◆◇バグ現象の展示室◇◆





バグらせて遊んでいたときに起こった現象をご紹介。壁抜けなどをしないと確認できないこととかもやっています。





子供「珍しいポケモンだ〜、人間みたいだなあ」





こんなにあってどうする。


激しいバグに見舞われたときに起きた現象。
四天王と戦わずにエレメの部屋に来て、
彼に話しかけるとすでに勝っていることになっていました。

さらに、部屋に入ったときにすでにオーキド博士はここにいた。

ずっとそこでスタンバっていたんですか。
「かけつけてきた」とか言っていたのに・・・。


ポケモンずかんをなくした時に、パソコンを開いてみた。

項目が足りない。

マサキのパソコンって、名前が判明しているのに、
オーキドのパソコンがないのはおかしい。

あああポケモン図鑑どこに落としたんだろう・・・。


バグらせて遊んでいる時に起きた現象。
カセキ渡していないのに、勝手にカセキを復活させていました。

しかも復活したのはラッタのカセキ。
そ、そんなバカなっ?!
そうか、そんなに大昔からラッタはいたのか・・・!

◆後日追記⇒この現象がカセキすり替えの裏技になりました。


育て屋さーん、ポケモンを引き取りに来ましたー。
うわあ、ものすごく強くなってるー。

みらケミのアネ゛デパミ゛はこの現象が起こっています。

引き取るなら9999円必要です。
金を工面するのも一苦労である・・・。


サファリの外の動物園に壁抜けをして、ポケモンに話しかける。
すると、なんだか驚かれている。
もしくはこっちが驚いているのか?

ラッキーとかカセキから復活したポケモンにも同じ反応をされます。
通信交換中にもう片方のトレーナーに話しかけた時と同じ。

何かしらセリフを設定しておかないといけなかったのか?




「ポケモンを えらんで ください」

・・・いないけどね!


バグらせて遊んでいたら人々が変わってしまいました。

ここはクチバシティ、なぜか登場のぼうそうぞく。
しかも、なんだかお茶目な人だ・・・。



「ようこそサント・アンヌごうへ!」

は、はい、どうも・・・。
でも、あなたではなかったような・・・?



「ワンリキーは うなりながら じめんを ならしている!」

・・・そうは見えないんだが・・・。





あんたもポケモンじゃないか。





人が見世物になっている!!





キミもポケモンだろうが!





何の談義をしている!!





マジか!!




ここはシオンタウンの姓名判断師の家。

エレメ、そこで何をしている。


「どうぐ」という「どうぐ」を使ってみた。

使い時があるのじゃ!
・・・って、まああるけどさ・・・いつだよ・・・。





そうは・・・見えないのだが・・・。


ハナダシティの下の草むらです。
ここで道具でセレクト押してバグらせていたら。

ポケモンがリアルに出現。

こ、怖っ!
しかもトコトコ歩いてきます。




バッジおじさんの説明でセレクトを押しまくっていました。
「やめる」を選んだら中にフラッシュが記録されていた。

・・・そうか、やめるにはそんな効果が・・・。


けつばんがちゃんと図鑑に載りました
ナンバーは000、「???ポケモン」という分類。

さらに、たかさとおもさまで設定されています。
説明は「コメント さくせいちゅう」とのこと。

コピペ用の雛形項目だと思われます。



ここからは2012年の追記分。
イベントフラグを元に戻すなんてことできないかな、とあれこれアイテムを入れ替えている時に起こった現象。

お姉さん「ようこそ!ポケモンセンターへ」
ケミカ「あ、はい・・・・・・あれ?なんか違和感が・・・?」
お姉さん「ポケモンを回復させますか?」
ケミカ「えっ・・・じゃあ、はい、お願いします」
お姉さん「それでは預からせていただきます!」


ポン ポン ポン ポン ポン  ピンピンピコパン♪

ケミカ「(ちょっと、ず、ずれてる・・・・・・!!)」
お姉さん「おまちどおさまでした!ポケモンはみんな元気になりましたよ!」
ケミカ「・・・・・・は、はい」
お姉さん「またのお越しをお待ちしております!」
ケミカ「(・・・ちゃんと機械に乗ってなかったけど、回復してるのかな・・・)」

ケミカ「あの、ちゃんとHPとPP回復してる?」
ホウソ「ん?ちゃんと全回復してるぞ・・・ってことは、回復に機械はいらないということか・・・?」
ケミカ「そうみたいだね・・・もっとずれててもちゃんと回復してくれるし・・・」
ホウソ「同じ機械が右にもあるけど、あれは何のためにあるんだろうな」
ケミカ「・・・なんだろ?コロシアムで戦う前に回復するわけじゃないし・・・」
ホウソ「トレードセンターも回復しないで入れるし・・・」
ケミカ「そういえばこの回復する時にポケモンの数が7匹以上でもちゃんと置いて回復してくれるんだよね」
ホウソ「・・・そりゃ機械に乗り切らんな・・・機械いらないわけだ・・・」


ここはニビシティの博物館。

ケミカ「スペースシャトルコロンビア号に乗ってみました」
ホウソ「展示品に乗るな!降りろ!!」



壁抜けでポケモンセンター内部を散策。

ケミカ「・・・あれ・・・?よ、ようこそ、ポケモンセンターへ・・・?」
ホウソ「なにやってんだよ!!」

右にスペースがあるので、方向転換ができれば脱出可能です。

アイテムの効果を調べている時に起こりました。これは事故です。

ケミカ「い・・・いらっしゃいませ・・・?」
ホウソ「だから何をしている!!」

四方を囲まれているので脱出不可能です。
よい子は真似してはいけません。レポート書いたらいけません。
2006年10月22日








◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system