◆ゲームの内部データの没データ紹介 ファイアーエムブレム紋章の謎◆







没データと言ってもなんか微妙なトコですが、没になった「キャラの名前」の紹介です。

家にあった紋章の謎の攻略本に「改心したいいヤツだった」と紹介されていた、
ファミコン版「暗黒竜と光の剣」に登場したキャラ「ダロス」。

唯一の味方ユニットでの「かいぞく」のダロスさんですが、
スーファミ版では登場しませんでした。DSでは復活したらしいが・・・。

顔グラフィックはないみたいで、対応するであろう番号では違う画像になります。

ぼくはスーファミ版を先にやったのに箱田真紀さん作のあの有名な漫画、
「ファイアーエムブレム」は古本屋さんで全巻一気に買って読み耽りました。

マルスの祖国アリティアを裏切ったグラ軍が大量のシューターでやってきましたが、
「シューターって動けなくね?」と読んでいるときに思っていました。

あとカインやアベルが城内で堂々と騎乗しているのもナゾだったし、マチスがやたらイケメンだった。
色々スーファミと違ったんですがファミコン版とそんなに違うって知らなかったので漫画だとそうなんだと思っていました。

で、まあそのファミコン版にだけ登場した仲間のシューター「ベック」と「ジェイク」の名前もありました。
シューターが移動できなくなったからこの二人は削られたんだろうか・・・?
でもデータ的に名前があって驚きです。最初は出す予定だったのか?

ファミコン版では最終章で味方として戦ってくれたガトーさんですが、
ユニットとしての名前もちゃんと「ガトー」として入っていました。

なんで戦ってくれなくなっちゃったんでしょうか。
容量の問題か?「しさい」の挙動でいいじゃないか・・・。

「ワイラー」という名前のキャラクター。
恐らくは敵キャラ、章のボスキャラじゃないだろうか・・・と思う。

第一部の「マムクート・プリンセス」のボスかもしれない、
なんて勝手に思っている。チキちゃんがいる玉座を守る予定だったとか・・・?

しかしマムクートかは分からないし、顔グラフィックも多分コレじゃない。適当にこれにしただけです。
ただ、この「ワイラー」って敵キャラ、ファミコン版にも没キャラとして名前が残っています。

でもファミコン版でも画像は割り当てられていなくてどういう人なのかは全く不明。
つまりこのワイラーさんは、ファミコンでもスーファミでも没になったという可哀想な人なのです。当然DSでも・・・。

あまりに可哀想だったのでファミコン版のワイラーさんの戦闘シーン。

これはサウンドテスト中にスタートボタンを押すと始まる戦闘シーンのテストで、
敵と味方がどんどん入れ替わって戦闘を1回ずつしていっているところ。

そこに「ワイラー」という敵キャラも登場します。
・・・が、敵も味方もクラスがめちゃくちゃなので正しいクラスが分からない。

可哀想なのでとりあえず「かりゅう」の時のワイラーさんにしましたが、
顔グラフィックも詳しいデータもないので、かなり早い段階の没かも。

ファミコン版の第四章「草原の戦い」のボスキャラである、
「ベンソン」さんの名前のデータもありました。

でも顔グラフィックはないみたいです。
なのでこの画像も、名前の「ベンソン」の4文字以外はあまり意味がないです。

お次はファミコン版の第9章「ペラティの火竜」のボスのマヌーさん。
スーファミ版には「ペラティの火竜」のマップはありませんが、
ファミコン版では最初に出会うマムクートのボスです。

驚いたことにこの方、ちゃんとグラフィックがあります。
というか名前とグラフィックがちゃんと一致する。

まあ顔自体がショーゼンと完全に一致なんですが、
データの並び順的にマヌーさんの方がショーゼンよりも先に来ています。

もしかしたら、ペラティの火竜はスーファミ版で出したかったのかも?
紋章の謎で没になって残念なマップです。まあ全部残念だが・・・。

(この画像も見た目をよくして色々持たせていますが、データ的に意義があるのは「マヌー」という名前の3文字と、
顔グラフィックだけです。「かりゅう石」や「ドラゴンキラー」をスーファミで持つ予定だったかは不明です)

