2004年4月16日

(これは、サイトを開設して2ヶ月の頃に書いた「Sa・Ga2秘宝伝説(GB)」を題材にした文章です。プレイ日記のようだったので掲載。
さすがにそのまま載せることはできなかったので、体裁やあまりに酷い文章は手を加えてあります。このページを作ったのは2013年5月10日です)

ブロビー「さて、ゲーム屋さんでスーパーマリオランドと同時に入手したソフトの話だな」
少年「なんてソフトでしたっけ?」
ブロビー「確か「SAGA2秘宝伝説」といった気がする。昔、ファミコンの音楽を求めて旅をしていたころに発見した
MIDIサイト様で「安らぎの大地」という音楽が素晴らしかったので聞いてみたくなって買った」
少年「パソコン買ってもらってまずやることがそれですか、パソコンに謝りなさい」
ブロビー「だ、だって、ファミコンの音そっくりですごいんだよ・・・」
少年「陳謝しなさい。もしくは懺悔しなさい。そうすれば許してもらえます」
ブロビー「なんで〜・・・まあいいや、わかった行ってくる、坊主頭にして行ってくるよ」
少年「元から坊主じゃないですか・・・」



少年「無意味に脱線してしまいましたけど、話を戻しましょう」
ブロビー「えと、SAGA2秘宝伝説の話だったな。とりあえず一度プレイしてみたんだが5分で電池が切れ、さらにセーブしていたにもかかわらず消えてた」
少年「さすが中古品ですね・・・ゲームボーイソフトですし」
ブロビー「うわーん、私の苦労を返せ!名前もよーく考えて入力したのに!」
少年「別に名前ぐらいもう1回つければいいじゃないですか。何てつけたか忘れたんですか?」
ブロビー「そんなに一瞬で忘れないもん!それにちゃんとOPも見て旅立ったんだよ!」
少年「でも5分じゃそんなに進まないでしょ?」
ブロビー「まあ・・・ストーリーはそんなに進まなかったんだが、名前の入力が非常に面倒なんだよね」
少年「入力が面倒?なんで?」
ブロビー「文字入力の画面の文字の並びがおかしいんだ、横長というか・・・それで時間がかかった」
少年「プレイしてみてどうでした?操作感とか」
ブロビー「RPGだったんだよね」
少年「えっ、アクションじゃなかったんですか!」
ブロビー「説明書なかったし、どんなゲームかも知らなかったからね。キングスナイトな気分」
少年「キングスナイトは箱にRPGって書いてあるのにシューティングだから根本的に違いませんか」



ブロビー「そんなわけでちょこっと紹介しておくと、主人公を選ぶことができるんだ」
少年「無難なところで「人間・男」にしてみましたけど、3人の仲間を選べるみたいですね」
ブロビー「なぜか「スライム」という選択肢が。スライムが人間たちを率いるのか・・・」
少年「まあ・・・種族間の差別がない世界ってことで、素晴らしいじゃないですか」
ブロビー「私もよく考えたら人間じゃないしね。まあそれはいいとして、OPでパパが行方不明だ」
少年「パパを探しに行くストーリーなんですね。でも危険な場所なのでみんなついてきてくれます」
ブロビー「おおお、友情に感謝するぞ・・・!」
少年「ついでに「せんせい」もついてきます」
ブロビー「こ、このせんせい、タコみたいなんだが・・・タコに何を習えるのだろうか・・・」
少年「でも、とてもお強いです。魔法を使えるみたいですね」
ブロビー「せんせいが使う、この「ケアル」ってなんじゃ?あ、回復した」
少年「いわゆるホイミですね。もしくはライフアップ」
ブロビー「なるほど、じゃあ「草だんご」のようなものか」
少年「いや、それ魔法じゃないですし」



少年「あ、また敵が出てきました。ジャガーですって」
ブロビー「突然リコーダーを吹き出すから気をつけるんだ!」
少年「吹きません。とりあえず倒しましたけどジャガーの肉が落ちています、食べますか?」
ブロビー「え、ジャガーって食べられるのか・・・?とりあえずシャープ(主人公)に食わせよう」
少年「何も起きなかった」
ブロビー「なっ、何なんだあぁああぁ!!」
少年「やかましい。それにしてもやたら敵が出てきますね・・・1歩移動すれば出てくる感じです」
ブロビー「少し進むと、神殿に行くことになる。そこで「カイ様」という人がいて、怪我を治してくださるそうだ」
少年「町の人が言ってましたね、じゃあその神殿に行ってみましょう・・・あ、左に行くとありました」
ブロビー「「カイの冒険(FC)」でも登場していた、巫女のカイ様だな」
少年「・・・いえ、制作会社が違いますよそれ」
ブロビー「おおお、怪我を治してくれたぞ!無料で!」
少年「すぐ死にかけるパーティですから度々お世話になりますね」
ブロビー「また少し進むと、巫女カイが仲間になったぞ、この巫女さん強い!!」
少年「ほとんどの敵はカイ様の「ファイア」で一撃ですね・・・しかも武器がバトルハンマーって・・・」
ブロビー「パワフルな巫女さんだな、まあ巫女さんなのかは分からないんだけどね」
少年「戦闘が終わり、また肉が落ちていますよ」
ブロビー「何の肉だ?」
少年「あしながぐもです」
ブロビー「クモの肉!?」
少年「他にも奇妙な肉がたくさん落ちています・・・その都度シャープに食べさせていますけど・・・食中毒になりそうですね」
ブロビー「でも食べても何も起こらないよね。なんのためにあるんだろう」
少年「うーん・・・落ちてるなら意味はあるんでしょうけど・・・」
ブロビー「とりあえず今回はここまでだ。続いちゃうぜ!!」
少年「いいですよ続かなくて・・・電池切れてるソフトなんですから」



2004年5月10日

(上の文章の続きに当たるものです。同じく文章には多少手を加えてありますが、なるべく原文のまま残してあります)

