ピカチュウの暴走バグを検証しているときに発見した現象です。

でもその話をする前に、どうせなのでこの話もついでにして一つのページにまとめてしまおう。

こちらの白くて丸い岩。

調べると「かいりきで動かせるかも・・・」という説明が出ます。
金銀と違って「かいりき」発動中でもメッセージは変わりません。

で、この岩を穴に落とせば岩は消滅するわけですが・・・。

岩がいっぱいです。
でもどれを落としても問題ないよな、大きさも形も変わらないし。

というわけで本来どれを落とすのか忘れてしまったので
適当なやつを持ってきて落としてみることにしました。

えーい。

岩は穴の上に残り、無関係の岩が消滅。
物理的に説明ができません。落ちろよ!!

と、いうことが起こるのがこの岩、「ふたごじま」でも同じことができます。

「岩が穴の上にくる」と「この岩が消える」というのだけが決まっており、
「“この岩”が穴の上にくる」という条件は必要ないため壁抜けをして
他の岩を落とすと本来落ちることができる岩の方が消えてしまいます。

岩でトレーナーの視界をさえぎっても岩越しに発見されます。
普通にこちらに向かって歩いてくるしトレーナーは岩と重なってしまいます。

戦闘が終わってフィールド画面に戻ってから
岩と合体しているトレーナーに話しかけると会話可能。

しかし「かいりきで動かせるかも」というメッセージは出ないし、
「かいりき」を発揮していても岩を動かすことはできなくなります。

トレーナーの下にある岩が本来落ちる岩だった場合は他の岩を落としたときにちゃんと消えます。

さて、チャンピオンロードの岩の存在意義はこのギミック。

マップ上に何の説明もなくなぜか通れないマスがあり、
ここを通れるようにしないと先に進めない構造になっています。

ホントにこれはなんなのか。
これに理由があるのならこれこそ調べたときにメッセージがほしいが・・・。

岩をこの謎のスイッチの上に置くと、
謎の通れないマスが普通の通れるマスになります。

このスイッチも調べても説明はないしただひたすら謎です。

だが、岩とスイッチがあれば何となく動かして押したくなるのが人情というもの。
だから普通にプレイしている分には問題ありません。

と思ったらピカチュウがスイッチにオン。
主人公がスイッチに乗った後に移動するとピカチュウが乗ってしまいます。

この、ピカチュウがスイッチに乗った瞬間、妙な処理落ちがあります。
ま、まさか・・・。

なんとスイッチが押されたのと同じことが発生。

ピカチュウが乗っただけでも謎のスイッチは発動し、謎のマスの仕掛けは解除されるのです。
主人公が乗っただけではダメだというのは「主人公が岩より軽いから」という
理由がつけられるが、ピカチュウが乗ってOKだと説明ができなくなります。

主人公の体重は、6キロ未満ということに・・・?!

ということ発見してたいそう驚いたのでした。

もはや今は岩をスイッチに置くという作業はしないはずなのに
ピカチュウの暴走を検証をしているときに仕掛けが解除されているのに気づきました。

まさかピカチュウが乗ったからだったとは・・・。

じゃあ主人公以外のキャラが乗れば同じことが起こったりして!
と、思ってトレーナーを誘導してスイッチに乗せてみました。

そういうことじゃありませんでした。仕掛けは無反応でした。

もしかしたらアイテムボールをスイッチの上に乗せることができれば
解除されるのかもしれません。

ピカチュウは人物というよりどっちかというと物扱いということがよく分かりました。

ピカ版でチャンピオンロードを攻略するときに壁抜けアイテムがない場合は、
ピカチュウをスイッチにオンして仕掛けを解いていきましょう。

・・・しかし、なぜこんなことが起こるのか?
主人公が乗っても反応しないスイッチにピカチュウが乗ると仕掛けが動くというのはなぜなのか。

答えは簡単ですね。
そう、ピカチュウは実は岩と同じぐらいの重さだからなのです・・・。








2017年3月3日








◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system