2006年6月15日

夢が変だったんだ・・・。
変な夢だったんだ・・・。

まず、大量の友達、一クラス分ぐらいの友達と行動を共にしています。
小学生の時の友達でした。

で、みんなでこれから出かけるらしい。
どこに出かけるの?

答え:海賊船。

・・・なんで?

わけも分からぬまま、とりあえず海賊船を攻略しに向かいます。
海賊船に乗り込むんだが、外の壁から一列に並んで入ります。
足と手だけでぶら下がっている感じで横歩きで。

で、上によじ登るのだが・・・疲れてしまって登れない。
しかも手が外れてしまって落ちてしまった!
海に落ちる!絶体絶命!!

しかし、必死に途中のぼこっとしたところにしがみ付き、
あと50センチほどで海というところで、何とかセーフ。

・・・で、左後ろを見てみたら。
3人隣にいた友達が、落ちていた。しかもカラフルな浮き輪で助かっていた。

・・・まあとにかく、またよちよちと海賊船によじ登る。
今度は、侵入成功!
船の上にはもうすでにたくさんのクラスメイト!

ボスっぽい人がいます。ガイコツの顔だけみたいな人が・・・?
よく見えない。でもあれが海賊のボスだ。

ぼくはすかさず一番左に移動。
何でかは分からない。

すると海賊のボスが、緑色の炎を繰り出した!
その炎は、まるでスーパーマリオ64のクッパが吐く炎のように、地面でバウンドをしていく!

それをかわす!
ふと右を見ると、友達の一人にその緑色の炎がヒット!

しかし、別に何ともないらしい。
なーんだ。

と思って、しばらくすると。
火が当たった左袖が緑色に泡立ち始めた。

うおおおおヤバいよ!!
ボコボコいってるよ!!

これはまずい!
早くこの、海賊のボスを倒さねば!

と思って、まあでも結構敵の緑の炎の攻撃が激しくて、必死に逃げ回るしかない。
あんなに袖が沸騰してるのを見たら怖くて・・・。

しかも、何だかいつの間にか、ボスを倒していたようだ。
そりゃそうだ、向こうは一人、こっちは一クラス分いるんだもん・・・。

戦いが終了すると、みんなバラバラになって自由行動っぽくなりまして。
おみやげにイカとかをもらいました。
いらねえ。

よく見るとボスがいた先には黒板があって、みんな落書きして遊んでいる。
完全に休み時間状態。
片手にはイカ。

夢・終了。

もーわけが分からんわ。魔界島の影響を受けているっぽい夢か・・・?
ただちょっと怖かったのは、今日友達のお母さんから、お土産に「イカまんじゅう」というものをもらったことかな。

・・・予知夢??



2009年9月4日

そういや今日は全然関係ないけど、変な怪我をしましたよ。

しゃがんでいて。
勢い良くよいしょっ、と立ち上がり。

「ゴンッ」

「ガチッ」


いってえええええ!!
(実際にはあまりの痛さと驚きに声も出なかった)

た、棚に頭をしたたかに打ち付けてしまった!
しばらくしゃべれず、打ったところを手で思わず押さえる。

・・・ん?
そういえばさっき、変な音が頭に響いたような。

ガチッ、って・・・?

あの音は何だったんだろう。
ガチッ・・・うーん?

あっ。
分かった。
歯の音だ。

立ち上がるときにはもちろん頭を打つなんて予測していない。
だから歯を強く噛み締めているわけがない。

で、口に力が入っていない状態で、頭をゴンッ。
結果、ものすごい勢いで歯同士がぶつかる。

その時の大きな音が、ガチッっと全身に響いたわけです。
あ、あぶねえ。
もし舌を出していたら・・・って、舌を出して立ち上がるわけがない。

今日お風呂に入ったらコブになっていたよ。

フニャ! ぼくコブロン!
ゴツゴツ山は きょうもとっても いいてんき!(頭を打って錯乱状態のようです)



2009年4月22日

今日、手首がバシュっと切れました。

つ、ついに早まったか!!

いえそうではなく・・・ラップの箱で切っちゃったのです。
しかも、あの刃で切ったんじゃなくて箱の角で切ったのです。
何というどんくさいことしてるんだ。

切れた瞬間血が血が血がうわわわわわわ。
でもまあ自分の怪我についてはあまり気にしないので放っときゃ治るだろ、
と放置していたらいつの間にか血が固まってきました。

よしよし、これで血は出ないね。
さて、皿でも洗うか・・・。

血が溶けてまた腕からうわわわわわわわ。
あかん、このままでは血がなくなってしまう!!