ブロビー「さて、前回に引き続き「SAGA2秘宝伝説」の話だな」
少年「ゲームのタイトルが間違ってるみたいですね。「Sa・Ga2秘宝伝説」というらしいですよ」
ブロビー「えー・・・でも、いちいち中点打つの面倒だし・・・」
少年「そういう細かなことも、疎かにしてはいけないんですよ」
ブロビー「・・・え、なんて読むのそれ?」
少年「「おろそか」です「おろそか」!コピって再変換すれば読みが出るでしょ!そういう努力を厭うから向上しないんです」
ブロビー「そういう努力を・・・の後が読めない」
少年「だから自分で調べなさいって・・・これはいとう、と読みます」
ブロビー「伊藤か・・・それはいいとして、全然SAGAのことしゃべってないぞ!早く語ろう」
少年「そうでしたね。前はどこまで話しましたっけ」
ブロビー「神官カイちゃんと一緒に悪いやつを倒しに行くんだ」
少年「悪いやつって、カイちゃんの話によると「アシュラ」って言うらしいですね」
ブロビー「アシュラ・・・強かったなあ、貧乏神はすぐくっつけてくるし、サイコロはイカサマしてるんじゃないか?」
少年「そのアシュラは別の人です。SAGAのアシュラは秘宝を集めて神になろうとしているそうですよ」
ブロビー「・・・阿修羅って、そもそも神じゃなかったっけ?」



少年「さて、そのアシュラを倒しに行く途中でカイ様は神殿に帰ってしまいましたね」
ブロビー「な、なんてことだ・・・彼はこの船の共同経営者なのに・・・」
少年「何の話をしてるんですか。その後謎のすごく強い男が仲間になります、そいつと一緒にアシュラを倒しました」
ブロビー「パーティの4人は全員死んだけど、その男だけ生きてたからゲームオーバーにならず、結局勝ってしまった」
少年「それでいいんでしょうか・・・アシュラは「いやだーしにたくないー」というすごくかっこ悪いことを言ってましたね」
ブロビー「まあ死にたくはないが・・・それでアシュラを倒した後、他の世界に飛ばされた」
少年「アシュラはラスボスじゃなかったんですね。豆の木みたいなのに登って、巨人の国につきました」
ブロビー「しかし巨人の国なのに、この町には巨人はいないらしいな。酒場に行ってみよう」
少年「あ、飲んだくれの男を発見しました、マスターによるとこの飲んだくれは「ジョニー」という人物だそうです」
ブロビー「何者なんだこの男は・・・ジェリーフィッシュ海賊団のリーダーか?」
少年「どうやら、町の人たちの話によると、かつてこの人は巨人だったそうですよ」
ブロビー「そうなのか・・・よし、話を聞いてみよう」
少年「えーと、東にある町のマップチップが1マス違うところから巨人の国に行けるらしいです」
ブロビー「ふーん・・・ここは巨人の国じゃなかったのね・・・?」
少年「さっき乗り込んでダチョウみたいなのに瞬殺されたところですね」
ブロビー「ダチョウに殺されるなんて、まだまだだなあ・・・」



ブロビー「ん、元巨人のジョニーが何か言っているぞ」
少年「なんか、元巨人って野球選手みたいですね」
ブロビー「ジョニーは「どうせおまえも俺が巨人だったと思ってるんだろう?」とか言ってるぞ」
少年「巨人と人間の関係はどうなってるんでしょうかね・・・」
ブロビー「肯定してほしくないっぽいから「いいえ」と答えてみようか」
少年「とりあえず「いいえ」と答えてみるタイプですね」
ブロビー「MOTHER2辺りでそんなこと言われたなあ・・・」
少年「ジョニーさんがいいことを教えてくれましたよ。「巨人の家の中の棚はよじ登れる」そうです」
ブロビー「いいえ作戦成功だ!・・・しかし、棚によじ登って何が嬉しいのだろうか・・・?」
少年「さあ・・・どういう構造なんでしょうね・・・」
ブロビー「とりあえずそのマップチップが一マスだけ違う場所を東の町に探しに行こうじゃないか!」
少年「あのう、残念なんですが・・・」
ブロビー「ん?どうした少年よ」
少年「実は・・・今、ゲームはそこまでしか進んでいないんです」
ブロビー「え?!クリアしてからこれ書いてるんじゃないの!?」
少年「今は、ジョニーの話をきいたところでプレイは止まっています」
ブロビー「RPGらしく、行き詰まったか・・・なんで進まないんだ?」
少年「やっぱり、さっきの「アシュラ」を倒したときに他力本願だったのが原因じゃないかと・・・。」
ブロビー「ああ、アシュラめっちゃ強いのに倒すためにレベル上げをしなかったよね」
少年「パーティのレベルが低すぎるため、巨人の国にいるザコ敵相手に半死半生の目に遭います」
ブロビー「・・・・・・。」
少年「・・・・・・。」
ブロビー「・・・・・・クリアしてからレビューしようよ・・・・・・。」
少年「先生が語りだしたんでしょうが・・・それにこれ、レビューとは言えませんよ・・・」
ブロビー「・・・と、いうわけで続きはまた後日だ、楽しみにしていてくれたまえ」
少年「あーあ・・・クリアできる気が全くしないんですけど・・・」



2011年10月3日

ゼルダの伝説ふしぎの木の実時空の章も昨日一応終わりました。
さて、じゃあ何をやろうかな・・・と思ってゲームボーイソフトの箱を見てみる。

するとそこには「Sa・Ga2 秘宝伝説」が。
しっかしこのソフト、7年前にやってたんだけど・・・。
やたら強い人が仲間になり、超強いボスと戦闘になり、その人だけが生き残りつつも勝利。

そして新しい世界みたいなところに行ってしまったけど、その超強い人はパーティから離脱したため進めなくなったとさ。
さらにそれでもめげずにプレイしようと次の日つけたら、電池切れでセーブデータが消えていたのさ。

月日は流れ、数年前に電池が切れていることを確かめるためにつけてみました。
すると案の定、タイトル画面には「はじめから」しかない。

とりあえず主人公の名前を4人全部「ああああ」にしてセーブデータを作成。
ゲームボーイの電源をOFF。
またつけてみる。

すると案の定、タイトル画面には「はじめから」しかない。

ああ、そうだね、これはダメだね。
電池完全に切れてるね。

牧場物語GBも同じ状態なんだよな・・・。
ポケモン銀もそうでしたが、これは無理矢理ソフトをこじ開けて電池を入れ替えました。

それでも曲が好きで買ったゲームなのでちょくちょく曲を聞くためだけにつけていました。
(曲を流すためにゲームボーイを横に置いておいたりするんだ。えっ、普通の人はやらないってホント?)

