◆ゲームの内部データの没データ紹介 マリオストーリー◆






没アイテムとデバッグマップに続いて、没データでよくある「没になった敵」の紹介です。
本当にこれを出すのに苦労したんだ・・・けど、出ちゃったらもう出ちゃったからいいよね。うん、そうだね。


クリスター神殿に登場したと思われる敵「セキゾー」です。

セキゾーはパラレラーと戦う場所への最後の扉がある部屋で、
「謎が解けたら通してあげます」とか言っている、
数匹で設置されているあのキャラです。

だが元は敵キャラクターだった模様。
クリオの「ものしり」を使ってみると、

セキゾーだよ ここの ばんにんなんだ
さいだいHPは「8」だ こうげき力は「4」

ぼうぎょ力は「4」だ 火のこうげきが きかないんだ
ぼうぎょ力が 大きいから ダメージの 大きい こうげきで こつこつと HPを へらしていこうよ

という説明が出ます。

「ここの番人」という「ここ」とは、ゲーム内でセキゾーが設置されているあの部屋のことだったのか?
元はあの部屋でセキゾーという中ボスと戦って勝利して、次の部屋に進めるという構造だったのかもしれません・・・が。

パレッタの「はこびだし」を使ってみたところあっさりと持ち出し成功。
どこ持ってるのかよく分かりませんが、普通に運び出せて試合終了です。

まあ「スーパーキラーたいほう」も運び出せるしな・・・。
マリオストーリー実況プレイその32の13分30秒辺りを見てみよう)
(↑サイト内でまさかの宣伝)

ということは、どういう扱いの敵だったのか・・・。

防御が4ってものすごく高いし、
シンエモンと違ってひっくり返せないし強敵かもしれない?

だが「ツラヌキナグーリ」を持っていたらあっさりだし、アカリンも仲間になっているだろうから
実際に出てきてもそこまで苦労はしなさそうです。

特殊攻撃はなく、毎ターン体当たりしてくるだけです。
勢いをつけてそのまま走ってくる、それだけ。

「めまわしグルグル」などで目を回す攻撃や
「ママのこもりうた」などの眠らせ攻撃、
「じかんよとまれ」「しびれフラッシュ」も効きませんでした。

「火の攻撃が効かない」という説明の通り、
「ファイアコウラ」や「ファイアフラワー」はノーダメージ。

でもさっきの「はこびだし」や他にも「おどろかし」は効きます。なぜ?
クリスター神殿に来た時点だと覚えてない技ですが「そしておほしさまに」も効きました。

後からまた来てザコとして存在していたら戦う可能性もなくはない。
中ボス扱いならもうクリスター神殿クリア後は戦えなさそうだが・・・。

いそうでいなかった敵「ヤミパタパタ」という敵もいました。
当然ですが、地下で出現したようです。

地下にいる敵「ヤミノコノコ」には
毎ターン目を回されて散々な目に遭いましたが、
「ヤミパタパタ」は空中から体当たりしてくるだけ。

つまり、羽がある間はただの強化版パタパタです。

クリオのものしりによると、

ヤミパタパタだ 地下道に すんでる パタパタだ
さいだいHPは「8」で こうげき力は「3」
ぼうぎょ力は「2」だ

空中にいるから ハンマーこうげきは とどかないよ
ジャンプこうげきで 下に おちるんだ

おちたら ヤミノコノコに なるから 目を回す こうげきを するようになるよ
 とのこと。

・・・じゃあ、ジャンプ攻撃して地面に落とさない方がいいんじゃないか?

初代ポケモンはエンカウントしたときに
「どの敵が出るか」という数値で決まりますが、
マリオストーリーは「どの戦闘か」という数値で
出てくる敵が決まります。

例えば「戦闘パターン1」では「クリボーが1匹」出てくる。

「戦闘パターン2」では「クリボーが1匹」と
「パタクリボーが1匹」出てくる。

「戦闘パターン2を呼び出す」と、クリボー&パタクリボーのセットが登場する、となります。
(MOTHERの没敵を調べた時もそうでした。というか大抵のRPGはそう)

つまり「ヤミパタパタ」に相当する数値はないため、
「ヤミパタパタが入っている戦闘パターン」を探して
それを呼び出しました。

「ヤミパタパタが入っている戦闘パターン」というのは
上の画像3枚分、3パターンだけが存在していました。

しかしこのパターンはゲーム内で呼び出されないので
ヤミパタパタがゲームに呼ばれることはありません。

手当たり次第にバトルに入って、
見覚えのない組み合わせを保存していきました。

上のジャングルの画像とこのジャンボル島の画像、
これらもいわゆる「没戦闘パターン」です。

ジャングルにも「かいふくヘイホー」が
登場する予定だったのか・・・?
いたら少々厄介かもしれないが・・・。

 

お次は「きらめくパンジーさん」との組み合わせの戦闘パターン。
きらめくパンジーさんと戦う時は必ず1匹しか出現しませんが、きらめくパンジーさんが別の敵と一緒にいます。

きらめくパンジーさんは強すぎるし、他の敵もいたらますます手に負えないので単体でのみ戦闘にしたのか?