・・・と思ったのでちょっと悔しかったですが絆創膏を貼ったのでした。
ラップの箱め・・・!



2009年3月23日

動くな!
全員、両手を床につけろ!

警察に通報しようなんておかしな考えを起こすんじゃねえぜ。
さあとっととこの店の宝石全部集めてここに持って来い!
5分以内だ早くしろ!!

さもなければ・・・。

うちのオーブンが火を吹くぜ!!

・・・は?

というわけで、今日の朝ご飯のパンを焼いていたら。
オーブントースターが大炎上しました。

黒い煙がドアの隙間からもくもくもくもくもくもくもくもくも
台所全体の空間が煙でもくもくもくもくももももももも
換気扇を回さんかい。



2010年4月23日

もっと早く話すべきだった。事件は、もっともっと早く起きていたのだ。
今日の日記は、ちょっとばかし怖いぜ。ビビってるのは書いてる本人だけだがな。

ことの起こりは先週の水曜日か木曜日辺りだ。
先週の週末は潮干狩りに行ってきたんだが、この重大な事件はもっと前に起きていた。

実際のところ、ぼくはその事件を単なる笑い話として処理しようと思っていて、いつ言おうかな、などとたまに考えたりしていたわけだ。

そして今朝、事件は起きた・・・。

しかし今朝の事件のことを話す前に、第一の事件が起こった日に少し話を戻そう。

ぼくは人生で何度か引っ越しているんだが、なぜか小学生の頃に住んでいた家にいた。
そこでかまいたちの夜みたいな選択式ゲームをやっている。そして、画面には3つの選択肢が表示された。

「本気で 笑いをとる」
「本気で 逃げる」
「全力で 殺しにきている」

その3つだった。
ぼくはその時何かを直感し、3つ目の選択肢を選んでAボタンを押した瞬間、家を飛び出した!そう、逃げ出したのだ!

家から出た瞬間、ゲームをやっていたリビングでは乾いた銃声が響いた。
ぼくはその音を聞きながら、銀色の容器を片手に飛ぶように走った。
っていうかマジで飛んだ。

隠れる場所を探す。追われている。だから隠れなければいけない。
どこかに身を潜め、朝を待つんだ。

飛んでいるとマンションのベランダに到着した。
そこの一角に、結構狭かったんだが寝転がった。
辺りは真っ暗で、なぜか顔の近くには草むらが広がっている。ベランダなんじゃ?

さっき抱えた銀の容器だが、中にはなぜかホルモンがいっぱい入っていた。
ぼくはそこからホルモンを1つ取り出して、銀の容器の縁に置いてみた。
するとそれはなぜかじゅーじゅーいっておいしそうに焼けるのだった。

そうやってホルモンを焼いているぼくだが、恐怖心でいっぱいだ。
辺りは真っ暗、どこから敵が来るかも分からない、いつ見つかるかも分からない。
とにかく今はこの謎の容器を使ってホルモンを焼かなければ・・・そして朝に・・・。

目が覚めたらベッドにいたんだが。
・・・ええ、そういう夢だったんです。
ツッコミどころが多すぎて何だかわかんねえな!!

何で「全力で 殺しにきている」を選んだ?!
何で敵に追われている?!
何でホルモンを焼いて食う?!

・・・仕方ない。そういう夢だったんだから。
しかし問題はここからだ。

ぼくは最近、iPodをつけたまま寝ている。変だと思うが、こうしておくと朝寝坊を絶対にしないんだ。
というか二度寝しないから絶対に起きられる。

で、ぼくはそのピストルを持った敵に追われている夢を見ている間(ホルモンの夢というよりそっちの恐怖が勝っています)、
本当に怖くて怖くて仕方なかったんだ。家で誰か死んだし。