そしてまた昨日の夜、数年ぶりにつけてみたSAGA2秘宝伝説。
すると案の定、タイトル画面には・・・あれっ、「つづきから」がある。

とりあえずセーブデータを見てみる。
なんとそこには4人の「ああああ」が。

え、電池、切れてない!?
・・・もしかしてこのソフト、電池を入れ替えなくても遊べるのかな?
というわけで昨日の夜、それをちょっとだけやってみました。

主人公の名前はもちろん「ヘイハチ」です。
彼のお父さんはヘイハチに「ひほう」を一つ託して窓から外出してしまいました。

そしてお母さんにお父さんを探しに行くと言って冒険に出ることに。
仲間を3人だけ連れて行けるということでロボのヤマシタ、エスパーのシマムラ、ドラゴンのタケウチが仲間に。

さらにタコのような「せんせい」も仲間になりました。
この人がFF10にも出てきた「ケアル」という回復魔法を覚えていらっしゃいます。

で、まあ最初のダンジョンぽいところでドラゴンぽいのを倒して1つ目の町っぽいところに到着したところで飽きました。
ポケモンで言うと、トキワシティで「とどけもの」をもらった辺りです。

1歩前進しただけで敵が出るエンカウント率の高さは別にそこまで苦じゃありません。
なぜならば戦闘があっという間に終わるからです。ボタン押しっぱなしていれば一瞬です。
でも戦闘システムがよく分からん。「デリンジャー」が強すぎます。というかそれ以外の武器は無意味。

まあ説明書もないただの剥き身ソフトだからな・・・。
そして7年間放置ソフトだからな・・・。



2013年5月9日

この前のゴールデンウィークで帰省したとき「ピカチュウげんきでちゅう」を購入してウハウハしました。
ぼくが新しいゲームソフトを買うのは、帰省したときだけです。

つまり、おばあちゃん家に行くときだけ、ゲームソフトが増える可能性があります。
でも最近は買ってもプレイしていないなんていう贅沢な事件も起こっているので、
ちゃんと持っているゲーム全部クリアしてから買わないといけないな・・・とも思っております。

ちなみに1000円以下じゃないと買いません。500円以下がベストです。
で、先日購入したのは「ピカチュウげんきでちゅう」だけではありませんでした。
実は、もう一つ購入したゲームがあったのです。

それは「サガ2秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY」。
DSのソフトです。ちなみに箱・取説なしだったので半額で、さらに中古ゲームが安い日だったらしくて10%OFFでした。
480円ぐらいだったかな・・・うふほへへへへ。う、うわあ、気持ち悪い。

詳しくないくせにサイト開設当初からちょこちょこと出てきているゲーム「Sa・Ga2秘宝伝説」(GB)。
ゲームの作業用BGM動画にも出てきているし、昔はプレイ日記も置いていました。(2004年のこと)

パソコンを買ってもらったその頃、ゲームのMIDIを聴いて回っていました。
今みたいにゲームBGMがまとまった動画なんてなかったので、MIDIサイト様でゲームBGMを聴いていたのです。

スーパーマリオ64も持ってなかったけどエンディングの曲だけはいつも聴いていました。
(しかも何のゲームの曲か分かってなかったのにいい曲だなあと思って作業用BGMとして流していた)

「カエルの為に鐘は鳴る」(GB)もMIDIサイト様でメインテーマを聞いて、曲に惚れてゲームを買いに行きました。
それと同様「Sa・Ga2秘宝伝説」も「やすらぎのだいち」という曲をMIDIサイト様で聞いて曲に惚れて、
ゲームを探しに行ったのでした・・・。

で、ようやく家にやってきたそのソフト、電池が切れていました。
セーブができないため、どんなに頑張っても進まないしクリアできないのです。

根性で「きょじんのくに」みたいな場所に行きましたが、途中で仲間になった強いおじさん(?)と
すごく強いボスを倒し(パーティは全滅していたがおじさんだけが生き残っていたので倒せた)、
よく分からない国まで行ったがおじさんがパーティから抜けて弱いメンバーだけが残り、
出てくる敵が強すぎて一歩も歩けないという珍事態が発生してついにプレイをストップしたのだった。

確か、タンスだったかを登れるというよく分からない国まで行った気がするんだが・・・。
如何せん10年近く昔の話だからなあ・・・。

箱も説明書もないのでストーリーは実はよく分かっていません。
「秘宝」を集めつつ家出したパパを探して家につれて帰ろうぜ!!みたいな話だと思う。

そして今回買ってきた「サガ2秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY」はそのGB版のリメイクです。
GBからDSへ飛躍したということは、すごくなっているに違いない!
きっと、セーブもできるに違いない!!(←最低限だ)

つーわけで、早速帰りの車の中で動作確認も兼ねてつけてみました。
OPの文章は、GB版と同じだったような気がする。音楽は車内なのでよく聴こえない。

主人公を選べるところが全く同じで驚き。
自分は人間の男の子、仲間は人間の女の子、エスパー、ミニドラゴンにしました。
ミニドラゴンがとってもかわいい!

