噂石さんからこんな情報が・・・どれどれ・・・。

こっそり聞いた話だが……

金銀のヒトデマンはメロメロを覚えられ、タマゴ技もしっかり設定されていることから
当初は性別不明ではなかったのではないかと、じもとではうたがわれているらしい


地元で疑われてしまっていたとは!これは、疑いを晴らしてあげないといけません。

しかし、ヒトデマンのタマゴ技がしっかり設定されている・・・?ちゃんと検証してみよう。
ポケモンwikiさまの「タマゴ」のページでタマゴ発見の条件を見てまずはタマゴのおさらいです。

まず、タマゴグループの一致している♂と♀のポケモンを
育て屋に預けると♀のポケモンの一番進化前のタマゴが貰える
というのが基本。

次に、性別不明のポケモン、♂しか存在しないポケモンはメタモンと一緒に預けると発見出来る。
コイルやビリリダマには性別の表記がないが、メタモンと預ければちゃんとタマゴが見つかります。

でもこれって何を意味するのかというと、
「せいべつふめい」であるヒトデマンを2匹預けても
タマゴは見つからないということだ。

だとすると「せいべつふめい」のポケモンはどうやって繁殖するのか?
ちぎれる?ならばメタモンとタマゴが見つかるのはなぜなのか・・・。

さて次にポケモンwikiさまのヒトデマンが覚える技のページを見てみましょう。
「タマゴわざ」の項目に「ちょうおんぱ」、「オーロラビーム」、「バリアー」という3つの技があります。

バグらせて遊んでいるとつい忘れがちですが、ヒトデマンにこれらの技を覚えさせるためには
わざマシンは使えないしレベルアップでも覚えないので遺伝させるしかありません。

・・・あれ?
でもヒトデマンは「せいべつふめい」だから、ヒトデマン同士で育て屋さんに預けてもタマゴは見つからない。
ってかメタモン以外のポケモンと預けてもタマゴは見つからない。

この設定されている「タマゴわざ」が活きるのは、例えばヒトデマン♀と同じタマゴグループの
♂のポケモンが「ちょうおんぱ」を覚えていて生まれたヒトデマンが「ちょうおんぱ」を覚えているなどのケース。

これで初めてヒトデマンは「ちょうおんぱ」を覚えられる、これ以外の方法では覚えられない。
・・・でもメタモン以外のポケモンと預けてもタマゴは見つからない。

じゃあこのデータ、意味がないんじゃないか?
普通に遊んでいたら絶対に使われないデータじゃないか?

でもまあ、我々にはナチュラルに覚えさせることが可能です。
赤緑青で好きな技を覚えさせる裏技を使って覚えさせればいい。
そしてそのヒトデマンをタイムカプセルで金銀に送ればOK。

さて「タマゴわざ」についてのページによると、
「タマゴわざ」は♂または性別不明が覚えていること
遺伝する条件です。

これにより性別不明が覚えているという条件をクリアできます。

「ちょうおんぱ」と「バリアー」、「オーロラビーム」を覚えた
ヒトデマンとメタモンを預けてみました。

ヒトデマンはメタモンを気にしているようです。
同族には微塵も興味を示さないのに。

2匹の動向を目をドングリのようにして見張っていましたが、
残念ながらタマゴが生まれる瞬間は見られませんでした。

ポケモンの生態が明かされるかと思ったが、残念です。

おじいさんがいつの間にか外に出ており、
メタモンとヒトデマンが持っていたタマゴをくれました。

そしてタマゴから孵化したヒトデマンは、3つのタマゴ技を遺伝していました。

ほ、本当に遺伝した・・・!!
本来は永遠に使われるはずのないデータが仕事した・・・!!

このヒトデマンを親にしてタマゴをメタモンと作っても、
また3つの技をちゃんと遺伝してくれます。

だがヒトデマンのタマゴの親は絶対にこれらの技を覚えられない、覚える機会がないので、
遺伝できる設定は完全に無意味です。無意味です。無意味。

・・・なのに、なぜタマゴ技を設定しているのか?

同じように「せいべつふめい」のポケモン、コイル、ビリリダマ、ポリゴンのタマゴ技を見てみましたが、
それら3種のポケモンにはタマゴ技の設定はありませんでした。

ってか、なんか気になる項目を発見した。
タマゴグループの「せいべつふめい」のページでコイルやビリリダマがそうだと知ったんだが・・・。

ポケモン一覧 (本来のグループ)とある。本来のグループ、とは?
見ればコイルは「こうぶつ」、ヒトデマンは「すいちゅう3」とある。あ、あれ?