目が覚めてみると。

マーヴェラスの第三章の曲が流れていたんだよ・・・。

ぼくは割とバオバブの木が怖かったんだ。
ミシシッピー殺人事件、ポピュラス、魔界島ほどのトラウマじゃないが・・・。

で、曲は一級品で怖い。
どの曲かってーと・・・。



この曲です。3つ流れます。(音量注意)
聴いていたのはメドレーで、こんな感じの順に流れました。

目を覚ましたら流れていたのがこの曲。早くiPodを止めたらいいのに恐怖で動けませんでした。
明るい曲になってくれたら良いのに、しばらく怖い曲が続くんだ・・・。

これだけだったら、別によかったんです。
ただ「この前マーヴェラスの曲聴きながら寝たら怖い夢見ちゃって〜」みたいなお話になるはずでした。

そして今朝。

ぼくは誰かと3人ぐらいで学校の舞台の幕のそばに潜んでいました。
なんで潜んでいるかというとそりゃ敵がいるからです。
また命を狙われているわけです。

体育館の舞台で、暗幕がかかっているらしく辺りは真っ暗。
舞台の上の幕は妙に長くて、舞台にだぶだぶと覆いかぶさっています。
その幕の海の中に潜んでいるわけです。

しかしそのままでは埒が明かない。ついにその幕の間から飛び出して、脱出を図る!
だが数名の兵士に発見され、追われる!
外は明るくて、おばあちゃん家の縁側みたいなところを走って逃げます。

家みたいな場所に来て、左が出口、右が入り口のスライドドアのある部屋に来ます。
なぜかここに来たら全員が安心し「寝ようか」ということになりました。
いつの間にか5人に増えていて、ぼくは右のスライドドアの近くに寝ました。

暗い色の薄い毛布をかぶって、ドアとほぼ密着状態。
部屋は狭くて5人寝るにはちょっときつい感じ。

その時、ぼくの体にドドドドと振動が。
何と、右のスライドドアの外にさっきの兵士達が来たのだ!

「おい!ここにいるんだろう!」兵士は叫びながら扉を激しくノック。
その小刻みすぎるノックの振動が来ていた訳です。

ぼくは「殺される!!」と驚き(なんて言ったって相手は銃を持っている)、
毛布を跳ね飛ばして仲間に「逃げるよ!!」と叫びながら左のドアに走り、
元から開いていたそのドアを抜けて外に逃げ出したのだった。

そして目が覚めたらベッドにいたわけです。
あああ怖い夢だった!
また命が危ない夢だった!!

前と同じで敵はピストル持ってるし、数名に追われている。
そして目を覚ました瞬間はなぜかめっちゃ体温上昇。
暑くて仕方ない!なぜだ?!別に暑い日じゃない。ってか最近寒い日が続く。

前のホルモンの夢の時も、体温が上昇していて暑くなっていました。
そして今回も暑くて布団をばふばふして体温を下げました。

とにかく怖い夢だった・・・。
逃げてるならどうして部屋で寝ることにするんだよ・・・。

・・・あれ?
耳に何か聞こえている・・・。
これは・・・。

そう。
目が覚めてみると。

マーヴェラスの第三章の曲が流れていたんだよ・・・。

ぎゃあああああああ!!

同じ曲が!
流れている!!
第三章のバオバブの木のシーンの曲が頭に響いている!!

またしばらく怖くて動けず、怖い曲のメドレーを聞くことになったのだった・・・。

そう、今回のこの事件の概要とは。
マーヴェラスの曲を聴きながら寝ると悪夢を見るということだったんだ!

普段は午前1時〜朝の6時までが睡眠時間で、大抵途中で目は覚めない。
夢を見るほど浅い眠りでもなく、6時になったら目が覚める。

だがこの2回の朝だけは、午前3時半に目覚めて聴こえていたのはマーヴェラスの第三章の曲だったというわけだ・・・。

今日もこれから寝る時にiPodをつけて寝る予定だ。明日は早く起きないといけない。
もう午前2時だから、早く寝よう。

しかし・・・。
iPodからマーヴェラスのメドレーは消しておこう・・・。

もうあんな悪夢を見るのは御免だ。
代わりに魔界島のメドレーを入れておこう。(←大差ない)

というわけで、ぼくだけが怖い話でした。お粗末さまでした。



2010年3月23日



この動画を見るとラディッツが好きになる恐れがあるのでご注意ください。

内容は、ピッコロさんがラディッツに勝利してしまい、ラディッツが記憶喪失になり孫親子と仲良しになった後に記憶が戻って・・・というもの。
以下、動画の内容ネタバレ。


悟空がラディッツを名前で呼んでいるのはなかなかレアなシーンだ!
アレなシーンじゃないよ!レアなシーンね!