まだニビシティにも行っていないようなゲームの進行度ですが、動かしてみて色々と感動。
GB版では、ボタンを押しっぱなしにしていると戦闘をバシバシ飛ばせました。
なんとこのDS版、戦闘を早送りにできるのです。素晴らしい!!

絵ってかキャラクターもGB版の数倍可愛くなっている。
さらに、移動速度がめっちゃ速い。す、素晴らしい!!

基本的に主人公は走るのですが、とっても速い。ポケモンルビサファのランニングシューズよりずっと早い。
ティーダの5倍ぐらい早い。

そしてRPGが苦手なぼくにとって、眠くなる要素の一つが「エンカウントの多さ」。
あと少し進めば町なのに、1歩歩いたら敵が出る。
長いエフェクト続きの戦闘をA連打で終了させる。また1歩歩いたら敵が出てくる。
戦闘画面に切り替わる間に寝る。という事態になります。

しかしこのゲーム、なんとシンボルエンカウントなのです。すっ・・・素晴らしい!!
さらにMOTHER2みたいに自分たちの移動速度より敵の方が早いから大抵捕まるのではなく、
マリオストーリーみたいにこっちの方がスピードがあり戦うか戦うまいか選択ができるのです。

・・・これは、クリアしない手はないではないか。
RPGの、ぼくが苦手な要素が解消されている。これは、クリアするべきではないだろうか!
セーブできるし!!

というわけで「せんせい」と共に洞窟で戦っていたら、敵の肉が落ちていました。
ほほう、敵の肉が落っこちてそれを食べるシステムもそのまま残っているのか。
早速ミニドラゴンのタケウチに食べさせてみよう(ちなみに、もちろん主人公の名前は「ヘイハチ」である)。

「タケウチは、大カブトムシに変身した!!」

み、ミニドラゴーン!!
なんだか気持ち悪いものに変身してしまった!た、食べさせるんじゃなかった!!

次は可愛いのになってくれ、と思ってまた別の肉を食べさせたところ。

「タケウチは、ハエ男に変身した!!」

ひええええ!!なんだそれ!!
ますます可愛くないものになっていく・・・!!ミニドラゴンの面影は皆無・・・!!

「タケウチは、あしながぐもに変身した!!」

うわああああもうだめだ!!
・・・というわけで、全然可愛いのに変身しないことが判明しました。
ミニドラゴンに戻る日は来なさそうです。

なので攻撃回数(PPみたいなの)がなくなりかけたら変身させることにしました。
戦闘後に丁度よく肉が落ちてくれるとありがたいです。

「ガイコツの 肉が 落ちている! 食べさせますか?」

・・・ガイコツに肉はなかろう。



2013年5月10日

今日はゲームのプレイ日記のたからばこに「Sa・Ga2秘宝伝説」のプレイ日記のページを作ったんですが。
なんと、2004年の4月に書いた文章を発見し、それがSa・Ga2秘宝伝説のプレイ日記だったんです。
なのでそれもついでに掲載することにしました。

しかしこのサイトの開設は2004年の2月。
そして今日までにパソコンのデータはかれこれ4回以上吹っ飛んでいるので、昔のデータはほとんど残っていません。

なのに、この文章が残っているとは・・・!
読んでみたら余りに酷かったのでちょこちょこ手を加えてあります。
でも話の流れや、そのままでいいかなと思ったところはほとんどそのままです。

で、それを書き直しているときに、その文章はまあ自分で読むことになります。
現在リメイク版Sa・Ga2秘宝伝説(でも忠実な移植だからGB版と変わらない)は、
プレイ時間も1時間未満で、トキワのもり辺りだと思います。

そしてその2004年のプレイ日記を書き直しているときに、その文章も読むことになるわけですが・・・。

ブロビー「また少し進むと、巫女カイが仲間になったぞ、この巫女さん強い!!」

という一文が。
仲間になるんだ・・・セルフネタバレ乙・・・。

少年「えーと、東にある町のマップチップが1マス違うところから巨人の国に行けるらしいです」

攻略情報まで知ってしまった・・・。
でもDSだとマップチップとか1マスごとに区切られてないし、どうなってるんだろう。

少年「パーティのレベルが低すぎるため、巨人の国にいるザコ敵相手に半死半生の目に遭います」

というセリフがあり、やっぱり記憶は間違っていなかったらしい。
強いやつが仲間になった状態で強いやつを倒してしまい、パーティが弱くて進めない。

元の世界に戻ったりはできなかったんだろうか・・・。
でも、プレイ日記はここで終わっていてこれ以上進めた様子もなく、何よりデータは消えているので、
恐らくここまでしか遊ばなかったのでしょう・・・。

DSはデータ消えないだろうし、何としてもクリアしてやるぜ・・・。



2013年5月16日

「真実の瞳」っていう周りが正常に見えるようになるアイテムを手に入れてから入ると思われる「光の神殿」を、
そのアイテムをとる前に強行突破してしまいました。

・・・だって次にどこに行けとか特に言われないんだもん・・・。

イメージとしては、初プレイなのにフラッシュを持たずにイワヤマトンネル突破という感じだろうか・・・。
神殿にあった秘宝3つもちゃんと回収しました。

その後に行ったアツそうなダンジョン(海底火山?)で、真実の瞳を入手。

イメージとしては、フラッシュなしでイワヤマ突破後、タマムシで飲み物を買い、ヤマブキ経由でクチバに戻り、
ひでんマシン05をもらったという感じだろうか・・・何でもそれで例えるんじゃありません。

「アポロンの神殿」というところにお住まいの神(世界観よく分からんが神なんだそうだ)のアポロンさんが、
神殿からいなくなっていたのでどこに行ったんだろうね、というところまで進みました。