さらにそのページの一番下には、内部データとしてはこのグループは存在しない。と、ある。
えっ。ないの・・・?

でもそれならばなんか納得がいく。色々と納得がいく。

性別の表記がないヒトデマンが「メロメロ」を覚えられる。
3つのタマゴ技が設定されている。

さらに内部データ的には「すいちゅう3」という、
配合可能なタマゴグループに属している。

これってつまり元はヒトデマンには性別の表記があったということなんだろう。

ヒトデマンは元は性別の表記があり、「メロメロ」を覚えることにも意味があり、
遺伝で「オーロラビーム」などを覚えられるポケモンだった。

コイル、ビリリダマ、ポリゴンは最初から性別の表記がなかった。だって性別がなさそうだし。
3つとも生き物っぽくない、機械のようなナゾの生命体。
だからこれらのポケモンには性別の表記がなく遺伝するタマゴ技も最初から設定する必要がなかった。

だが、開発者様の中の誰かがこう言った。

「ヒトデって分裂して殖える種もいるし、ヒトデマンも性別の表記は消した方がリアルなんじゃないか」と。

・・・こうして、元は性別の表記があったヒトデマンは晴れて機械っぽいポケモンの仲間入りを果たしてしまった。
ある者は「こうぶつ」、ある者は「すいちゅう3」に属する、性別の表記がないポケモン。

これらを「せいべつふめい」というひとくくりにまとめちゃおうぜ、ということになったのではないか?
そうすれば色々と都合がよかったのではないか?

例えば本来のタマゴグループでポケモンを区分するとなると攻略本を作る会社へ送るデータが困ってしまう。
攻略本でタマゴグループを紹介するときに本来のタマゴグループで掲載してしまった場合、
「こうぶつ」にポリゴンやコイルが、「すいちゅう3」にはヒトデマンが入る。

でも「ポリゴンやコイルは一緒に預けてもタマゴはできないよ!」と書かないといけなくなる。
同種や同じタマゴグループで預けてもタマゴが見つからないのは、性別の表記がないポケモンだけ。

だから、開発者様の中の誰かがこう言った。

「「せいべつぶめい」っていう「タマゴグループ」で一まとめにすれば面倒がないんじゃないか」と。

・・・こうして、性別の表記がないポケモンたちは「せいべつふめい」というグループにまとめられた。
だが元は性別があったヒトデマンには没データとして3つのタマゴ技の設定が残ったままだった。
さらに性別があったという名残として「メロメロ」が覚えられる、ということなのかもしれない。

と、じもとで うたがって みました。
噂石さん、情報どうもありがとうございました!!



◆次の日の追記◆

このページを作った次の日に、こんな見解を頂きました。

ヒトデマンが性別不明になったのは
アニメ(初代)のポケモン図鑑で雌雄同体だと言われていたからだと思われます。

アニメ無印7話にて「雌雄同体、オスもメスも同じなので
誰とでも恋愛関係になれる」とポケモン図鑑が解説しているのです。

金銀の製作中はヒトデマンに性別を設定していたけれども、
途中でアニメで雌雄同体だと言っていたことを思い出して急遽性別不明に変更した、
(アニメの設定に従うならオスメス関係なく繁殖できるべきですが)ということだと思います。


アニメの初期も初期でそんなことを言われてしまっていたとは・・・!
ヒトデマンは♂と♀の違いがなく、どのヒトデマンとでも恋愛関係になれるという設定が・・・!

確かにそれならば性別の表記がないのがゲーム的に自然だということになったのかもしれない・・・。
・・・ってか、アニメ7話の頃には金銀やタマゴの構想はなかったということなのか・・・?

アニメの設定どおりにしたいのならば性別の表記は確かになくすべきだった。
そしてその上で、ヒトデマンだけは同種で預けてもタマゴがみつかるべきだった・・・。

だが、ヒトデマンだけにそんなプログラムが組まれることはなかった。
アニメと同じ設定するのではなく性別表記だけが削除された。

ヒトデマン同士ならば誰とでも恋愛関係になれると、
アニメのポケモン図鑑で公言されているというのに・・・。

我々は、アニメとゲームが切り離された瞬間を見たのかもしれません。

情報どうもありがとうございました!



というわけで、じもとで うたがわれている ために疑いを晴らそうとしたわけですが、
疑いはさらに深まっただけでした。

ガンバレ、ヒトデマン!
いつかアニメの設定がゲームに返り咲くその日まで!!

多分ムリだけど!!








2017年2月26日








◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system