ラディッツとピッコロさんの立場が逆転していてピッコロさんが悪人のままになっちゃいそうですが、これはこれでとてもいい・・・。

コメントにもあったが「人造人間が来たらどうするのか」。
確かにラディッツに悟空が殺されないと(実際に殺したのは緑の方だが)界王様のところで悟空が修行をしないため、界王拳が使えない。
さらには元気玉も使えない。うわ。ブウどうやって倒すの。

しかしこのストーリーだと、恐らくベジータは・・・来ない。
まあいい感じにベジータの来襲を阻止できた、としよう。

さて、じゃあこのIFストーリーだとこの後どうなるのか考える。
楽しいから考える。(重要)

人造人間が来たらどうする?
そもそもこのままの現在で未来のトランクスは来るのだろうか?
だがこのままだと悟空は心臓病で死んでしまうので、トランクスカモン。

えーと、もう少し戻ろう。
フリーザ様はどうするのか?

フリーザ様はナメック星でお会いしてそこで戦うことになったので、ナメック星に行かなければお会いすることもない。
だから多分大丈夫だろう!(いつか地球に来るかもしれないけど!)

ピッコロさんがご存命だから神様もいる、つまり地球にドラゴンボールあるし。
だからベジータが来なきゃピッコロさんを復活させるためナメック星に行く必要もない。
でも悟空はヤードラット星に行かないから瞬間移動も覚えられない!?

・・・そして次の人造人間。トランクスが来て心臓病の薬をくれました。
人造人間が二人、現れるということを教えてくれました。
この頃はもうセルはちょこちょこと細胞集めに精を出しています。

待った。
ここで大変な壁にぶち当たった。

ベジータがいなきゃ、トランクスが生まれない。

誰が一体人造人間のことを教えてくれるんだ?!
誰が特効薬持ってくるんだ?!

・・・いや、でもタイムマシンを作ったブルマはいるんだ。
じゃあきっと未来からブルマの子供かもしくはブルマ本人が来るかもしれない。

えー、サイヤ人の血をひく者が一人減ってしまいましたが、話は続きます。
さあて人造人間が来るってことが分かったぞ。みんな、どうすんのかな?

ブルマが提案。「先に人造人間をぶっ壊そう!」
本来ならばベジータがこれに猛反対し、そんなことをしたら殺すみたいなことを言う。
(漫画がないので全部記憶から取り出して話しております)

でもベジータがいないので、脅してまで反対する人間がいない。
悟空はそんなに強い奴なら戦ってみてえ、と言うが・・・。

みんなで押し切って先にぶっ壊してくれば世界は安泰!
しかし悟空の言い分を聞いてしまって壊さなかった場合がありそうだ・・・。

その時はやっぱり精神と時の部屋で修行。

待った。
ここでもう一つ大変なことを思い出した。

ベジータに会わなきゃ、超サイヤ人のこと誰も知らんぞ。

・・・つまり、この段階でまだ悟空は超サイヤ人になれない・・・。
精神と時の部屋で修行だ!頑張れ!1年もやりゃきっとなれる!

怒りがないとダメかな・・・。
でも悟飯はイメトレでなれたし、悟天はなれた時期を忘れていたし、きっと修行して強くなればなれるよ!大丈夫!頑張れ!

悟空は悟飯が自分よりも強い能力を秘めていることをすでに分かっている。だろう。
ラディッツに修行してもらっていたから、同じぐらい強くなっている。だろう。

だから精神と時の部屋に入った時点での悟飯の強さは原作と同じぐらい。
ラディッツを追いかけて何度も挑んでいたから多分悟空も強くなってるさ!
瀕死の状態に何度もされたんだろうさ!

で、精神と時の部屋で二人とも超サイヤ人になれ!!

人造人間から地球を守れなかったら言いだしっぺの悟空にすごいブーイングだろうし!

さて、精神と時の部屋を使うのは一組の親子だけですが、ついに人造人間との戦い!
(実はゲロ様ともう一人とかの辺りはあまり覚えていないのだ・・・おばあちゃん家に行ったら熟読しよう)

ゲロ様がヤバくなったので、17号と18号を目覚めさせてしまう!まずい!
更に16号まで目覚めた!これはますますまずい!!

