このページは2013年に書かれ、2017年4月に書き直されました。
金銀編の「へんしん」のバグの検証をしたときにウソッキーと戦いました。
そのときに、ふと思ったこと。

その前にこんなスナップショットを撮っていました。

文明の利器で壁もお構いなしに突き進んでいました。
するとルイージに遭遇。

だが主人公は「おかしな木だ!」と判断しています。
そうは見えない。

でも水をかけたら襲ってきます。お、恐ろしい・・・。

後ろを見てみたらさらにもう一人発見。

己の心の闇が作り出した影でしょうか。戦って勝てるでしょうか。
ポケモンは確かそんなゲームではありませんでした。

マップは正しく切り替えてキャラの表示は正常にしましょう。

そろそろ本題へ。

ウソッキーは「ゼニガメじょうろ」がないときに調べると
ウニョウニョ動くだけで戦闘にはなりません。

「ゼニガメじょうろ」を持った状態で調べて水をかけると
ウソッキーと戦うことができます。

ウソッキーを捕まえるとポケモン図鑑に登録されます。

そして名前をつけたら手持ちに入ります。
手持ちがいっぱいだったらパソコンに転送されます。

戦闘が終了するとフィールド画面に戻ります。

ウソッキーは捕まえてモンスターボールに入っているので
フィールド上のウソッキーのグラフィックは消えています。

何のエフェクトもなく消滅しますが、ボールに入れたので消えて当然です。

今度は一度リセットして別のパターン。
水をかけたら木に襲われるとか怖すぎる!しっぽをまいて逃げよう!!

ということで、「にげる」を選択。
名誉ある撤退です。

するとウソッキーが森の木々を連続ジャンプで飛び越え逃亡。

主人公にはとても越えられない木を軽々とジャンプで越えていきます。
今後「とびはねる」を覚えても誰も驚かないでしょう。

というわけでこちらが「にげる」を選択したはずですが、
その場合はウソッキーから逃げ出してくれるので道が通れるようになります。

さて最後のパターンです。
ウソッキーを捕まえようとギリギリまでHPを減らすはずが倒してしまいました。

痛恨のミス・・・!
ここでしか手に入らないポケモンなのに、やってしまいました。

すると何の演出もなくウソッキーは消滅。
き、消えた・・・?

先ほどの「捕まえたパターン」と絵的には全く同じですが、
ウソッキーはモンスターボールに入っていないので消える理由がない。

捕まえた場合のウソッキーの行方は、モンスターボールの中。
フィールドからは消滅。

こちらから逃げた場合のウソッキーの行方は、ボールには入っていない。
フィールドでは逃亡する演出。

ウソッキーが倒した場合のウソッキーの行方は、「たおれた!」となるので足元に倒れている。
さらにフィールドからは消滅。

・・・ウソッキーが飛び跳ねて逃げていく演出が用意されているのならば逃げた場合もそれを入れるべきでは?
倒してしまったら跳んで逃げていく元気すらなくなったのか?死んだのか!?

あほか いきてるじゃん!

と、なっていればいいんだが・・・。消えるだけだなんて心配になるよ・・・。

初代におけるウソッキーのような存在であるカビゴンさんは、
捕まえたり逃げたりした場合は演出なくフィールドから消滅します。

そして倒した場合は大きなあくびをして山奥へ去っていった!という
ナレーションが入ります。

倒したけどカビゴンは元気にどこかへ行ったのでフィールドから消えたようです。

・・・というわけで、ウソッキーは倒すと死んで消滅するので捕まえて大事にしましょう。
カビゴンは倒しても元気にお山に帰っていくので大丈夫です。

カビゴンの住処の山ってどこだ・・・?








2015年12月13日








◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system