2014年12月20日

「ポケモンレンジャー」というゲームを買ってきてずっと放置していたので遊んでみました。
ソフトだけだったのでストーリーは不明。
前の人のデータが残っていたので、少し見てみました。

恐らくクリア済みのデータ。町みたいなところにいました。
そして大量のポケモンに囲まれていました。
主人公はタッチペンで操作して移動するようです。ゼルダの伝説夢幻の砂時計みたいです。

少し上に行くとニョロゾがいました。近づくとエンカウントしたらしい。画面が切り替わった。
だがどのボタンを押しても何も起こらない。ニョロゾが中心にいるけど何も分からない。
全然分からない。こんなに分からないとは思わなかった。逃げる方法もわからん。

というわけで、大人しく電源を切りました。
そして「さいしょからはじめる」を選択。

するとオープニングが始まりました。
ポケモンレンジャーのエラい人の「ハヤテ」という人からの手紙の内容が流れていく。

どうやら主人公は今まで「ポケモンレンジャーになりたいんですお願いしますお願いします」
というような内容の手紙を7通も送っていたらしい。
ついに7通目の手紙でポケモンレンジャーの制服が送られてきてレンジャーになりに行けるようになったらしい。

主人公、なかなか粘りました。
7通ってなかなかです。

船に揺られて着いた場所は「フォルシティ」という場所。
フォルセティじゃないです。言うと思った。

港でマイナンを発見したりヘルガーをなだめたりハヤトさんと会ったりと色々チュートリアルがありました。
どうやらこの世界には「モンスターボール」というブツがないらしい。
代わりに「キャプチャ」ということを行ってポケモンを・・・仲間にするらしい。

民家に入って話を聞いてみたところ「この世界にはトレーナーはいない」とのこと。
「遠いカントーやホウエンという地方にはトレーナーがいる」というような発言もありました。

この地方にはポケモントレーナーがいないのか!
「ポケモンレンジャー」が何をやる人なのか説明書がないのでまだ分かっていませんが、
モンスターボールでポケモンを捕まえてそれを戦わせて鍛える人ではないらしい。

・・・・・・あり?
ブラックホワイトで「ポケモンレンジャー」というトレーナーがいたような気がするのだが・・・。
まさか・・・無免許のポケモンレンジャー・・・!?

ポケモンに近づいたらポケモンがウロウロする画面に切り替わり、
一定数ポケモンを丸で囲んだらGETできる、みたいな感じでした。

ただし途中で線にポケモンが当たってしまったらやり直し。
線をポケモンに攻撃されたらダメージを受ける。というルールもあります。
そう、分かりやすく言えば「カコマナイト(SFC)」みたいな感じですね。分かりやすくないですね。

(カコマナイトは長方形の画面を四角で囲んでいって決められた面積を囲めばステージクリア。
囲んでいる途中の線に敵が移動してきたり、敵の攻撃が当たるとダメージを受ける)

マイナンをキャプチャしてパートナーとなりました。おお、可愛いポケモンでよかった。
ルビサファのライバルのように、選ばなかった方の性別の子が先輩として登場しているようで、
女の子の主人公の姿をした子はプラスルを持っていました。

パートナーはどこへでも連れて行けるけど、自然と生態系を崩さないために
キャプチャして仲間になったポケモンは別のエリアには連れて行けないらしい。
どうやら困った人を助けたり自然を守ったりするのがレンジャーの仕事らしい・・・。

レンジャーの隊員としてミッションを与えられてそれをこなすのもお仕事で、
どこかの偉い教授の護衛となって町まで送り届けるというミッションを終えたところです。

しかし途中で教授と離れ離れになってしまったときに
悪役っぽい二人組がやってきて教授が作ったばかりの最新メカを奪われてしまいました。
でも教授にお怪我はなく、無事に町に送り届けたのでミッションは完了ということのようです。

いいのだろうか・・・?
教授がご自分で いい、と仰ってくれたのでいいんだろう・・・。

操作性はいい感じと言えばいい感じです。
特に、キャプチャの画面のぐるぐる丸を書くときは処理落ちも全くなくスムーズ。
ただ、主人公が大またで歩いている(角度によっては走っている)のにちょっと歩くのが遅いだろうか・・・?