と思ってたら4匹セットもあった。

お、多すぎる・・・!!

もしもこれだけ一気に倒せたら
ものすごい経験値になるだろうけど、
きらめくパンジーさんの攻撃力は20。

4回食らったら・・・・・・。

すぐ逃げてしまう敵ではあるが、攻撃してくる可能性がないわけではない。
そして4匹いるということは、攻撃を食らう確率も4倍である。

普通に遊んでいるときは1回のバトルで
2レベル上がることは起こりませんが、
これらのきらめくパンジーさんを
一気に狩れたらそれぐらい上がりそうです。

複数できらめくパンジーさんが出ないのは
その処理がないためなのか強すぎて危険だからか。

低HP縛り中にどれか1匹でもゆっくりこちらに歩いてきたら、
それは即ち死を意味するのです。怖っ・・・!!

「めまわしスピーン」で先制をすれば何とか倒せますが、
安心して経験値を稼ぐためにも1匹で出てきてほしいものです。

←必死にアクションコマンドを成功させたものの、
 あえない最期を遂げた検証中のマリオ氏の勇姿

よく分かりませんが、こんな組み合わせもありました。
「パタクリボー」と「グレーカメック」が1匹ずつ。
明らかにゲーム内で見た覚えがありません。

背景からすると、ステージ7みたいだけど・・・。
なぜ、この期に及んでパタクリボー?

グレーカメックと他の敵との連携のデバッグ用なのか?

Youtubeで検索していたら見つけたのでこれも紹介。
まさかのコブロンです。

コブロンは、元々は敵として出る予定だったのか?!
それとも、ゴツゴツ山のあの場所に設置した後
「敵にしようかな」と思ったのか・・・??

これがそのときにみつけた動画です。
英語なのでクリオの「ものしり」も英語です。

This is a Whacka. That Bump on
his head looks like a donut hole.
You probably shouldn't have hit him so much.
He looks a little peeved.


という説明だが、読めない。

「戦闘パターン」ではコブロンを出せなかったので、
自分でしっかり調べることができませんでした。
なので、日本語の「ものしり」の説明が分かりません。

エキサイト翻訳にかけてみたところ。

これはWhackaです。
彼の頭のその衝突はドーナツ穴のように見えます。

恐らくあまり彼を打つべきではありませんでした。
彼は少しいらいらしたように見えます。


クリオ、何を言っているんだ?

ものしりをした時に分かるHP、攻撃力、防御力などの情報もありません。
なので、ものしりをしてもコブロンの下にHPは表示されません。(「HPミエール」をつけても出ませんでした)

実際に戦ってみたところ、
コブロンから攻撃してくることはありませんでした。

「めまわし」「しびれ」「ねむり」「おどろかし」全て無効。
「そしておほしさまに」も効きませんでした。強っ!

「はこびだし」をするとフリーズしました。強っ!!(?)

「はこびだし」は無効ではないようですが、
成功した時のグラフィックがないのかフリーズします。

唯一「ちからをぬいて」だけは効果がありました(上の画像。でも攻撃してこないから無意味)。

1ターンにどれだけダメージを与えても倒すことはできませんでした。
・・・が、ターンが終わると勝手に「タンコブ」を出します。

左の画像のようにタンコブを出すのですが、
検証中はアイテムの「タンコブ」が表示されることなく
このままフリーズしてしまいました。

フリーズしなかった場合、ハンマーで叩くとタンコブを出してコブロンは消滅し、
フィールド画面に戻るとタンコブを落とすということもありました。

・・・と、ここまでが最初にこのページができたときの内容でした。
その後、Simさんからコブロンの「ものしり」の英文を和訳したものをいただきました。

(前略)「コブロンだ。コブロンの頭のタンコブはドーナツの穴みたいだね。
たぶん、あまりたたいちゃいけないよ。コブロンは少し怒っているようだからね。」

協力元(Yahoo翻訳、母、英語の先生)」


という文章をもらって「日本語だとどんな文章なんだろう」と非常に気になり、すぐにまた調べ始めました。
検証の火をつけてもらったのです。

数ヶ月ぶりにマリオストーリーのデータを調べ始たので忘れかけていたことが多かったんですが、
マリオパーティの没データを調べた後だったのでちょっとだけスキルが向上していました。

・・・が、いっくらやってもやはりコブロンを出すことができない。
意味不明な数値群と何時間も戦い、あれこれ試しては撃沈、あれこれ試しては玉砕・・・。

そんな何も生み出さない不毛な戦いが長きに渡り続いたのですが、ついに執念が勝利しました。

で、出た・・・ッ!!

