海外のゲーム関係のサイトを見ていると色々発見があります。
ゲームのタイトル画面だけでも海外版は当然日本語が使われていないので、
「うおおお海外ではこれが普通のタイトル画面と思われているのか・・・」と思ったりします。

事実ずっと前に友人宅でスーファミをやらせてもらったんだが
その子は帰国子女だったのでそういうモノは全部アメリカで買ってもらったもので、
スーファミも海外版でした。つまり「SNES」というヤツです。

スーファミのボタンは色も違うんだけど形も違っていて、
淵が尖っているので親指の中心にマメができました。
どんだけガチャガチャ押していたんだ。

それはいいとして、数年前にこのマリオ3攻略ページをせっせと作っていた頃に
マリオ3の海外版のパッケージの画像を見る機会がありました。

そのときは「まあそういうこともあるよねってかよくあるよね」と思ってスルーしていたんですが、
ちゃんとサイトで紹介しようと思います。

で、改めてインターネット上でマリオ3の海外版の箱の画像を探そうとするとなかなか難しく、
「マリオブラザーズ3 海外版 パッケージ」などで検索したけど引っかかりませんでした。

そこで気づきました。
「Mario bros 3 Box」で検索かけりゃいいということを。

日本国内で海外版のファミコンのパッケージの画像を置いているサイト様はそんなになかろう。
海外のサイト様ならあるに違いないよね!

で、早速発見しました。
海外サイト様からお借りしている画像で、画像をクリックするとそのサイト様にジャンプします。



・・・ああ、やっぱり しっぽマリオは可愛いなあ。

たぬきマリオも いいよね!
バニーマリオも いいよね!一応補足。このセリフの元ネタはポケモン初代のタマムシマンションのゲームフリークの部屋にいる人。

いや、しっぽマリオの可愛さは置いておくとして、問題は画像右側です。
つまりは箱の裏側に当たります。

ゲーム画面が3つ見えます。上から、マップ画面、アスレチック面、水中面です。
だが、よく見るとこのうち二つの画像がなんかおかしいのです。
 

左が一番上の画像、右のは実際のマリオ3のワールド1の画像です。
見比べてみると色々違います。

まず、3面と4面の位置が違います。4面があるところに3があり、本来の3がある場所が空白です。
右上は4面のようで、まだクリアしていないようです。
つまりこの画像だと1面と2面をクリアしている状態のようだがなぜスターのカードしかないんだ!?

いや、これは二人プレイをしているのか?
1面をマリオがクリアしてスターのカードをGET。2面をルイージがクリアして何かのカードをGET。
4面にマリオがチャレンジしたけどあえなく死亡。ルイージもチャレンジしたけど同じく死亡。

これで4面に「L」のマークがついているけど画像には映っておらず、マリオがカード1枚という理由になる・・・か!
さらにマリオの残り人数が0人という理由もつきました。ワールド1で死にすぎじゃないか?!
(1面だけクリアすると得点も17000点程度になるので多分正しい仮説。コイン2枚しか取らなかったのか!)

・・・この説が正しいとしたら、2面クリアするまでに1UPキノコを一つもとっていなかった場合、
マリオとルイージ合わせて8回死んでいるということになるが・・・。



◆2015年1月26日 追記部分◆

「「海外版のマリオ3の箱の裏」で、2面をルイージがクリアしたと書いてありますが、
に面のところはマリオのマークがあるのでルイージはクリアしていないのでは?」
・・・というご指摘を、ああはあさんから頂きました。

そ、そういえばそうでした。基本中の基本でした。
それを踏まえて、スターのカードしかないということは・・・。

1面をマリオがクリア。何かのカードをGET。2面でルイージ死亡。
2面をマリオがクリア。スターのカードをGET。4面でルイージ死亡。
マリオの番になったが、マリオも死亡。ルイージのターンで、バトルゲーム勃発。

カードを1枚奪われるもルイージ敗北。
そしてマリオのターン。

さあどの面に行こうかな、とマリオが考えているのが
←この画像のシーンです。

そうすると、ルイージは4面にいる。
マリオの人数が0なので、4回は死んだということ・・・。

もちろん、製品版と同じルールでならそうなりますが、仕様が違ったのかもしれません。
となると考察がムダになるので置いときます。情報ありがとうございました!