えー・・・最初の状態のセルのときのこともあんま覚えてないな・・・。
ますますまずい!!
記憶から呼び出して考えます。

とりあえず最初のセルがあちこちの町を襲っている。
17号と18号のパワーを越えたら吸収して完全体になろうとしている。
でもこのセルはフリーザ様の技は使えないな。来てないし。

人造人間お二人と戦うも、相手は強い!勝てそうもないぞ!
ブルマが確か人造人間を爆発させるリモコンを作ったと思う。
クリリンはリモコンを装備。

セルが、17号を吸収してしまった!(この辺の流れ覚えてない・・・)
18号まで吸収されたら、完全体になってしまう!

「情けないままのお前を倒しても自慢にはならんからな・・・完全体とやらになるが良い」

なんて言うベジータがいないぞ。
(それが父さんの一番の弱点なんだ!と説得する息子もいないけど)

完全体に近づいてしまったセル。
・・・あれ、どうしてここで悟空がいないんだっけ・・・。
やっぱちゃんと覚えてない・・・えーと・・・。

じ、情に流されずクリリンが爆破してくれれば良いけど・・・。
多分しなさそうだし・・・。

ベジータが余計なことをしなければ完全体になる前にセルを倒せる。
シャレではない。

孫親子のどっちかが完全体になる前にセルを倒してくれれば安心。
でももしセルゲームが始まってしまったらどうしたもんか。

結局セルを倒すのは悟飯なんだから、悟空との修行でなんとかなるか。

あ。
瞬間移動できないからセルが爆発したらどうすんだ。

・・・やべー、ここで詰んだか。
無理だったかあ・・・?
人造人間やセル第一形態のときのことをちゃんと覚えていれば、ベジータがいないことによって起こる他のことも分かりそうだったが・・・。

あ!
良いこと考えた!!

超サイヤ人2になった悟飯ちゃんはセルを痛めつけて遊んでいたが、あの性格はどこから来たのか。
悟空には相手を甚振る趣味はないし。あの状態の悟飯に引いてたし。

きっとあの性格はピッコロさんの魔族教育のせいだ。
そうに違いない!人間とサイヤ人の混血の凶暴性格が表に押し出されたのは、悪人時代のピッコロさんの影響なんだ!!

と、強引に仮定するとこの悟飯はピッコロさんの修行を受けていない。

「悟飯!セルに早くとどめをさすんだ!!」
「はい、分かりましたお父さん!」

カンペキ。

かくして、地球は救われたのだった。
悟空も、死ななかった。

こうして、平和な時が流れた。
そんな中、天下一武d・・・。

ネイルさんと融合してないから、ピッコロさん弱いんじゃ・・・。

そんな中、天下一武道大会が開催された。そこへ現れた界王神とキビト。
彼らから魔道士バビディと魔人ブウのことを知らされる。

悟飯のパワーを吸い取られ、魔人ブウに復活に必要なパワーの半分近くがチャージ。
スポポビッチとヤムーの後をつけてきた一行は、バビディとダーブラの姿を目にする。

宇宙船で戦うのは悟空と悟飯のみ。
さてステージ1はプイプイとの戦い、どっちが戦うかな?
うう、ジャンケンで3人が何を出したかを覚えてないのでベジータ抜きの勝敗が分からん・・・。

じゃあ悟空が1番手で行った場合。
プイプイ瞬殺。

ステージ2でヤコンとの対戦は悟飯。
まあ、勝てるでしょう。

ステージ3でダーブラが登場。
悟空なら多分瞬殺。

で、バビディ殺して終了で良いかな。ブウはずっと玉の中。
サイヤ人が強い奴と戦いたいと思っているとか知らないだろうから、
「魔人ブウを復活したら戦ってみたくない?!」とか言わないだろうし、
界王神様も悟飯もいるから二人の言うことに従いなさい。

もう一つのパターン、悟飯が一番手で行った場合。
プイプイ瞬殺。(哀れ)

ステージ2でヤコンとの対戦は悟空。原作どおり勝利。
ステージ3でダーブラが登場。本来なら途中で退室してベジータが洗脳されるが彼はいない。
ダーブラは途中退場せずに悟飯と戦い続ける!

いよいよ危なくなってきたら・・・悟空はどうするか?
そんな戦いはフェアじゃねえとか言わず助けろ!!

・・・まあ、万が一死んでもドラゴンボーr・・・。

神様ご存命中かな?寿命でお亡くなりになってないかな・・・?
ピッコロさんと融合したらドラゴンボールはなくなる・・・?

