
このニョロゾのポーズの絵は初めて見たかもしれない。

その下はゴローニャ、ゲンガー。通信進化が2連続です。
このゲンガーは見たことあるがゴローニャはどうだったかな・・・。

そしてイーブイ。ぼくは初代の頃イーブイが一番好きだったが、
この頃はそこまで推されているポケモンじゃなかった気がする。
(今は単体でもグッズとか出まくっているようだが・・・)

そしてギャラドス、カビゴン。初代らしいポケモンたちです。
次にドガース、ベトベトン。どくタイプが続いてます。

その次がサンド、プクリンと可愛い系がきました。
初代といえばプリン出てきそうだけどプクリンとは渋いです。

そしてカセキから復元したカブトプス。
オムスターはいないのでカブトプス一人勝ちです。


上に行ってヒトカゲ。その上にサイドン。なんかサイドンが小さく感じるな・・・。
さらに上はコダック、カメール。今とカメールの色が違う・・・。(昔はアニメのシールとかでもカメールはなぜかこの色だった)

次にニドリーノだが、初代のゲームスタートの時にゲンガーとニドリーノが戦っていました。
よく見ると、ゲンガーとニドリーノが点対称の位置に・・・!?考えすぎでしょうか。そうでしょう。

次にミュウツー。えっ、ミュウツーを表紙で出してしまうのか!でもミュウはいません。
ピカチュウの下に「all 150」と書かれているから、ミュウはまだ秘密の時代なのかも・・・。

なぜかその次がクサイハナ。ラフレシアじゃなくてクサイハナ。なんで。編集者に好きな人がいたのか。
右上がフシギダネ。ナンバー1のポケモンきました。御三家ちゃんと表紙にいてよかったよかった。

そしてまた通信進化のフーディン。この中でいないのはカイリキーのみとなりました。
ビジュアル的な問題だったのでしょうか・・・。

アニメでも人気だったと思われるニャース、タケシの手持ちポケモンのイシツブテ、
最後になぜかゴルバット。うーむ、この本が出た時期にもよるが、なぜこのチョイス・・・。

まずプリンとピッピがいない。ミニリュウ、ハクリュー、カイリューのどれかがいてもよさそうだがいない。
むしタイプや鳥の姿のポケモンもいない。ってかミュウツー出しちゃうならフリーザーとか出してあげようぜ。

・・・などなど、共通点を見出そうとしましたが日本人とは違う視点なのかでも共感できなくもない、
絶妙なチョイスのように思えてきます。ニドリーノとゲンガーがいるのが嬉しい。

スターミーのページを送ってくださいました。
ナンバーと名前、そして発音が書いてある。え、発音?!

タイプは「みず・エスパー」、その下にも「タイプ」の文字が。
「STAR SHAPE」とありこれは「ぶんるい」のようです。

スターミーは「なぞのポケモン」ですが、
「ほしがたポケモン」と表記されているご様子。
(今は海外でも「MYSTERIOUS POKEMON」です)

「たかさ」「おもさ」が次に来て、単位は海外版。
その下が「最初から覚えている技」。
たいあたり、みずでっぽう、かたくなる、と表記されています。

家にある初代のポケモン攻略本にも書かれているし、
とくしゅエンカウントでスターミーをレベル7で出したら
この3つの技を覚えています。

昔は「野生で出ないから何覚えてるかなんて分からないのに」
と思っていましたが、ちゃんと設定されていたのですね。

次に「レベルアップで覚える技」。
でも初代なので「なし」です。

そして得意なタイプと苦手なタイプが書かれています。
さすが初代、苦手なタイプに「ゴースト」がない。

進化に必要な石「みずのいし」と書かれて情報終了。
これぞ「ポケモン図鑑」です。

左には英語でスターミーの説明もあります。

「きかがくてきな ボディーから うちゅうせいぶつ ではないかと じもとでは うたがわれている。 」
と書いてあるようです。違います。

さて最後に。
イーブイのページも送って下さいました。

つづりは「EEVEE」で現在と同じ。
「ノーマルタイプ」「しんかポケモン」と
ちゃんと書かれています。

だが「得意なタイプ」「苦手なタイプ」がちょっとナゾ。

「得意なタイプ」はノーマルタイプだからいいが、
「苦手なタイプ」とくると「かくとう」じゃなかろうか?

「いわ」だけということは、この「苦手なタイプ」というのは
こちらからの攻撃で「こうかはいまひとつ」になるタイプ
ということのようです。

・・・あれ?

皆さんちょっと上のスターミーの「苦手なタイプ」を
ご覧下さい。

「でんき」が入ってます。
みず⇒でんき は「こうかはいまひとつ」には
ならないはず。

じゃあこの表記の基準は何なんだろう・・・?

「こうかはないようだ」はもっと相性が悪いわけで、
それならこのイーブイの欄にも
「苦手なタイプ」に「ゴースト」がないといけない。

・・・が、得意なタイプも「ゴースト」って書かないとダメ?
ややこしくなるからやめたんだろうか・・・??


左には分岐進化が図で示されています。
シャワーズ、サンダース、ブースターと、ちゃんと番号順に縦に並んでいます。

だが、イーブイとシャワーズとブースターは国内版のオフィシャルイラストとほぼ同じだが、
サンダースだけなんで横向きの絵なんだろう・・・。この絵だけが初代公式オフィシャルイラストと違います。なぜに。

というわけで、初代の海外の公式ポケモン図鑑の紹介でした。
ゆみさん、どうもありがとうございました!!








2014年2月7日








◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system