いや、ポケモンに慣れすぎただけだろうか・・・?
ポケモンは普段歩いていて走ると移動スピードが上がるんだけど、
どうやらこのゲームにはダッシュがないらしい。

そのうちランニングシューズをもらえるのか・・・?
でももう全速力っぽいしな・・・。

とりあえずこの調子で一流のポケモンレンジャーを目指そうと思います。
続編も買ってきたけど放置してるし、早くプレイしよう。



2014年12月21日

そういや昨日遊んでいた「ポケモンレンジャー」はどうなったんですか?
フォルシティのレンジャーたちが悪役の調査に乗り出してしまったので、
町の平和を任されることになりました。

おばさんのエネコが6匹も行方不明になったというので必死に探し回りました。
途中でニャースに殺されかけました。

灯台の地下にヒトデマンがいるというのでそいつを捕まえてきて、
ヒトデマンの力を借りて研究所の地下室を明るく照らしてあげました。

などなど、町の人たちの手助けをしていました。

町の時計台の方から大きな音がしたので行ってみました。
なんと、ゴーリキーが暴れていました。
大変です。このままでは時計台が壊されてしまいます。

ゴーリキーをキャプチャすることになりました。
えーと、とりあえずぐるぐると囲むか・・・。

死にました。
おおう!?ゴーリキーつええ!!

あえなくゲームオーバーになってしまいました。
あらら、どこまで戻されちゃうんだろう?
まあ子供向けゲームだし、このイベントが始まる前の時点からリトライ・・・。

なんとセーブ地点に戻されました。
おおおおう!?

でもこなしたイベントは大丈夫だよな・・・!?
そう思ったら、エネコ探しからやり直しでした。

ま、マジで!?イベントをまたやらなイカンの!?
そんなにシビアだとは・・・。
死んだらその場で電源を切ったのと同じだとは・・・。

そして、屋上の上にいるエネコを見届けてから電源を切ったのでした。
・・・ガッツだポケモンレンジャーよ!一流になれるその日まで・・・!!

ってかセーブしとけばよかった・・・!!



2015年1月5日

従兄弟が帰宅した後はクリアしようと思って持ってきたゲームで遊んでいました。
それが「ポケモンレンジャー」。まだ一日しかプレイしていないゲームです。

1月1日の夜はそれで一人で遊んでいました。
そしてなんか急にクリアしました。

うおお!?
み、短くね?!

エンディング後は別の場所に連れて行けなかったポケモンをどこにでも連れて行けるようになったらしい。
なんだ、エンディング後の方が長い系のゲームか・・・。

というわけでまた電源を入れなおしてやってみたら「スペシャルミッション」なる追加イベントが始まりました。
海でカイオーガ、火山でグラードン、メインシナリオのラストダンジョンと同じ場所でレックウザが出現。
それぞれ3つのスペシャルミッションをなんか急にクリアしました。

うおおお?!もう終わりか!?
タイトル画面にまた戻り、プレイ時間を見てみたら8時間50分。
これで、全クリでした。ストーリーはコレで終了です。

従来のポケモンの「ポケモン図鑑」のように「ブラウザ」というものにキャプチャしたポケモンは
登録されていきそれをコンプする・・・みたいなことはできるみたいですが、
それはストーリーとは全く関係ありません。

この世界の全てのポケモンをキャプチャして完璧なブラウザを作ること!それがワシの夢じゃった!
しかしワシももうジジイ!そこまでムリはできん!
そこでお前たちにワシの代わりに夢を果たしてほしいのじゃ!

などと言ってくれる人はどこにもいません。

さらに、全種類のポケモン(ルビサファ世代まで)が出るわけではない・・・。
一応コンプリートしたらポケモン図鑑コンプの認定証みたいなのがもらえるらしいが、
やりこみ要素と問われるとそうでもないような・・・。

ポケモンにはレベルがあって強くして育てて姿が変わってしまう!
みたいな楽しみがあるんだが、ポケモンレンジャーにはそれがないです。

ポケモンの育成、ポケモンにどの技を覚えさせるかという楽しみ、
ポケモンに名前をつけて愛着が湧く、ポケモン同士を戦わせる。
これらのポケモン的要素が全部ない。うおお。なんてことだ。

ところで一番最後にキャプチャできるポケモンはカビゴンらしい。うおお。なんだそれは。
カビゴン以外のポケモンをキャプチャした後、カビゴンが目を覚ますのでそれをキャプチャして終了。
・・・なんでカビゴンを選んだのだろうか?