さて、砦の位置は同じだけど鍵穴と絵合わせの位置も違います。下にあるキノピオの家もありません。
そこに鍵穴があったらショートカットにならなくね?そこを通過しても砦があるじゃないか!

・・・というわけで、これは開発中の画面で、ゲームの中身と大分違う画面のようです。
得点的に、ステージの中身は同じかもしれません。4面で死にまくるのも頷けます。

さらにステータス欄の「WORLD」の位置が「MARIO」になっています。
マップ画面でマリオかルイージかは色で一目瞭然なので変わったのかもしれません。

没になったミニゲームでは「2が出たら鍵を」くれるはずでしたが、
このマップではキノピオの家で鍵をもらったとしても砦は飛ばせません。やっぱ謎のままだ。なんだこれ。

一番下の水中面は3−5ですが、上から2番目の画像は・・・。

どこだここは。

パタメットがたくさん飛んできていて、
地面は草系、空は夕焼け系。

音符ブロックとハテナブロックが並んでおり、
一番左を叩くとスーパーこのはが出現。

こんな面は、ゲーム内に存在していません。

さらに没になったコースの中にもこんなデータはありません。
これも「WORLD」のところが「MARIO」になっているのでどのワールドかすら分からない・・・!
パタメットが出現する唯一の面が5−6だから、ワールド5だろうか・・・?

得点が22500だから最初の方のワールドかと思いきやゲームオーバーでリセットされていそうだ・・・。
残り人数も3だし、コンティニューして4人になって一人死んだ状態なのでしょう。
で、ゲームオーバーになるとカードは全部消えるのでこれはどこかのワールドの3面でしょう。

しかしこんな坂の形の場所は、全部の面を走り回って調べましたが存在していませんでした。
そもそも、この目がある雲とキャサリンが吐くタマゴみたいな形の雲が混在している空はありません。
こんな空のコースは一つもないのです。

まさか、この画像を撮影するためだけに作ったコースなのか・・・!?

・・・ところで、実はこの海外版のパッケージは、初期版です。
開発段階のゲーム画像がパッケージに使われているためか、
海外版のスーパーマリオブラザーズ3の箱はバージョン違いがあるようです。

説明文は同じなんだけど「SUPER MARIO BROS.3」のロゴの「BROS」の位置だけちょっと違います。
そして、ゲーム画像の3枚が実際のゲーム画像と差し替えられています。



この画像の左が一番上に、右の画像が一番下に配置されており、水中面の画像は真ん中になっています。
水中面の画像は「MARIO」ではなく「WORLD3」と書いてあるので、それだけ新しい画像だったのかもしれません。

上の画像となるべく同じになるようにしてみました。
なんか比べてみると緑の足場の色が濃すぎる気が。
他の色は薄いのに、なぜ緑だけ・・・??

この状態を再現するには、まずコイン2枚GET。
ノコノコを踏み、一度着地してからコウラを蹴る。
ハテナブロックからスーパーこのは出現。
(この時点でノコノコの下を歩くクリボーがコウラの犠牲に)

そして右にスクロールして、
なぜかこの場所まで戻ってきて、そして撮影。

・・・という手順を踏んで、パッケージ用の画像は撮影されたようです。なぜこの場所を選んだのだろう・・・?
クリボーが画面にいる状態にすればいいのに・・・ハテナブロックが叩かれていない状態の方が見栄えが・・・。

というわけで、ここに来て一つの結論に達しました。
マリオ3の海外版の箱にはゲーム内にカケラも存在しないコースの画像がある。

しかしその後に撮影された画像も・・・そこまでこだわりが感じられない気がする。
なので、箱のゲーム画像は昔はそこまで深く考えていなかったのかもしれません。

「こんな隠しコースがどこかにあるのか!」と思われるかも、とか思わなかったというか、
箱を作っているところはまた別のところなので疑問は湧かないのでしょう。

しかし。

純粋に、このコースを遊びたかった・・・。

パタメット可愛いから好きなのに、
ゲーム内で1つのコースにしか出ないんだもん・・・。

これからパタメットの活躍を楽しみにしましょう。
今後も、パタメット先生の次回作にご期待ください!!

・・・・・・。










2015年1月16日





◆目次に戻る◆




inserted by FC2 system