(新みらケミにはまだポケモンがほぼ登場していないので、旧みらケミの会話です)

ケミカ「なんかね、ポケモン総選挙720っていうのをやってたらしいよ」
ホウソ「ポケモン総選挙!?全部のポケモンで順位を決めるの!?マジで!?」
ポロニウム「今何匹いるか分からないけど、第一位から最下位まで決めるんだぁ」
クルス「えっ、ぼくは何位でした?」
全員「あー・・・・・・」
ケミカ「と、ともかくね、栄えある一位は!」
ホウソ「一位は・・・いや、ピカチュウだろ?やっぱしさ」
ケミカ「それがね・・・ゲッコウガなんだって」
ホウソ「グゲッコブガフォッ!?」
ケミカ「ほぼ言えてない・・・」
ポロニウム「ご主人様、イーブイは何位ですか?」
ケミカ「えっとね・・・すごーい大健闘だ、12位だって」
ホウソ「な、なして・・・?じゃあ、ピカチュウは2位?」
ケミカ「ううん、2位はアルセウス」
ホウソ「なぜに!?」
ケミカ「3位はミュウ」
ホウソ「ミュウ・・・わ、分かる気はするけど、それでも初代ポケモンで一位がミュウ・・・!?」
ポロニウム「ピカチュウは4位かぁ。落ちぶれたねえ」
ホウソ「ピカチュウが4位・・・?!ウソっしょ!?誰がポケモンをここまで引っ張ってきたと・・・?!
ゲームソフトの中で唯一「ピカチュウバージョン」ってのがあるのに!?
初代スマブラから皆勤賞なのに!?ポケモン=ピカチュウと言っても過言ではないのに!?」
ケミカ「「ゲッコウガはアニメでサトシとシンクロして活躍中」だって情報を頂いたけど、
スマブラでもアニメでも活躍してるから子供たちからも人気なんだね。確かにカッコいいね」
ポロニウム「えっ、時代は可愛さよりかっこよさ・・・?」
ホウソ「かっこよさ・・・俺、進化してもライチュウになるだけだし・・・かっこよくはないよな・・・」
ボラックス「・・・・・・。」
ポロニウム「次回作でイーブイがドラゴンやゴーストタイプで進化したらかっこよくなるかな・・・!」
ケミカ「かっこよさなら、かくとうタイプがいいんじゃない?」
ポロニウム「いや・・・」
ホウソ「それはちょっと・・・」
ケミカ「・・・あ。ちょっと待って。この「ポケモン総選挙720」って・・・」
ホウソ「なんだ!?部門別だったのか?!かっこよさ一位がゲッコウガで、可愛さ部門はやっぱ・・・?!」
ケミカ「いや、そうじゃなくてね。「一位のポケモンは劇場で配布される」みたいだよ・・・?」
ポロニウム「・・・え?」
ホウソ「・・・え、じゃあ劇場でゲッコウガを配布すんの?いらなくね?」
ケミカ「いらないわけじゃ・・・でも、そう思うと妥当な順位なのかな?」
ホウソ「アルセウスやミュウみたいな伝説のポケモンが上位に来るのはそりゃそうか・・・」
ポロニウム「だったら逆にイーブイの12位とかすごすぎるんじゃ・・・」
ケミカ「ミュウは初代VCで裏技で出してサン・ムーンに送れるから、手に入りにくいポケモンがいいよね。
一位になるのは配布しかされてないポケモンがよかったんじゃないのかな?」
ホウソ「そうか、そういうフィルタ越しの投票だったのか!人気投票ってワケじゃなかったんだな!?」
ポロニウム「配布してほしいポケモンの投票だったんだね、なーんだ」
ケミカ「よかったねホウソ。つまり、伝説のポケモンは手に入りにくい補正がかかってるってことだね」
ホウソ「ははは、よかったよかった!アルセウスやミュウに負けたわけじゃなかったんだな!」
ケミカ「・・・・・・あ。う、うん、そうだね・・・うん」
ポロニウム「どうしたんですか?」
ホウソ「まさかピカチュウが負けるわけねーよな、伝説のポケモンを抜いて考えればよかったんだ。はは」
ポロニウム「・・・あ、そっか。ゲッコウガは伝説のポケモンじゃないからピカチュウは実質・・・」
ケミカ「しーっ!!いつぞやのコイルと一緒とか言っちゃダメ!!」
ホウソ「ん?コイルがどうしたって?」
ケミカ「い、いやいや。さ、早く帰って いかりまんじゅう食べよう。お茶と一緒に」
ホウソ「??」
ポロニウム「だとしたらイーブイは5位ぐらい?やったね〜」
ホウソ「は?なに、ニンフィアが5位だったからイーブイのようなもんだって?」
ケミカ「そういうわけじゃなくて・・・いや、とにかく帰ろ。駆け足進め〜」
ポロニウム「はーい」
ホウソ「はいよー」

クルス「あれ?720位まで見たけどクルスの項目がなかったなあ・・・掲載ミスかな?」








2016年6月10日








◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system