ホウオウやルギアじゃダメだったのか・・・?ミュウでいいじゃん・・・。

・・・と思ったら、どうやらこのゲームは色々とタイヘンなモノだったっぽい。
というのも、ぼくはゲームは発売後リアルタイムでやらないのでよく知らなかったんだが、
期間限定配信ミッションを映画の前売り券と一緒にもらえたらしい。

その後、限定で・・・なんというか、ポケモンを配信というか後から売っていたらしい。
GETできたのはミュウやセレビィ、マナフィなどの伝説のポケモン。

このゲームが発売されたのはダイパより少し前。
その伝説のポケモンたちをダイパに送れるというのがこのソフトのウリの一つだったようだ・・・。

つまり、ダイヤモンドパールより先に発売しないといけない。
マナフィの映画よりも先に発売しないといけない。連動させる調整が大変だ。

などなど、そういったゲームのストーリー以外のところがとても忙しかったため、
かなりのペラペラな中身のゲームになってしまった・・・と勝手に思っています。

だけどゲームの内容がペラペラだというのは確かだと思うぞ!
クリア後のストーリーを含めて9時間かからないだと!!
ハートゴールドなんてプレイ時間が400時間以上になっているのに・・・(寝落ちした時間を含む)。

初プレイでそんだけの時間でクリアできるというのは、やっぱり中身があんまないと思います。
町が4つしかないんだぜ・・・。

広さ的に、ヤマブキシティとその周辺の4つの町しかないって感じだろうか・・・。
それも、各地のジムリーダーに挑戦するという要素はなくてロケット団壊滅させたら終わり。
ポケモンにレベルはなく進化もしない。ポケモンと名のつくちょっとペラいソフトです。

ぼくはゲームにおいて一番ストーリーを重視するんだけど、それがペラいのはツラい・・・。
ただしグラフィックは綺麗です。音楽もいい曲はあります。

ポケモンを何度も囲むのは楽しいし、ポケアシストがないと難しいキャプチャもたくさんあるので
ポケモンと協力して進むってのは今までになかった感じ。
・・・だが、このソフトを今から遊ぼうかなと悩んでいる人にはオススメは・・・どうだろう・・・。

たまには真面目にレビューをすると、グラフィックやポケモンの動き、斬新なシステムは○。
音楽はリビングでみんながいる状況で遊んでいたのでたまに聴いていないのがあった・・・が、
深刻なシーンや神秘的なシーンの曲は好きなのがありました。

操作性は、キャプチャするシーンでは遅延などはなく操作も分かりやすい。
ボス戦で逃げられないけどアシストしてくれるポケモンがマイナン以外いない状況で
ゲージをためづらいときはほぼ詰みになる。セーブはこまめにしないと大変です。

主人公は走らないので移動が遅い。画面内のオブジェクトをタッチするだけで会話、調べるという
行動ができるのは嬉しい。普通は隣接しないといけないRPGにおいてこれはいい感じです。
むしろ他のRPG全部そうしてほしい。

シンボルエンカウントなので分かりやすく、逃げるのも簡単。
RPGにおけるエンカウントが苦手なぼくにとってこれもありがたい。

隣のマップに移動する時が操作しづらい。
画面の一番端までタッチペンを持っていってもマップ移動できないことがあり、
マップ移動の判定があまりにも画面の端すぎる。

難易度としては、例えば10回囲まないといけないポケモンを囲む時は
4回囲んで1回はなして次に6回囲む・・・ではダメで、連続で10回囲まないといけない。
さらに10回囲んだ時点では成功したことにならず、10回以上囲んだ後にペンをはなさないといけない。

コレが必死なときはなかなかペンをはなすタイミングが難しい。
いいじゃないか、10回囲んだ時点でキャプチャ成功にしてくれたって・・・。

・・・と思うが、難易度ではあまりガタガタ言いたくないぜ。
難しいゲームこそやってやるぜ!という気持ちになるので、
難しいならそれでいいです。難しくたってクリアしてやるぜ。

ただ、素早く動かさないといけないってのが苦手な人は難しい場面があります。
リザードンとは二度と戦いたくない。最強の敵はリザードンでした。

グラフィックは人間は割りと全員のっぺりしているがポケモンは可愛い。
大きさもデカいポケモンはデカく、小さいポケモンはひたすら小さい。

ポケモンのゲームでは草むらにいるポケモンは見えないが、シンボルエンカウントなので
大小さまざまなポケモンが直接走り回っているのはいい感じです。
さらに、ゲーム内の鳴き声を発してくれるのも嬉しい。背景も綺麗です。

ミニゲームは3種類あるけど基本は全部同じ。
決まった範囲を駆け回ってキャプチャして得点を競うのみ。
爆裂カブトムシやポケスロンのような熱中できちゃうミニゲーム・・・ではない。