あと探していたパパにはもう一つ家庭があったよという衝撃の事実を目の当たりにした主人公が、
「母さんになんて言えばいいんだろう・・・」と落ち込み、周りの友人が「誤解だと思うよ」というプレイヤーの言葉を代弁し、
それに耳を貸さない主人公ヘイハチは「こうなったら秘宝をもっと集める!!」というよく分からない決意を新たにしたのだった。

このゲームはDSだから・・・いや、クリアしてからちゃんとレビューしよう・・・。
所持金が99999になったりもしたので、そろそろクリアが近いんじゃないかなと思っています。
(↑曖昧な判断方法)

あと、さっきちらりとサガ2の攻略ページの目次を見たんだが・・・。
今「第4世界」という場所にいるんだけど「第9世界」まであるらしい。クリアはまだまだ先である。

そ、そんなに世界があるとか聞いてないッス・・・。
じゃあ所持金がカンストしたのは道に迷って金がたまりすぎたというのか!?そうだね。



2013年6月5日

「サガ2秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY」を実はちょこちょことやっています。
暇な車の中で取り出してやったり、寝る前の儀式として遊んだりしています。

もうかなり進んだと思うんですが、なんつーか・・・。
GBで買ってきて電池切れてて進めるのを断念して、DSでリメイクされていて戦闘は飛ばせるのでクリアしてやると意気込んだんですが・・・。

・・・これ、GBでプレイするべきだったかも・・・。(いまさら何を!?)

ゲームボーイ、そしてゲームボーイカラー。さらにゲームボーイアドバンス。
それらを飛び越えての、DSにてのリメイク。グラフィックも格段に美しくなっており、エフェクトも素晴らしい。

なのに、セリフは全くそのまま。
・・・いや、セリフを全部覚えるほど、ポケモン初代ほどプレイしたわけじゃないので、細部は分かりません。

でも、ゲームボーイでのセリフがそのまま、DSの美しいグラフィックで流れます。それが違和感・・・。
そのハードにはそのハードに合った演出というのがあると思うんだ!

ゲームボーイの白黒の画面で、ドット絵のあの世界でひらがなでしゃべっていても、キャラの表情は想像できます。
でも、DSのあの美しいグラフィックで、リアルな世界で、キャラの表情が微笑みのままでハードな会話をされても困る・・・。

想像で補えた部分をあえて画面に映し出すならば、表情をせめてちょっと変えてほしい。
常に仁王立ちじゃなくて、手ぐらい動かしてほしい・・・!

キャラの表情別のグラフィックを下に出してセリフを出すか、画面内のポリゴンのキャラの表情を変えてくれたら、
もしくは表情が見えないぐらいカメラが引いていて、セリフも臨場感溢れるセリフに変わっていたら、よかったかも・・・。

主人公たちの表情がずっと変わらず微笑んでるものだから、泣きそうな場面なんだろうけど悲しそうに見えない。

あとマップがグルグル回るので上の画面のリアルな方じゃなくていつも下の簡略マップの方だけを見てプレイしています。
せっかく上の画面はリアルなんだろうなあと思いながら、下のマップの方が圧倒的に情報量が多いので常に見ているのは下の画面。

ですが、いいとこの方がいっぱいあります。じゃあ次はいいとこ言おう。
GB版には恐らくなかったと思う「運命の糸」というシステム。
説明書はないしゲーム内の説明もよく分からなかったので、ゲーム中盤以降まで使い方が分かりませんでした。

あるとき、キャラが攻撃したときに上に「×」と表示されました。
・・・だが、この意味が分かっていなかった。てっきり「×ボタン」(バツボタン)だと思っていたのである。

だが、これはDS!ABXYボタンのゲームなのだ!だから、これ、エックスボタンだったのね!!(いまさら何を・・・!)
で、Xボタンを押してみたら超強い連携攻撃が出せました。ああ、こうやって戦えばよかったのか・・・。

それが分かってからというもの、早速運命の女神のところに行って「愛情の糸」を99本購入。
・・・よし、これで99回連携攻撃ができる・・・俺たちが負けるはずはない・・・。

今遊んでいるパーティは人間・男の「ヘイハチ」、人間・女の「シイナ」、エスパーの「シマムラ」。
そして肉食いまくって変身ばっかしていて元が何かもはや分からない「タケウチ」。お前、元は何だったんだ・・・?

敵の肉を食べるたびにキノコになったりミミズになったりオバケになったり可愛い妖精になったりメデューサになったり、
鳥になったりクモになったりガイコツになったりと本当にお前は何なんだ。

これを書いている時点のタケウチはゲイザーという一つ目オバケです。強いです。
でもこの一つ目オバケが、ストーリーで普通にしゃべる。

この前倒したビーナスという美しい神に向かって「今のアンタが一番醜いぜ!!」と言い放つ一つ目オバケ。
・・・言ってることはカッコいいんだけど・・・。

「運命の糸」にはいろんな種類があり「友情の糸」「愛情の糸」「家族の糸」「協調の糸」など、いい関係もあれば、
「嫌悪の糸」「対立の糸」「個人の糸」「競争の糸」というちょっと穏やかじゃない関係の糸もあります。

これらの糸を使うとパーティがその関係になっていきます。
やはり愛に勝るものはないので「愛情の糸」ばっかり使っています。おかげで、現在のパーティ4人の関係は良好。

チームの「称号」というのが関係によって与えられるのですが、現在は「相思相愛」になっています。
つまり、パーティの4人がお互いにラブラブなのです。(←ネタではなくて本当です)

ステータス画面を開くと、ヘイハチとシイナの矢印は「愛情」、ここはまあまとも。
しかしエスパー男子のシマムラと一つ目のゲイザーも愛情。種族を超えた愛・・・。
さらに、ヘイハチとシマムラも愛情。こ、これはどうなのだ?!

