今日やってた魔女たちの眠りってゲームについて。

スーファミの「かまいたちの夜」みたいなサウンドノベル。
発言、行動を選択していって話が進むアレ。で、やっぱり怖いことが起こるんですよ・・・。

彼女が焼身自殺したっていう報道を聞いて彼女がいた村に向かう主人公。
彼は「助けて殺される」という電話を前日に受けていたのです。
これは自殺じゃない、と思い調べに向かったのでありました。

普通の会社員です。名前は自分で付けられます、漢字で。
ぼくは適当に「秋川」だかそんな名前付けました。特に関係ないし・・・。

彼女の名前も付けられます。ぼくは「愛」にしようと思ったんだけど、間違えて「哀」を押し、慌てて「愛」を押してしまい。
「哀愛」という変な名前に。

アイアイ?おさるさん?しっぽの長い?

・・・とにかく、そのサルのような名前の彼女の村に行きます。
ところが、主人公秋川、居眠り運転でいきなり事故ります。
外に出ると女の子が助けてくれて、意識がなくなり村の病院で目覚めます。

「運んでくれた女の子は?」
「そんなのはこの村にはいないぞ」

超過疎の村のようで、宿すらないらしい。
でも他所者が嫌いなのか帰されそうになります。
彼女の死の真相を調べるべく頑張ります。

すると村の権力者の娘の栄子ちゃんが行方不明になったらしい。
巡査さんに女の子が「靴が川から流れてきた」と手渡しますと。
それは赤い可愛い靴でした。
ところが。

その靴から血が滴り落ちている?!
そう、その靴は血で赤く染まっていたのだった・・・。

ん?
川から流れてきたのになぜ滴るほどの血が?
絵を見る限り、水なんて含んでいなさそうな濃い赤い血です。
ま、まあいいけど・・・いや、血濡れの靴なんてどこもよくないけど・・・。

森を村全体で捜索。主人公秋川さんも一緒に行きます。

「この向こうは探しましたか?」
「その先は・・・行ってはならんのだ、魔物を怒らせることになる」
「魔物?!」
「村の掟で、行ってはいけないんだ」
「何を言ってるんですか、それじゃあ村の人間じゃないぼくならいいでしょ!」

男 秋川、夜の森を走る!
走る走る!
血だらけの木を発見!
死体も発見!

ぎゃああああああ!
・・・そういうわけで、栄子ちゃんの葬儀が行われました。
その寺だか神社だかで、石段の下に秋川はいました。

女の人が石段を登っていく。
村の人たちは悪意と憎悪が込められた目でその女性を見ている。

そして次の瞬間。
女性の死体が転がり落ちてきました。悲鳴と共に。

殺したのは栄子ちゃんのお父さんの村の権力者。
な、何で急に人殺し?

訳分かりません。
でも秋川さんは村の人が自分を追い出したがっているのを聞きます。

しかしアイアイの死の真相を知るまで帰れない・・・!
一人で頑張ります。

しかし村の人たちに見つかってしまいます。

「まさかもう谷の人間に?!」
「谷の人間?」
「谷の人間には塩!」
「はい?」
「谷の人間には死を!」
「谷の人間に端を!」
「谷の人間に箸を!」
「谷の人間には死を!」

狂気に満ちた声を背中に受けながら逃げ出します。
村の権力者は「殺してはいかん、捕まえるんだ!」と言いながら追ってきます。

もう見つかる、と思ったとき、少女が助けてくれます。
多江というその少女、やっぱり事故ったときに助けてくれた少女と同じでした。
「村から出ろって言ったのに」と言われます。

その少女は「谷の人間」らしい。
村八分のように魔女として追放されているらしい。
村の人たちは魔女を皆殺しにするべく頑張っているらしい。
ところがそのとき、村人たちに見つかってしまった!

「早く、多江から離れるんだ!」
「そいつは吸血鬼だぞ!早くこっちへ来い!」
「ダメよ、そいつらのことをきいちゃダメ!殺されるわよ!」
「・・・・・・?!」

村人と多江、両方にこっちに来いと言われます。
そこで、選択肢。

「多江を信じる」
「村人を信じる」

・・・なんじゃ、こりゃ。

でもぼくは多江ちゃんが悪い子には見えませんでした。
それよりも、村人に捕まったら本当に殺されそうだと思いました。

「多江を信じるよ」
「ま、待て!本当に死ぬぞ?!」

そして森の奥に逃げ込んだ二人。

「ようやく二人っきりになれたわね・・・」
「え?」
「あなたが悪いのよ、村を出ろって言ったのに」
「ど、どういう・・・」
「お前の血が欲しい!!」

がぶっ。

・・・そ、多江ちゃんは吸血鬼だったのです。
吸血に血を吸われたら吸血鬼になってしまいます。
目を覚ましたらぼくはどうなっているんだろう・・・END

うおーい!!

それで終わり!?それで終わりかよ!!
女の子に噛まれて終わりかよっ!アイアイの死の真相はどうなったんだよ!

そういうわけで、やり直して村人を信じてみました。
でも。

「お前の血が欲しい!」

がぶっ。

いてて、結局噛まれましたぞ。
でも、石段から転げた人が持っていたお札を貼って、多江を倒しました。
・・・よかった〜・・・。

アイアイも吸血鬼にされ、自殺したんですって。
そして秋川さんも家に帰りましたとさ。END

・・・うーん。
これでこれ終わりなのか?こんなに短いの?
・・・恐らく、これもGOOD ENDじゃないんだろう。短すぎる。

そんな欝ゲームをやったりしました、怖いね。





(2006年 8月2日)












◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system