ストーリーはポケモンを意のままに操ろうとするロケット団みたいな集団を
追い詰めてアジトに乗り込んで解散させるのみ。

主人公に特別な力が備わっているわけでもなく、
主人公が強くなっていくわけでもない。

一応、HPとラインの長さが増えるというレベルアップはあります。
でもHPがあってもどうしようもない時もあるしラインの長さの恩恵は感じたことがない・・・。

そして、連れて歩けるポケモンの上限数とマイナンの電撃の強さのメーターは
元々「制限」されていたものを「解放」するだけのモノなので主人公の力とは関係ない。
最初から力を持っているのに使えなくされているだけなのです。強くなった感がない。

うーむ、どうもプラス面が出てこないなあ・・・。
ゲームに対する思い入れも何も9時間も遊んでないからなあ・・・。
HAL研究所が作ったからタイトル画面の前からさぞかし面白いんだろうと期待したんだが・・・。

このソフトは買ってきてずっと放置していたソフトでした。
そろそろクリアしていくか、と思ってハコから出し、クリアまでどれぐらいかかるのかな
と思いながら遊んでいたらほぼ二日でクリアしてしまったのでした。

しかし、もう一つ「ポケモンレンジャー」を買って、ずっと放置していたのです。
それが「ポケモンレンジャー光の軌跡」というソフト。
そう、ポケモンレンジャーの続編です。

というわけで、ワクワクしながらそれもつけてみました。
するとまあ、まだ序盤しか遊んでいないけど今まで挙げた残念だった点が
見事にことごとく改善されているではないですか!!

マップ間の移動も、マップ移動の判定が画面の内側に来たので移動がスムーズ。
歩く速度も早くなりました。

キャプチャも、分けて囲んでも大丈夫。1回ずつでも少しずつ囲めばキャプチャ成功。
だけど一気に囲んでキャプチャした方がよい。「ランク」で1回ごとに評価してもらっていて、
何か経験値とかでいいことが起きている模様(まだそこまで遊んでない)。

1回ポケアシストを使うとそのポケモンはいなくなってしまいましたが、
今度はアシストしてもい続けてくれます。まあそこはあまり困っていなかったが・・・。

まだストーリーは分からないが「ポケモンレンジャー」よりもボリュームアップしていることを、
期待しておるぞキミ!!・・・という感じだったのですが・・・。

ポケモンレンジャーとダイパの発売日、マナフィの映画の公開日などを調べている時に
もう一つ分かってしまったことがありました。

「ポケモンレンジャーシリーズ」のタイトル。
「ポケモンレンジャー」、「ポケモンレンジャーバトナージ」、「ポケモンレンジャー光の軌跡」。

・・・・・・ん?
バトナージ?
なんだそれ??

バシャーモとラグラージを合体させた究極のポケモンです。
なーんだ、ビックリした。

そう、2作目を持っていないのです。
し、しまったああああ!!
光の軌跡が2作目だと思って数年前に購入しちゃったよ!!間にもう一つあったのか・・・!!

・・・と、言うわけで、今すぐに3作目「光の軌跡」をプレイするかはちょっと考え中です。
いや、やってもいいんだけど、そうなると永遠にバトナージをプレイしなさそう・・・。

ダイヤモンドパールをなかなかプレイしないのは、
先にハートゴールドをやってしまってその素晴らしさを見てしまったため
ダイパのボックス操作とかにちょっとガッカリした・・・というのも実は含まれています。

やはりシリーズモノは順序よく遊ぶべきだ・・・。
ブラックホワイトをやったことがないのにブラック2ホワイト2をやるというのはないだろう。

・・・いや、MOTHERよりMOTHER2の方が先に遊んだけど・・・。

というわけで「ポケモンレンジャー」の初クリアの感想&レビューでした。
公平な目線で話したはず・・・だが、リアルタイムで遊んでないヤツの話など話半分でいいのです。









(ここから下はプレイ日記ではなく没データについての話)


ポケモンレンジャーの一作目がなんだか残念だったというか惜しかったという話が主になってしまったので、
そのフォローも兼ねてゲーム内に残っている没になったデータというか画像の紹介。
自分で調べようと思ったのですが、Youtubeに動画があったのでそれを見て考察&紹介させていただきました。

この「ポケモンレンジャー」は「フィオレ地方」の物語です。
カントー、ジョウトなどとの位置関係は不明、トレーナーは一人もいない世界です。

しかし。

ワタルの画像があります。

な、なぜに!?
しかも相棒のカイリューも一緒です。

立っているグラフィックしかないようですが、
コレはどう見てもワタルさんです。

歩いているグラフィックはないようですが、8方向の絵がちゃんとあります。

ナナメ後ろから見た図。
あの標準装備のマント姿です。

立っている状態でちゃんと動くようで、
髪やマントがなびくアニメーションをします。

・・・しかし、彼はカントー地方のチャンピオンのはず。
なぜフィオレ地方を舞台とするゲーム内に彼の画像が入っているのか・・・!?