シイナとシマムラもラブラブ、ゲイザーとヘイハチもラブラブ。このパーティは愛に満ちているのです。
「連携」で攻撃するのも、愛ゆえに攻撃力が高まっているのです。なんと素晴らしいことなのでしょう。

そんなお互いにラブラブなパーティですが、そのチームの称号によってイベントが変わることがあるらしい。
ビーナスがいる町でイベントが起きたときもシイナとシマムラとタケウチの3人(?)で、
「愛って素晴らしいよね!」「やっぱり愛の力かしら!」「愛って偉大だね!!」とキャッキャと女子トーク。

4人は愛に満ちているのです。愛って、素晴らしい。

・・・さて、そういや随分前の話だけど「アシュラ」ってやつと戦いました。
でも、なんかもうありえないほど強い上にセーブしてなくていきなり戦いになってしまって、
さらにHPが1しかないシマムラとタケウチ(この頃はゲイザーじゃなくて「えのきもどき」でした。超弱い。)

で、アシュラさんは「4本の腕」「ヴァジュラ」「地獄の火炎(全体に大ダメージ)」「スリプル(単体を眠らせる)」という攻撃をしてくる。
パーティは、「4本の腕」「ヴァジュラ」を食らった人は必ず倒れるくらいの弱さでした。

あえなく全滅したときに「オーディン」という人が生き返らせてくれると言ってくれてビックリ。
「いつか自分と戦うことを約束しろ」と言うのでわかりました、と言ったらアシュラとの戦闘の最初からやり直させてくれました。

おおお!これはすごい!すごいが、HPもそのままだからすぐまた全滅するぞ!
そして、あえなく全滅。オーディンさん、もう一度復活させてくれませんか・・・あ、いいですか。お願いします。

よし、三度(みたび)アシュラとの戦闘!2ターンで全滅!
オーディンさん、もう一度復活させてくれませんか・・・あ、いいですか。お願いします。

よし、(中略)・・・あ、いいですか。お願いします。

(中略)

・・・あ、いいですか。お願いします。

(中略)

お願いします。

(中略)

・・・ぜえ、ぜえ・・・全然勝てねえ・・・。
かれこれ、誇張表現なしで30回以上戦っている。でも、全く倒せない!
というか、これは復活させてもらわずにあきらめてセーブしたポイントまで戻されるかした方がいいんじゃないか?

・・・いいや、戦略さえしっかり立てて、アシュラがその通りの行動をしてくれれば、勝機はある!!
ヘイハチが「盾」で防いで、シイナが攻撃(シイナの攻撃が一番強い。ついでにHPも圧倒的に一番高い)。
謎の覆面男が仲間にいるので、適当に攻撃してもらい次のターンでまたヘイハチがアシュラに攻撃されるも盾で防ぎ・・・。

そして誇張表現なしでまた30回戦ってついに勝利を掴み取った。

うおおおおお!!勝ったああああ!!掴み取った執念の勝利!!
どう考えても1回ゲームオーバーにした方が早かったああああ!!

・・・なんてことがアシュラ戦でありました。いやあ、よくあのパーティの弱さで勝てたよ・・・。

現在はビーナスさんの世界のイベントが全部終わって、次の世界に行きましょうという辺りです。
ラブラブパーティの旅は、まだまだ続く・・・。



2013年6月9日

GB版の「Sa・Ga2秘宝伝説」は電池が切れているし今からプレイしなおすこともできないだろう・・・。
だからこそ、買ってきたリメイク版に全てを託して夜、寝る前にプレイしているんだが・・・。

・・・昨日の夜、なんかドラゴンみたいなのに乗ってレースに出ることになったんだけど、レース中に寝てしまった。
しかもレースと言いつつも普通にエンカウントするもんだから、レース中になぜか連戦。
そして、次の日になっていたんだが・・・寝る前にセーブはしたから大丈夫だよな・・・。

それで、もう本家であるGB版はセーブもできないからもう遊べない。
そう思ってクリア動画でも見ようかなと思って探してみました。

すると、なんとTASさんのプレイ動画があるではないか!
おおー、これを見ればSa・Ga2秘宝伝説の全てがわかってしまうんじゃないかな!
ついでにGB版をプレイしていた頃の思い出にも浸れるという寸法だぜ!!

・・・で、早速TASさんの美技を見始めました。

あれ。ってかさ。
ってかさあ。

何でプレイ時間が30分なのかな。

み、短いね。短すぎるね。
30分間でクリアできるなら電池切れてても大丈夫っぽいね。

・・・ま、まあいいや。とりあえずプレイ動画を見よう・・・。
主人公たちの名前はやっぱりTASさんだから「あ」。あー・・・。

しかも主人公がミニドラゴン。おいおい!?そういうこともできるのかこのゲームは!
両親はどう見ても人間なのになぜドラゴンが生まれた!?

・・・い、いや、そうじゃないのかもしれない。
元々主人公は人間だったんだけど、色んな肉を食っているうちにミニドラゴンになってしまったんだろう。
だとしたら両親も肉を食えば変身するに違いない。ゴーストとか、ガイコツとかになるんだろう・・・げげげ。

で、まあしばらく見てたんだけどなんか肉の内容を変えるスゴいバグがあるらしい。
それを使ってとっとと強いモンスターに変身して強いボスも倒せる力を身につけたらしい。

さらに、このゲームは「ひほう」を集めながらどんどん世界を移動していくシステムなんだけど・・・。
その世界で秘宝を全部集めれば、次の世界に行くための秘宝の数に達している、ということになっています。

・・・だが、秘宝の所持数がある数字になったときにゴミ箱を使いまくると秘宝が255個になるバグがあるんだと。
そのバグを活用すれば、新しい世界にどんどん行ける。

さらにそれだけでは飽き足らず、ぼくも昨日リメイク版でやったドラゴンでのレース中に、
ワープだかしていなくなるとそのドラゴンの移動速度が保持され、さらに障害物もすり抜けるようになり風の速さでラスボス戦。

・・・まだぼくはラスボスを見てないしゲームそこまで進んでないから見てはいけないんだけど、
だからネタバレっぽい場所に差し掛かったら見るのは自重しようと思っていたんだけど、
あまりに早くてラスボスが見えた。ほ、本当に一瞬でラスボスに話しかけにいったんだ・・・。

