前回に引き続き、プレイする前に書いたよく分からない会話です。



「・・・まだ続くのかこれ・・・」
「昨日の続きだな。これはプレイ日記になるらしいぞ」
「ソフト買ってないのに!?プレイしてないのに!?何がプレイ日記なんだ・・・?!」
「安心しろ、ちゃんと今日「ファイアーエムブレム覚醒」のソフトを買いに行った」
「ほ、本当に!?それで、買えたのかい?」
「今日の昼食は寿司だったんだが」
「大丈夫なのこれ!?本気で心配してるんだけど、大丈夫なの?!怒られない!?」
「今のところ苦情の類は来ていないが・・・」
「このサイトに来てくださっている人たちはみんな良識があるんだね・・・。
なんかもう、本当に全部申し訳ありません・・・」
「続きを話していいか?昼食の後、ソフトを買いに行く予定だったんだ」
「そ、そう・・・ちゃんと買えた?」
「それが、友人の車が故障して」
「ねえもう本当に大丈夫!?車!?世界観どうなってるの!?友人て、誰の話!?」
「それで、修理に出すために彼女を連れて行くことになったんだ」
「・・・そう・・・」
「その後、本来ならばゲーム屋を見る予定だったんだがその友人の買い物をすることになり、
重い物があったから全部その友人の家に届けに行くことになった」
「・・・ふーん・・・」
「修理が終わるまでフリーだからこのままゲーム屋に行こうと思ったんだが、
その友人がお礼だと言ってケーキを購入し渡してくれたんだ。
これによりこのまま出かけられずに一度帰宅してケーキを冷蔵庫に入れなければいけなくなってな」
「・・・・・・。」
「その友人をもう一度迎えに行って修理が終わった車に乗せてフリーになり、ゲーム屋にやっと行けた」
「ソフトはあったの?」
「あることにはあったんだが・・・箱や説明書がついているものばかりでソフトのみがなかったんだ。
それで見つかるまで何軒かゲームソフトを売っている店を回ってもらって・・・」
「別に箱つきでもいいじゃないか・・・」
「しかし箱・説明書つきで3000円近いものしかないんだぞ、とても買えない価格だ」
「自分の設定を早く自分で知ってくれ・・・」
「そこでようやく、ソフトのみのゲームを1本購入した」
「えっ・・・!」
「スターフォックスコマンド(DS)」というソフトをな」
「違うじゃないか!!」

「何か問題があったか?」
「・・・FE覚醒は?なかったなら何も買わずに帰ればよかったんじゃ・・・」
「何軒もゲーム屋を回ってもらったのが申し訳なくなって、つい・・・」
「しかもどうしてよりにもよってそのソフトを・・・?」
「250円で安かったし、スターフォックスと名がつくから面白いだろうと思って」
「それで、プレイしてみてどうだった?」
「これは、難しくてクリアできそうにないな」
「あああもう・・・」

「今日は本当に名前を呼んでいないから、これだけ見たら何がなんだか分からないな」
「分からない方がいいんじゃないか・・・車とか冷蔵庫とか言ってるし・・・」
「大丈夫だ、ソフトを探して購入する意思はあるからな」
「だったら箱がついていても買ってくれよ・・・」
「早くプレイして、俺のゲーム内の立場とか家族構成とかストーリーとか戦いの目的とかルフレが
軍師になった経緯を知りたい。この会話の延長線でプレイ日記を書くとしたらどういう感じになるんだろう」
「この会話は消した方がいいんじゃないか・・・?マイユニットは女性にするかもしれないんだし・・・」
「どちらも捨て難くてまだ悩んでるんだ・・・一昨日も昨日も夢に見た」
「・・・・・・。」

「せめて俺のフィギュアの説明を見たら少しは設定が分かるんだろうけどな」
「うーん・・・フィギュアショップに並ぶまで粘ってみようか」
「ははは、自分のことがわからないでしゃべっているなんて、まるで記憶喪失みたいだな」
「きっ・・・そ、そうだね・・・ハハハ・・・」








2017年5月29日








◆前のページ◆  ◆目次に戻る◆  ◆次のページ◆





inserted by FC2 system