◆貧乏人でもサファリがしたい◆
ピカチュウバージョンのサファリゾーンのお話。



サファリゾーンは、通信ケーブルなし、ポケモンスタジアムなしで、バグ技ナシで、スタンドアロンプレイをする場合は絶対に入らなければいけない施設です。

ここに入らないと「かいりき」と「なみのり」の秘伝マシンをもらえないので、ストーリーが進まなくなってしまいます。

しかしここに入るためには、先立つものが必要。

そう、サファリゾーンにはたくさんの人が従業員として働いており、きっと日夜ポケモンたちの快適な住処のメンテナンスやサファリボールの仕入れ、外の動物園の管理など、それはそれは人件費がかかっていることでしょう。

だから、サファリゲームが1回500円というのも納得と言えます。むしろ、それだけでサファリボールを30個もくれるのだから破格です。

説明書によるとサファリボールの性能はスーパーボールと同じ。

スーパーボールは1個600円なので、サファリゲームは1万8千円以上でもおかしくないのです。

まあボールが余っていたら回収されてしまうわけですが、それでも投げきるお客さんの方が多いことでしょう。

どうして投げきった瞬間にアナウンスされるのかは謎ですが、きっと発信機やらセンサーやらが入場者に取り付けられているに違いありません。となるとますます1プレイ500円というのはサービス過剰価格です。

さてそろそろ本題に入りましょう。脱線しすぎです。

まあつまり500円払うのは全く問題のない行為ですが、このゲームではお金を使い切ってしまうことが可能です。

しかも、お金を手に入れられるイベントというのはストーリー中盤では有限。これにより、サファリに入れないほど散財すると詰むという事態に陥ります。

しかし、詰み防止や誤字の訂正、システムのミスの修正に定評のあるピカチュウバージョンではどうなっているのか、こんな情報を頂きました。

ピカ版のサファリは500円持ってなくても入れるみたいです

それどころか、1円も持ってなくてもしつこく入ろうとするとなんと入園させてくれます(ボールの数は500円払って入園した時より少なくなりますが…)既にご存知でしたらすみません、ですが私はつい最近知ってかなりビックリしたので…


情報どうもありがとうございます。ふわっとしか知らなかったので、ここでいっそちゃんと検証をしてみることにしました。

というわけで5円だけ持ってサファリゾーンに突入です。

あッ おかねが たりない! ・・・・・・しょうがないなあ あるだけでいいよ

・・・と言われて、なんと500円を持っていなかったのにサファリゾーンに入れてくれました。

しかし「あるだけでいい」ということで5円はしっかりと回収されました。ビジネスの世界は厳しい。

でも ボールは へらしとくからね


と言われたのでメニュー画面を見てみると、ボールを1個渡してくれていました。1個600円相当のボールが5円で1回投げられてしまうとはなんともお得です。

もちろんこの1個を投げてしまうとその瞬間に投げたことを感知されてサファリゲームは終わりを迎えます。

では次は一文無しだったときの場合。

おかねが ないひとは ダメです!

・・・と言われていまい、1歩下に歩かされて中に入れてもらえません。

それでももう1度中に入ろうとすると、

おかねが ないひとは ダメって いってるだろ!

・・・と、一応お客さんだけどタメ口で怒られます。それでもまだあきらめずに交渉を続けると。

だめなものは ダメだって・・・・・・ まったく しつこいな・・・ こんかいだけだからね

・・・と、なんかしつこいとか言われつつもなんと中に入れてくれました。

しかも「今回だけ」と言われつつもまた一文無しで来てもまた入れてくれます。これは、なんとも完璧な詰み防止!対策がバッチリです。

しかも、ボール1個つき。600円相当のボールが、無料でついてくるのです!

ボール0個=サファリゲーム終了なので、お兄さんもボールを渡さざるを得なかったのでしょう。

ところで少し気になった。「ボールは減らしとく」と言われたということは、お金に応じて数が減らされるということ?

だとしたら、何円でいくらになるのかが気になってしまうところです。というわけでエクセルに表にして計算してみました。

表にしたけどなんのことはなかったので表にしなくてもよかったです。

まあしかし作ってしまったので一応のっけてしまいます。

「17円で2個」というのは、「17円以上持っていたら2個」という意味です。その次が「34円で3個」になっていますが、それにより「17円以上34円未満で3個」という意味となります。

で、まあ、よく見たら単に17円ずつ増えているだけです。つまり、「サファリボール1個は17円」という計算のようです。

・・・が、29個から30個になるところだけちょっと違って、476円以上499円以下のときは29個になり、500円以上で30個になります。

というわけで、ピカチュウバージョンでは詰み防止のために0円でも園内に入れるし、所持金が500円未満でも1個17円でサファリボールを売ってくれるという変更がなされているというお話でした。



そして、ここでなんかオチの話をしようかと思ったけど3回書いて全部没になったのであえてオチはナシで終幕。

ゲームの攻略ページに、オチをつけようとせんでよろしい。

2018年9月15日
◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system