マサラタウンを出発して、バグでミュウツーを仲間にしつつもとりあえずオツキミやまを登っていき、
ハナダシティについたと思ったらバグでバッジを全て取得し、その勢いでトキワシティの西に行って、
さあチャンピオンロードに行くのかと思っていたら風の速さで殿堂入りの部屋に入っていたみたいな心境でした。

・・・あれ、ポケモン赤緑青でも同じようなことはできるな・・・。
いや、今はその話ではない。

なるほど、だからプレイ時間が30分だったのか・・・全部すっ飛ばしていたんだね・・・。
まあTASさんってよくそんな感じでプレイしていらっしゃるけどさあ・・・。

だから今リメイク版をコツコツやっているぼくですが、そんなバグ技がGB版にあると知ったら、
なんかすごくやりたくなりました。バグ技があったなんて知らなかったよ〜・・・。

だが、いかん。いかんよ。少しずつプレイしてるんだから、ちゃんとクリアするべし!
そ、そうですね。ゲームボーイはもう少し封印しておきます。



2013年6月21日

ここ二日間連続で、DSつけたまま寝てる。
・・・いかーん!!なんてエコじゃないんだ!!

おかげで、SAGA2秘宝伝説のプレイ時間が27時間を超えてしまったぞ!!
絶対にそんなにやってないって!!

バルハラ宮殿でオーディンさんも倒して、アポロンさんに全ての秘宝を奪われて、
なぜか父さんが復活していてビックリ!というところまでハナシは進みました。

「父さん!?なんで生きてるんだ!?」
「私は不死身だ!ところでこの世界にある秘宝がいくつあるかだが」

私は不死身だ!で終わらせるなよ!!
なんで生き返ったんだよ!?
オーディン様に復活させてもらっていたのか!?その一言で納得しろと!?

日常の会話でもこのフレーズを使ってみましょう。

「おはよう、今朝は早いのね。珍しいじゃない。どうしたの?」
「私は不死身だ!」

「ハンバーガーとチーズバーガーどっちにしよう・・・どっちがいいと思う?」
「私は不死身だ!」

「ゴメンね、雨の中待たせちゃって!大丈夫だった?」
「私は不死身だ!」

スマン、自分でも何を言っているのかよく分からない。
とにかく、近日中にクリアはできそうだ。

現在は「最後のダンジョン」という名前のすごく最後っぽい場所にいるので、多分もうちょっとです。



2013年6月22日

SAGA2秘宝伝説、今日で終わるだろう今日で終わるだろうと思っているのに、なっかなか終わらない・・・。
「最後のダンジョン」で最後の一つの秘宝を手に入れ、こっちがせっせと集めた秘宝を全部横取りしたアポロンに挑む!!

アポロンさんがこれまた超強い。
1ターンで全員が倒れる直前ぐらいのHPになるフレアを撃ってくる。

ところでこの「フレア」、連携攻撃で撃つと「メガフレア」という名前になったりして、
どっかで聞いたなあと思ったらこのゲームFFの外伝という位置づけなんだそうだ。

こ、これFFだったのか!!
だから「ケアル」とか「ブリザド」とか「アダマンタイマイ」とか出てきたのか!!
ケアルの時点で気づきましょう。

・・・いや、メジャーな単語なのかと思って・・・。
「キュア」とか「ヒール」みたいに、他のRPGにも出てきそうな名前なのかと・・・。

キマリちゃんの「ロンギヌス」って槍もあるし、なるほど・・・。
ゲーム内でFFのFの字も出てこないからまさか関係している世界だとは思わなかった。

さてアポロンさんとの戦いに入ったわけですが「イージスの盾」でガードを固めていて、こっちのダメージはほとんど入らない。

主人公のヘイハチの「エクスカリバー」という回数制限のないステキな剣をGETしたので心強い!
女の子の「シイナ」は力は低いながらも素早さとHPがものすごく高い。
「素早さ」が攻撃力になる武器「死神の鎌」という恐ろしい武器を使っています。

エスパーの男子「シマムラ」は10回しか使えないが強い「フレア」と、魔法をいくつか。
だが素早さが絶望的なまでに低いので、必ず敵味方の攻撃の一番最後に行動します。

そして肉を食うたびにワケの分からないものになる謎の生物「タケウチ」。
現在はスフィンクスになっています。スフィンクス!?

・・・で、この中で一番弱いのは主人公のヘイハチ。
全体攻撃もできないし、素早さも低いからシマムラの前にやっと攻撃できるだけ。

行動できるときはほとんど戦闘は終わっているか、敵がいっぱい残っているときは集中攻撃されて倒れている。
シマムラも防御低いし遅いから弱いんだけど「連携」で先に攻撃できるときもあって、
そのときは超強い全体攻撃を放ってくれるから強い強い。

だが我らが主人公ヘイハチはまず攻撃されるし、回復してもらうにも魔力が4しかないので回復量もズバ抜けて少ない。いじめか。
というわけでパーティ全員でヘイハチを守りながら現在は「非常階段」というところを攻略中です。

でもアポロンとの戦いで勝利できたのは、ヘイハチの素早さが低かったおかげです。
アポロンがフレアを撃ち、みんなが瀕死状態になり、みんなが攻撃し、ヘイハチが「フルケアの書(全員を全回復)」を使う。
そして次のターンでまたアポロンが全体攻撃、このローテーションで勝利したのです。

この戦法が使えたのはヘイハチが遅かったから!!
・・・だが、ヘイハチはもうちょい素早さと魔力が上がるようにするべきだった・・・。
どうやってパラメータが成長するのか知らなかったんだ・・・。

まあ、多分本当に後ちょっとでクリアだと思うのでベッドの中で頑張ってきます。



2013年6月23日

SAGA2秘宝伝説、ついにクリア!!
・・・いやあ、長かった。長かった長かった。

何が長いって、表示されているプレイ時間が超長い。
前の持ち主さんはクリアしてなかったみたいだけど(4つとも未クリアのセーブデータだった、クリアすると「クリア!」の文字がつく)、
元からあったセーブデータのどれよりも長い。

結局、クリアした後セーブしたプレイ時間は37時間。
1日を余裕で超えているじゃないか!!
絶対途中で寝まくっただろ!!

