◆◇ミュウの出生の話・解決編◇◆






任天堂の公式HPの社長が訊く『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』というインタビューページで、
初代のミュウの話題が出ていました。

それによると確かに「ミュウは最後の最後で入れたんです。そもそもカートリッジの中はパンパンで
何も入らないような状態だったんですけど、製品版には入らないデバッグのためのプログラムを抜いたので、
そこに300バイトのわずかな隙間ができた」、そこにミュウを入れたという文章が。

ほ、本当にミュウは後から入れたんだ。そうだったのか。
ミュウツーを生んだのがミュウだというポケモン屋敷の日記とかはそのままで、
名前だけしか出てきていなかったけどやっぱりポケモンとしてデータとして入れたということか?

それとも最後の最後でポケモン屋敷の日記やハナダの洞窟のミュウツーを・・・って、
そんなのが300バイトでできるか!!

ミュウの「ポケモンとしてのデータ」を入れたのが最後ということで、
ゲーム内でミュウの「存在」自体は元からあったのだと思います。じゃないとおかしいよな。

「ただ、ミュウを入れても・・・」「本当は出ないはずだったんですよね。」
という会話が続いています。確かにミュウはポケモンとしてはどこにも出現しない。
つまりは「没データ」のような存在のはずだし、ある意味今も正規の出す方法はないから没データです。

「こっちで仕組みを用意しない限りはミュウは出てこないはずだったんです。
で、何かのタイミングでうまく使えばいいし、使いたいという声がなくても
そのままにしておけばいいと思っていたんです。」という森本さんの発言。

来ました。これです。この発言が聞きたかった。

なるほど!やっと納得が行きました!
ぼくはどうにも昔から、ミュウはあまりにもしっかりできていて、
「お遊びで入れたデータ」と言うのはおかしいと思い続けていました。

調べれば調べるほど、ミュウはグラフィックも鳴き声も覚える技もしっかりしているし、
ポケモン図鑑は150で完成でオーキド博士は喜ぶけど、
普通なら絶対にならないはずのミュウを入れた151でも博士は150の時と同じことを言う。
それなのに、152以上になるとフリーズする。これも、出す予定だったからこそじゃないのかと。

つまりは、ミュウは「出しても出なくてもどっちでもいい」ものだった。
公式側で出せば問題ないし、出ないとしても問題がない。そういうものだった。

要するに、ある意味「出す予定だった」ものであるとも言えるので、
ミュウに関する挙動がカンペキだったワケです。なるほどね!!

というわけで、これで本当に納得が行きました。
ミュウは本当にお遊びで最後に入れられたデータで、普通は出せないので没データのようなもの。
だが、公式側で出すことになればそれはそれでよかったので、出しても問題がないように作られていた。

そういうことのようです。
出すことにならなければ、ミュウは真の意味で幻のポケモンになるところでした。
バグ技のおかげでミュウが出てきて、プレゼントが行われるようになってよかったね!!

でも、ポケモンがあまりにも人気が出ていたからバグ技がなくてもミュウの配布はあっただろうか?
だがミュウの存在の露呈がポケモンの人気を加速させたのだから、うお、分からん。どっちが先だ。

ミュウの出生に関する疑問は、これにて本当に閉幕です。よかったよかった!








2014年4月2日








◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system