2012年2月6日

ファミコンの桃太郎伝説をやってみました。

実はこのソフトは自力クリアしたことがなく、
いつもパスワードを「ふ」と入れて適当に歩き回って終了という遊び方しかしていませんでした。
それは遊び方と言うのか。

なのでストーリーに沿って遊んだことがないので、ちゃんとやってみることにしました。
とは言ってもストーリーはなんたって「桃太郎」なので、最初から決まっています。

むかーし昔、あるところに。おじい(略)どんぶらこ、どんぶ(略)中から赤ちゃ(略)退治に出かけます」(略)
お腰につけたきび(略)ついに鬼ヶ島に(略)桃太郎はきびだ(略)宝物を村人た(略)に暮らしましたとさ。
というものになるはずです。

で、そのゲームの桃太郎伝説だと、おじいさんとおばあさんが鬼退治に行くならと色々と持たせてくれました。
一つは「きびだんご」。一つ食べれば百人力、イヌや鳥類や霊長類を仲間にするのにも必要です。

そして、もう一つは「100両」。
・・・って、多すぎる。

6歳児に100両を持たせて旅に送り出す老夫婦!!
なんだそれは!!

時代によって一両の価値はかなり違いますが、
それにしても大金です。

「すくないが」じゃないよおばあさん!!
少なくないよ!!

そして、隣の村で装備を整えなさいと言われたので買いに行きました。
「たびだちのむら」という、すごく装備を整えたくなる名前の村がすぐ隣にあります。

「兵」と書いてある店に入ると、そこは武器屋さんでした。
「茶」はアイテム屋さん、「宿」はそのまんま、宿です。
ここにイヌなんかと宿泊すると「ゆうべは おたのしみでしたね」とか言われるか!

まずは武器や防具を買おう、丸腰じゃ鬼退治はできん。ましてやこっちは6歳児だ。
すみません「かたな」ください・・・・・・って、100両!?

なんと、かたなが100両で、全財産を使い果たしてしまいました。
おじいさんとおばあさんがつましい暮らしの中貯めに貯めた100両を、
隣の村の武器屋で全部使ってしまいました。

そして村を出て、敵が出ないなとうろうろしていたら「ネズミ」が出現。
まあすぐに倒せるだろうと思って刀で殴っていたらHPが尽きてゲームオーバー。

・・・おいおい。
ネズミも倒せないのに鬼退治できるんか。







◆目次に戻る◆






inserted by FC2 system