・・・コホン、その通り。
もうこれはぼくの性向なんです、RPGでは眠くなってしまうのです。
真夜中に限らず、敵と戦っている途中で寝てしまうのです。どんなRPGでもそうなのです・・・。

でもこのSAGA2秘宝伝説は「連携」のおかげで単調な戦闘にならなくて楽しかったです。
今日になってようやく「力」や「魔力」の上げ方が分かり(今更!?)、主人公のヘイハチの魔力が25ぐらい上げられました。

いやー、魔法による回復量が回復される人の魔力によるって知らなくて・・・。
今までやったゲームの回復量は、魔法によって大体決まっていたり魔法をかける人のチカラに回復量は依存していたんだが、
このゲームはそうじゃなかったみたいです。説明書がないしね!

(GB版も、今回やっとこさクリアしたリメイクのDS版も、箱も取説もなし。それが一番いい)

ストーリーは・・・よ、よく分からなかった。
主人公のヘイハチは、いなくなった父親を探すために家に母を残して友人3人と共に旅立った。
世界に80個ぐらいある「ひほう」を何だか集めていき、それは他の人たちも集めていた。

それを集めて新しいスゴイ神になろうとしている人たちと戦ってさらに秘宝をGETしていく。
その世界で秘宝を全部回収したら、次の世界に繋がっている扉が開くので次の世界でまた秘宝を全部集める。

そうこうしていたらお父さんと再会。だがお父さんはヘイハチをかばって死んでしまった。でもまた再会。
どうして生きているのかとヘイハチが問い詰めるも父親は「私は不死身だ!」の一点張り。

やっと全部の秘宝を集めたと思ったら「アポロン」というNEW神が今までヘイハチが色んな世界で出会って仲良くなった人たちを
全員人質にして秘宝をよこせと言うので全部渡す。

全ての秘宝を手にしたアポロンさんはスゴイ神になりに行ってしまった。
しかし父親の話によるとこの最後の世界にもう一つだけ本当に最後の秘宝があるらしい。

それを手にアポロンさんと戦うが、アポロンさんは秘宝が一つ欠けていてなんか自滅。

・・・で、ここからが今日やった部分。
アポロンさんの最後の一撃を食らって父さんまたまた瀕死状態に。
だが倒れたアポロンさんとヘイハチが持っている秘宝を合わせて、これでホントのホントに全部の秘宝が揃った。

すると、そこから「めがみ」という女神登場。倒れているお父さんにフシギなチカラをかけて「もう大丈夫」と言う。
そこで世界が揺れ始め「このままじゃ世界がバラバラになる」的なことを言って奥へ飛んでいく。
「ついてこい」的なことを言われたのでおとなしくついていく。倒れた父は放置。

最奥部に到達したかったんだけど、武器と回復の杖が途中で切れてしまったので「テレポート」で「最後の町」に戻りました。
そこでまた「いやしの杖」や「フレアの書」を買いためて再びアポロンさんと戦った場所から「非常階段」へ。

途中で、まだ倒れている父親の横を通過。
どこかに運んでちゃんと治療して差し上げましょうよ・・・。

最奥部に到着すると「最終防衛システム」というガンダムっぽいものとの戦闘になりました。
・・・何を防衛しているのかよく分からないが、とにかく最後の戦いらしい!BGMもラスボスっぽいし!

で、結論から言うと2回負けました。
3回目でようやく攻撃の手順をどうすればいいのか、どれぐらい長い戦闘だから「いやしの杖」はどれぐらい持っていればいいのか、
攻撃しても大丈夫なタイミングなどがわかったのでヘイハチ率いる激弱チームでも何とか勝利できました。

ただし激弱チームの中で一番激弱なのはヘイハチです。

しかし、ヘイハチの「素早さ」が非常に低いことが幸いして「いやしの杖」でターンの一番最後に回復できました。
人間の女の子「シイナ」ちゃんも「いやしの杖」は持っていたんですが、素早さが高いので敵が攻撃する前に振ってしまうこともあり。
一番遅いヘイハチが一番安定して後攻を取って最後に回復させられたのが勝因です。残念な勝因です。

父親と共に家に帰ったヘイハチは母親と久々の再会。
ポケモンやMOTHERシリーズみたいにいつでもママに会いに行けるわけじゃないRPGで、それが結構精神的に辛い・・・。

RPGの自分の家って母親がいて「いつでも帰って来ていいのよ」的なことを言われて無料で回復してくれるイメージが・・・。
何だその固定観念・・・。

で、やっとエンディング。
しかし夜中に父親がまたまた家を抜け出そうとします。

ヘイハチが「どこに行くの?」と尋ねると「実は三種の神器を探しにいこうと思って」ととんでもない答えが。
するとヘイハチが「じゃあ俺も一緒に行く!」と。

さらに後ろからお母さんが「私も行きます」。おいおい。
「じゃあみんなで行こう!」ということになり、家族3人で仲良く窓から外に出て、冒険の旅に出かけるのでありました・・・。

THE END






か、家族で三種の神器を探しに行く?存在するの?家はどうなるの?
・・・つーか扉から出ろよ!!窓開いたままやん!!

・・・以上、クリアまでに10年近くかかってしまった「Sa・Ga2秘宝伝説」、そのリメイク版でした。
とりあえず「連携」は楽しかったです。

またゲームをつけると「NEW GAME+」というのが選べるようになっていました。
うむ、RPGはもうしばらくいらないぞ。











◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system