そんな戦いはフェアじゃねえとか言わず助けろ!!

こうしてダーブラも倒され、バビディも倒され、
魔人ブウはフルパワーになることもなく。

・・・フルパワーにはならなかったけど、半分近くはパワーがチャージ。
もしその状態で、魔人ブウが復活してしまったら・・・!?

まあフルパワーじゃなければ大丈夫だろう。
最悪、ポタラで親子が合体すれば勝てるだろう。

もしくは・・・真面目に戦うか・・・。

魔人ブウはあのふとっちょの良い子の魔人ブウです。
どれぐらい強いのかは分からないが、半分しかパワーは与えられていない!
互角の勝負かもしれないが、さあ悟飯、魔人ブウに放つ最後の攻撃だ!!

悟飯「か・・・め・・・は・・・め・・・」
ブウ「ふはは・・・!既に太陽系ごと吹き飛ぶほどのパワーがたまっているぞ!!」

・・・どちら様でしょうか。

ブウ「ははは・・・!どうした!!」
悟空「こらえろ!こらえるんだ悟飯!!おめえはまだ全ての力を出し切ってねえ!!爆発させろ!!力を!!」
悟飯「ぜ、全力でやってます!もうこれ以上は・・・!」
悟空「おめえは心のどこかで地球へのダメージを考えてるんだ。大丈夫だ。何とかなる!!」

(※ドラゴンボールがあるルートだと「ダメージはドラゴンボールで元に戻る!」となります。)

ドンッ

ブウ「?!」
キビト「ハアッ・・・ハアッ・・・」

悟空「今だ―――!!」
悟飯「うああああああああっ!!」

ブウ「こ、この・・・私が・・・!!」

こうして、世界に平和が訪れたのだった。
ありがとう、孫親子。ありがとう、ラディッツ。来ないほうが平和だったよ、ベジータ。

今日の日記、長っ。
(パソコンをつけてて良いリミットはとっくに過ぎたのでここで切ります)
最後にフォローしておかないといかん。ベジータ、大好きだよ!!



2010年9月20日

今日は朝の6時ごろ、大変だったんだよ・・・。

すっごい広いプールがあるんだけど。
何ていう施設だったか・・・名前は知らない・・・。

ともかく、猛烈に広い施設で、CMとかでも見たことがあるような。
波のプールとかあって、大人も子供もお姉さんもみんな泳いでいるわけです。
結構深いプールだったなあ・・・。

で、その巨大プール施設に併設された高級マンションに住んでいる友達がいまして。
山田君という友達で。
その子の家に別の友達と一緒に遊びに行きました。

何かぼくはスーツ着てまして。黒いスーツを。
外はものすごい気温、暑くて暑くて仕方ない。日差しが目に痛い・・・。

山田君・・・名前は確か4文字だったと思うんだが・・・。
普通に呼んでいたのに忘れちゃったよ・・・。

で、その子の家の扉を出たら階段がありました。
10段ぐらい普通の階段で、そのあとの3段はプールの素材みたいになっていました。
左側には海かと思えるような、広い広いプールが。大勢の人が泳いでいます。
右側には他の人の部屋が並んでいて、豪華客船みたいです。

その階段を降りていたら、最後の3段のプールの素材の階段で滑りました。
すると、つるるーっと落ちて左側のプールの壁にどん、とぶつかりました。

・・・ふむ、これは面白い。

そう思って、今度は一番上の、つまり13段上の山田君の家の前から滑り降りました。
すると、まあ止まらない止まらない。

もんのすごい勢いがついちゃって、つるるるるーっと滑って、
左側のプールの壁もさらにつるっと飛び越えて、驚異的な大ジャンプ!
そのまま空にぽーんと放り出され、長い滞空時間。

そして、プールに勢いよくだっぼーん

プールが深かったので頭打って死んだりはしませんでしたが、
あまりに深く沈んじゃったから上がどっちか分からなくなりました。

で、周りにいる水着のお姉さん達に笑われつつもなんとかはしごでプールから上がる。
スーツだからもうびっしょびしょだ・・・ズボンがはりついてます。
とりあえず、このプール施設の着替えるところに行きました。

ロッカーを開けて、バスタオルを取り出し。
でも日差しは強いし、とりあえず服はないからこの服を乾かすしかない・・・。
バスタオルでぎゅーぎゅー押えて、後は外に出るかなと・・・。

そんなことを思っていたら、後ろには山田君とか他にも友達が。

「なにしてたの?」
「いやー、君の家の前の階段の一番上から滑ったらさ、すごい勢いついちゃってそのままプールまで飛んでって」
「えー!?なにそれ〜!」
「ホント、アホなことしちゃったよ〜」

一同大爆笑。
まさか階段であんなに勢いつくなんてねえ。
空飛んじゃったし。まったく・・・。

そこで、目が覚める。

え、今までの全部夢!?