と、思っていたらもう一人。

ダイゴさんもいます。

ぬおおおおダイゴさん!?
コレは誰がどう見てもダイゴさん!!

パートナーポケモンはメタグロスのようです。

ナナメ後ろの画像。
前後左右と斜めの8方向の絵に加えて、
放っておくと瞬きと腕組みをします。

腕組み中の画像も全方向分あるようです。

・・・しかし、彼はホウエン地方のチャンピオンのはず・・・。
そしてフィオレ地方ではポケモントレーナーは一人もおらず、モンスターボールも存在していない。
メタグロスと一緒にいるってことは、メタグロスをキャプチャしたんスか?!

歩いている画像がないということは立ったままの固定シンボルということ。
ボスのようにどこかのダンジョンの最奥部で待っている予定だったんだろうか・・・。
会話時のテキストデータとか入ってたらいいんだが・・・。

と、思っていたらさらに最後にもう一人。

・・・って、アナタ・・・
レッドさーん!!

コレは大変です!

カントー地方でロケット団を壊滅させ、
ポケモンリーグチャンピオンに輝いた
マサラタウン出身の伝説のトレーナーが、
フィオレ地方に出没です。

シロガネやまからおりてきたのか?!時間軸的にポケモンレンジャーはいつの話なんだ!?
そしてこの手持ちポケモンの構成はどうしたことか!?

ポケモンレンジャーのメインストーリーにおいて重要なエンテイ、スイクン、ライコウを
バッチリ従えています。その3匹、主人公が必死にリリースしたんですが・・・。

ポケモンレンジャーが出た時点ではハートゴールドはまだ出ていません。
ファイアレッドリーフグリーンの服装だけど、金銀のレッドの手持ちっぽいぞ・・・。

フシギバナ、リザードン、カメックスがエンテイ、スイクン、ライコウになっていて
ピカチュウ、エーフィ、カビゴンは金銀の頃のままです。

やっぱり歩いている画像はなく、8方向+まばたきのみのようです。
しかし手持ちポケモン6匹を従えているとはどういうことか・・・?

そりゃ出てきてくれたら嬉しいが、トレーナーの存在しないフィオレ地方で
一体どうやってレッドを出すつもりだったのだろうか・・・。

ポケモンバトルはできません。モンスターボールからポケモンを出す画像は多分ない。
これらのワタル、ダイゴさん、レッドを出演させるにしてもどう主人公と対峙させればいいのか・・・!?

映画の前売り券のような商法で出す予定だったのか?
それとも追加ミッションのイベントで登場して会話するだけか?

もしや、本当はもうちょっと「ポケモンレンジャー」は「ポケットモンスター」寄りのストーリーで
ご褒美要素としてこの3人も出して戦うつもりが、ポケモンレンジャーを早く作ってダイパや映画に
間に合わせなくちゃいけなくなって画像は作ったけど結局お蔵入りになったのだろうか・・・?

というわけで、ポケモンレンジャーのゲーム内に入っている没画像のお話でした。
このページで使った画像はこちらの動画をキャプチャさせていただきました。(海外版です)

色々詰め詰めして濃くてやり込み甲斐のあるゲームにしたかったんだと思いますが、
他のポケモンの商品との兼ね合いでペラっとしたソフトになってしまった、
悲劇のタイトルなのかもしれません。

しかし、シリーズを重ねていくごとにそれらは解消されていく・・・はず。
レッドが出てきたらそれはそれでどんな感じになったのだろう・・・。
伝説の・・・ポケモンレンジャーか・・・!?トレーナーやめたのか・・・!?

最後に。
今回の没データは自分で出して調べたものではなく、Youtubeにアップロードされている動画を紹介し考察したものです。
自分でちゃんと出して動かして調べたわけではないので、もしかしたら本当はゲーム内にないデータかもしれません。
自力で検証せずに、確かなことをお伝えできていないことを深くお詫び申し上げます。









◆目次に戻る◆






inserted by FC2 system