◆◇年代モノの古きよきバグ技◇◆


元々一つずつのページだったのですが、もはや基本中の基本技ということで、
普通に遊んでいた頃にやっていたバグ技をここに文字だけで説明することにしました。

全ていわゆる「セレクトバグ」なので、ピカチュウバージョンでは実行不可能です。
赤緑の初期版では戦闘前の「道具の○番目でセレクト」は戦闘中でも可能。



◆ポケモンのレベルを100にする裏技◆
かつて「レベル100方法」と呼んでいた、ポケモンのレベルを一気に上げる裏技。
進化もできますが一回の戦闘後に一回しか進化しないので、
キャタピーをレベル100にしたらその戦闘でレベル100のトランセルが爆誕します。

早く図鑑を埋めるために進化させたいとか、弱いポケモンを育てるために
とりあえず強いポケモンを入手したいときに実行しましょう。

1.レベル100にしたいポケモンを一番上にして、道具の7番目でセレクトを1回、Bを2回押す
2.野生のポケモンと戦い、一番下の技でセレクトを押す
3.バトルで経験値が入るとレベル100になる

技でセレクトを押すと技が変わったりレベルが変わったり技が消えたり、
100まで上がらず98になったりと例外とか色々ありますが、基本はこれだけです。

手順3でバトルから逃げて、育て屋さんに預ければレベルアップで覚える技も覚えさせられますが、
好きな技を覚えさせる裏技を使うか、そもそも主力ポケモンに使うのにオススメしないので
ひでんマシンとかで戦える技を覚えさせて使うのがよろしい使用方法です。



◆なみのりピカチュウの作り方◆ 旧説明ページはこちら
ピカチュウと「ひでんマシン03(なみのり)」を用意しましょう。
そして、シオンタウンの「せいめいはんだんし」か、ポケモン交換を希望している人の前でレポートを書きます。

1.道具の13番目でセレクトを1回、Bを2回押して話しかける
2.ピカチュウを選ぶと入れ替えた音がしてバグるがBを押してキャンセルする
3.手順1と手順2を4回繰り返すと、名前はそのままでピカチュウが巻貝アイコンになる
4.ピカチュウがシェルダーになっているので、なみのりを覚えさせる
5.手順1と手順2を2回繰り返すと、シェルダーがピカチュウに戻る


ピカチュウをシェルダーに変身させ、その間に「なみのり」を覚えさせ、
またピカチュウに戻すという裏技です。ピカチュウに限らず、でんきタイプのポケモンなら誰でもできます。

また、他のタイプのポケモンはそれぞれ別のポケモンに変身させられるので
変身中に技を覚えさせて戻すことがどんなポケモンでも可能です。



◆ポケモンに技を移動する裏技◆ 旧説明ページはこちら
例えば、プリンの「うたう」をポッポの「すなかけ」の位置に移動する、というようなことができます。
技を渡すポケモン、技をもらうポケモン、バグらせ要員の逃がしていいポケモン の3匹を用意しましょう。

技を渡すポケモンを1番目、技をもらうポケモンを6番目に置きます。バグらせ要員は2〜5番目のどこでもOK。
そして、あげる技がある場所も、技をもらうための場所(いらない技の場所)も技の1番目にしておきます。

1.道具の16番目でセレクトを1回、Bを2回押してからバトルに入る
2.「バグらせ要員」のポケモンでAを押すとバグる。そしてポケモンを倒さずに逃げる
3.あげるポケモン、もらうポケモンの位置、つまりポケモンの1番目と6番目を入れ替える
4.手順0と手順2をもう一度やると、技が移動している


バグらせ要員は姿が変わっているだけのことが多いです。育て屋さんに預けて引き取れば元に戻ります。
技をあげたポケモンは1番目の技がバグっていることがあるので、その場合は逃がしましょう。



◆好きな技を覚えさせる裏技◆ 旧説明ページはこちら
便利な裏技です。少し手順が面倒ですが、強いポケモンを作るにはうってうけ。頑張りましょう。
最大HPが166〜185だと実行できないことがあるので、なるべくその数字は避けましょう。

1.覚えさせたい技の番号を技のコード表(10進数版)から確認する
2.技を覚えさせるポケモンの経験値を256で割った「あまり」が
  覚えさせたい技の番号になるよう調節する
3.道具の9番目でセレクトを1回、Bを2回押してからポケモンバトルに入る
4.いらない技でセレクトを押し、ポケモンバトルを終了させてフィールド画面に戻る


こうすると、経験値を256で割った「あまり」の数値の技を覚えられます。
通常のポケモンが覚える技以外の未使用領域の技を覚えることもできるので有効活用するか、
計算間違いによりバグった技を覚えないように注意しましょう。

この裏技ならば「ひでんわざ」も忘れさせることができます。
また、前述の「なみのりピカチュウ」も簡単に手に入れられます。



2011年2月16日








◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system