・・・夢です。今朝の6時、こんな夢を見て目が覚めました。
やたらと鮮明に覚えていました。

よく考えたら、あんな巨大なプールないし!
何であんなに階段で勢いがつく!?
季節もおかしい!あの日差しは真夏だった!
何でスーツ!?

もう、何もかもがおかしいのに夢だから仕方ありません。
「山田君」という友達、確かにあの顔の友達はいたが・・・。
山田って名前じゃなかったと思う。

夢に勝手に出てきてもらっちゃってごめん。

つーわけで、今日の日記はまさかの夢オチでした。こんな夢見てる頭の人間は幸せです。



2010年10月27日

うああああ餓狼MOWの攻略ページちゃんと作りてええええ!
いや、ダメだ、マリオ1の攻略が終わったら、ミシシッピー殺人事件攻略作るって思ってたんじゃん!

だけど、だけど、あんなページのまま放置しておくなんて、今の餓狼MOW熱再燃しまくりの状態ではムリだよおあああ

落ち着け。

落ち着くんだ!
落ち着いて、ほら、これでも飲みなさい。

え、ありがとう・・・。
ごくごく・・・。
・・・ぷはっ、これなんなの?

ホルムアルデヒド水溶液。

げはっ



2010年11月8日

餓狼MOW攻略ページを作っているんですが、リンクを作り直す前に過去のページを見てみた。
自分のサイトなのに5年ぶりにページを見ました。
テリーのストーリーモードを見ていて、驚愕。



画像にオンマウスで、一言コメントが出てくる画像もあります。
それを一つずつ載せて見ていたら、なんか衝撃の言葉が出てきた。



・・・・・・サイト名の、由来・・・??

な、なにを言っているんだ?

このサイトの現在の名前は「伝説のスターブロブ2」。
かつては「DSB2」と略していましたが、今はこの略称は使っていません。

で、伝説のスターブロブ2になる前は「伝説のスターブロブ★」という名前でした。
略して「DSB★」だったわけですが・・・。

一体どこが「・・・実は「DSB★」のサイト名の由来・・・」なのか・・・?

よーくよーく、思い出してみる。
こんな攻略ページの、さらに画像オンマウスじゃないと出てこない言葉で、「・・・実は」というほど隠していた・・・っけ・・・・・・?

・・・あ。そうか。「伝説」か。

このページで、グラントはテリーに向かって「伝説となりしその力・・・存分に披露されませいっ!」と言っています。

つまり「餓狼伝説」の「伝説」が・・・。
このサイト名の「伝説の〜」の由来・・・。

・・・だったっけ・・・。
いや、そもそも伝説って言葉好きだったし・・・。

・・・やべー、今まで違うこと言ってたかも・・・。

・・・と、ゆーわけで、サイト名の「伝説の」は「餓狼伝説」からきているようです。
すごく腑に落ちないけどそういうことらしいです。
まさか5年越しに思い出すとは思わなかった・・・。



2010年11月12日

餓狼MOW攻略ページの、テリーの必殺技説明のページの最後のロックとの会話に「うっおーっ!くっあーっ!ざけんなーっ!!」という、
コミックボンボンの餓狼伝説のテリーのセリフがあるんだが、それが正しかったっけ?と気になったので一応検索してみました。



いくつかHITしたので、セリフ自体は合っていたらしい。
この漫画を古本屋で読んだときなんじゃコリャと思って、しばらく読んだけど静かに本を元に戻したという過去があります。

ってか上の検索結果だが。

「うっおーっ!くっあー!ざけんなー!!」について誰かに聞いてみよう

って聞けるか!!

知恵関係ない。
まるで 知性をかんじませんよ やかまし。







◆目次に戻る◆




inserted by FC2 system