・・・ほ、本当に何時間も格闘したんですが、
ついにコブロンを出せました。

やってみりゃカンタンなことだったんだが・・・。
それに気づくまでが大変だったんだ・・・。

でも、出てしまえばもうそれでいいのです。よしよし。
とりあえず挙動を調べるために攻撃をしてみました。

カメキの「シュビビンコウラ」で攻撃してみました。
普通に「3」とダメージのエフェクトも出て、
問題なくダメージを受けてくれました。

通常しゃべっている時の口をパクパクさせる動きが、
コブロンのダメージを受けているときのモーションのようです。

しかし1ターンにどんだけダメージを与えても倒せないし、
1ターンが経過したら「タンコブ」を出すモーション、
大抵そのあとコブロンが消えてフリーズしてしまいます。

ピンキーの「バクハツ」で攻撃するとフリーズしました。

マップ上で「バクハツ」してもタンコブを落としません。
(「フニャ〜 すっごくいたいよ〜」と言っていなくなるだけ)

マリオの「ハンマー」で攻撃した時にフリーズしたのと同じように
タンコブを落とす動作を戦闘画面でしたために
フリーズしたというわけではないのだろうか・・・?

逆に、マップ上でやるとタンコブを落とす、
カメキの「カメキアタック」ではフリーズしません。

さて、では満を持して、クリオ大先生にコブロンのことをたずねてもらうことにしました。
先生、コブロンに「ものしり」をお願い致します!!

コブロンだ あのタンコブって タコヤキみたいだよね

たっ・・・タコヤキ!?「ドーナツ」じゃないんですか!?

海外ではTAKOYAKIは「Octopus fritters」とか言うそうですが、
確かに日本のものだから変更されるのはわかる気がします。

そして確かに「タンコブ」はたこ焼きみたいだなと思っていました。
さて、後半部分はどうなっているのでしょうか・・・。

マリオが あんまり 何回もたたくから
おこって 出てきたみたいだよ


お・・・怒って出てきた!?怒って!?コブロンが?!

衝撃のお言葉です。このコブロンは怒っているそうです。
全然そうは見えませんが・・・。

「あのタンコブって」と言うからには、
この戦闘になったときは既にマリオはタンコブを見ているはず。
つまり、何度も叩いている。

だが「怒って出てきた」というのはよく分からない・・・。
出てきたと言われてもマップ上のコブロンの姿と何も変わらないし、穴から出てくることもないし・・・。

・・・と、ここまでが追記したときの内容でした。さらに後日こんな情報を頂いたのである。

某掲示板でマリオストーリーのディレクターの知り合いで開発中のマリオストーリーを
知っていると思われる人の書き込みを発見しました。必要な部分だけ抜粋すると、

「居なくなったコブロンと低確率でバトル出来て、復活するって話しは開発版の事だったのかなぁ。」

と書かれていました。
もしかしてコブロンが「出てきた」というのは「出現した」という意味だったのかもしれません。
お忙しいときに失礼しました


お名前がありませんでしたが、ものすげえ情報をどうもありがとうございます!!
(情報部分のみ掲載させていただきました)

そっ・・・そういうことかーッ!!

謎が!謎が解けました!!
分かったぞ、コブロンの初期構想が・・・!!

つまりクリオの「何度も叩くから怒って出てきたみたい」というのは、
コブロンを何度も叩いてコブロンが死亡した後の話だったということか!!

フニャ〜もうダメだ〜 と言って消えてしまうコブロンだが、
実は死んでおらずたまにエンカウントする存在の予定だったということだったのか・・・!!

さらにもしかして「復活する」というのは、コブロン叩きまくり⇒コブロン消滅⇒低確率でエンカウント⇒
戦闘終了⇒コブロン復活⇒コブロン叩きまくりのエンドレス可能だったということか?!

あ、あんまりだ・・・。

もしくはエンカウントする=復活だとすれば、叩きまくり⇒死亡⇒レアエンカウントだがフィールドからは消滅
ということかもしれない。

どちらにしても、粘ればタンコブ取り放題ということになる。
叩きすぎて消滅しても実は死んでおらずレアモンスターとして出現し戦闘中に叩けばタンコブGETが可能。

・・・というのはやはり色々マズかったのか。
だがこの仕様にならなかったことによりコブロンは叩きすぎるとマジで死ぬということが確定したわけです。

コブロンを叩きまくりコブロンを怒らせるも、タンコブ目当てでエンカウントを狙いさらに叩きまくるのと、
コブロンを叩きまくり殺してしまうのは、どっちがよかったのか・・・?!

究極の選択・・・。

結論。
コブロンは叩いてはいけない。

叩かなければ何の問題もない!
我々は愛でるだけでいい!

コブロンは今日もとってもいい天気の
ゴツゴツ山で、登山客を癒すのでした。

今回で、コブロンを出す努力をしてその努力が実り、ちゃんと調べ終えることができました。
これにて、本当の本当にマリオストーリーの没データの検証は終了です。・・・おそまつさまでした。


・・・と思ったんですが、敵というか画像じゃなくて没テキストの検証結果は次のページで。





2013年7月28日




◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system