◆◇ワープ時の主人公のグラフィックと挙動◇◆





10年以上温めてもはや腐っているネタ。
寿司なら捨てるべきですが、思い出したらとりあえずページにすることにしました。

ピカ版で試しましたが、赤青緑全てで同じことを確認しました。

まず、適度な場所を選びます。どこでもいいですが・・・。
主人公の上のマスが白っぽいといい感じです。

ここで「テレポート」を使います。
ダンジョン内で「あなをほる」や「あなぬけのヒモ」を使っても同じです。

ちなみに補足。初代における「最後に休んだポケモンセンター」というのは、
本当に「休んだ」場所で、ポケモンを預けて回復させたポケモンセンターという意味。

つまり扉に入っただけでは「休んだ」ことになりません。
金銀からは「最後に立ち寄った」になっていて、扉に入っただけでもそのポケセンに飛べます。

「そらをとぶ」だと鳥になってパタタタと飛んで行きますが、
テレポートやあなをほるだと、その場で3回転してから上に飛び上がります。

←は、回転中。
画像だと分かりにくいですが、ピカ版だと背後のピカチュウが消えます。

そして3回転後、飛び上がったときに。

主人公が「アイウエ」(反転)に変身します。

素早く吹っ飛んでいくのでよく見えないんですが、確かに「アイウエ」になっています。
なんでこんなことになったのかはよく分かりません。
このときのグラフィックをどうしたかったんだろう・・・??

そして、ポケモンセンターの前に着地。
着地する時は「アイウエ」になりません。

という、非常にどうでもいいミスでしたとさ。

・・・と終わろうと思ったんですが、あなをほるの話題が出たのでこれも紹介。
1ページにするにはしょうもなさすぎる内容だったので放置していました。

よく考えたら全部のページがそんな感じでした。

最初にこの現象を発見したのはヤマブキジムでした。
そしてここはヤマブキジムと同じ設備である「ワープパネル」がある、
シルフカンパニーです。

ワープパネルに乗ると、そのまま回転もなく吹っ飛びます。

このときは「アイウエ」になったりはしないようです。
しないのが普通です。

で、ワープパネルからワープパネルに移動してきます。
ワープ直後はワープパネルの上に乗ることができます。

シルフカンパニーはダンジョン扱いなので、
建物ですが「あなをほる」などで脱出ができます。

というわけで「あなぬけのヒモ」で脱出します。

いつものように、3回転くるくるくるとしてから、
上に吹っ飛んでポケモンセンターに戻るはずですが・・・。

なぜか回転せずにいきなり吹っ飛びます。

ただ残念なのは画像だとなんのことかサッパリ分からないということです。

画像だとただアイウエに変身しただけに見えますが、
いつもの「3回転」⇒「上に吹っ飛ぶ」⇒「画面切り替わり」⇒「ポケセン前着地」
という動作のうち「3回転」だけがすっ飛ばされてしまうのです。

画像だと分からないため放ってた現象ですが、今回を機に紹介してみました。
ワープパネル上は回転をしなくてもワープができるという、なんかよく分からん効果があるようです。

・・・ですが、この「アイウエ」になる現象は「ポケモンスタジアム」のGBビルでプレイした時は
起こらないようです(ポケモンスタジアム金銀でのみ確認)。

・・・なんでだ?訂正されたということなのか・・・。



◆2016年4月追記◆

どうやらテレポートや「あなぬけのヒモ」を使うと反転した「アイウエ」になってしまう現象は、
ゲームボーイで遊んだときに起こるようです。

ゲームボーイポケットでも起こりました。でもゲームボーイアドバンスなどのカラーで遊んだときは起こりません。
ポケモンスタジアムのGBビルで遊ぶときもカラーになるので、ゲームボーイカラー的な扱いだからなのかもしれません。

白黒で遊んだときにのみ起こる現象。なぜ。ミスなのか。なんなのか。
2012年4月5日








◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system