ファミコン版の第12章「アカネイア・パレス」に登場した、
名前つきの敵のパラディン「ヒムラー」。ちゃんと顔もある。

さらに後に村で出会うカミュさんがこのヒムラーが隠し持っていた「トロン」を
マルスに渡してくれる。という風に名前が後からまた出てくるキャラ。

で、名前もカオもあるのにボスじゃないので、
誰かで説得できないかと悩んだ人も多いという・・・。

そういうわけでその混乱を防ぐためか紋章の謎ではヒムラーさんは出てこなくて、
トロンは「アカネイア・パレス」のボスであるボーゼンさんが持っていたという設定に変更されています。

だが、DS版ではどういうわけか復活しており、仲間にする方法はないのかと幾らかの混乱を招いたという・・・。
そしてそのヒムラーさんの名前だけは、紋章の謎にデータとして一応入っているようです。

ちなみにDS版ではヒムラーさんは顔もあるし名前もあるけどセリフは一切ない上に、
トロンを持っていたのは紋章の謎と同じボーゼンという設定のまま。逆になぜ復活したのだろうか・・・。

暗黒竜と光の剣の第13章「グルニアの木馬隊」は、
紋章の謎では章ごと、ベックごと、削除されているのですが、
そこのボスのギガッシュさんの名前もデータとして残っています。

このマップは構成としてはなかなか楽しそうなんだけど、
シューターの紋章の謎においての仕様変更のためなくなっちゃって残念。
DS版ではちゃんと復活を果たしました。よかったね!

ファミコン版の第18章「グルニア黒騎士団」のボスのパラディン、
「スターロン」さんの名前データも残っていました。

・・・というか、ゲーム内に残っている没データとしての名前は、
存在を消された仲間か章ごと消えたマップのボスばかり。

ファミコン版の第21章「決戦マケドニア」のボス、
オーダインさんの名前もちゃんと入っています。
オーダイルではありません。

顔グラフィックは対応していると思われる番号の画像が
スケスケで透明になっちゃって背景が見えてしまいます。

ファミコン版の第8章「港町ワーレン」で仲間になった、
アーマーナイトのロジャーのお名前もちゃんとありました。

・・・だが、容量の都合なのか顔グラフィックがない。

アーマーナイトというクラスは没になっていないのに、紋章の謎でも「港町ワーレン」のマップはちゃんとあるのに、
説得するシーダももちろん没になっていないのに、存在が消されているというのはある意味一番可哀想かもしれん。

確かに彼を説得する会話はゲーム内で一番のナゾ会話とも言えそうな迷シーンなので、
シーダのキャラを崩さない為にも(?)、ロジャーは消えてしまったのかもしれない。DSでは復活したが・・・。

紋章の謎ではアーマーナイトいっぱい出てくるから一番消しやすい位置にいたのがロジャーだったのかも。

なぜか最後を飾る、みんなのアイドル「リフ」。
ちゃんとゲーム内に名前だけは存在していました。

しかし彼の「そうりょ」というクラス自体が消滅したので、
傷薬を作ったのか傷薬として生きたのか、などと今も語り継がれる・・・。

攻略本によるとリフは出したかったが、容量の都合で断念したとのこと。(没キャラのみんなそうかもしれないが)
「そうりょ」の挙動の画像を全部入れるには厳しかったし、リフ一人だけがおじいさんの回復役だったので
消すにはうってつけのキャラだったのかもしれない。

「シスター」に統一せずに「そうりょ」や「しんかん」にしてグラフィックを使いまわせなかったのかしら?
それともリフの顔グラフィックすら入れる余裕がなかったのか・・・?

というわけで、なんかファミコン版のことを長々と語ってしまいましたが紋章の謎にデータとして名前だけ残っている、
リフ、ロジャー、ベック、ジェイク、(+ガトー)、ワイラー、ベンソン、マヌー、ヒムラー、ギガッシュ、
スターロン、オーダインという文字のデータの紹介でした。ほとんどDSで復活してよかったよかった。



◆2016年4月追記◆

ガトーはDS版でちゃんと復活しています。
FC版と同じ最終章での加入だからか、ネット上にも殆ど情報がありませんが、確かに復活しています。

つまり、FC版でも没になっていたワイラーを除いて全員復活しているため、
DS版はリメイクの名に違わずFC版を忠実に再現していた事になります。


という情報を頂き、ガトーさんに関する文章を変更いたしました。
まさかDSではガトーさんが参戦していたとは・・・!調べ不足ですみませんでした・・・!!

情報どうもありがとうございました!頑張れワイラーさん!!





2014年3月24日




◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system