ケミカ「というわけで、久々にポケモンの主人公でしゃべるみたいだね」
マリカ「こんなに増えるとは思わなかったな・・・」
ケミカ「初代の主人公のぼくと、金銀の主人公のマリカでNEW主人公をお迎えしようか」
マリカ「だな。どんなヤツかな・・・ナマイキなヤツだったら先輩としてビシっと指導してやるぜ」
ケミカ「仲良くしなきゃダメだよ。えーと、BW2の主人公・・・「キリ」っていうらしいよ」
マリカ「・・・って、そいつはどこにいるんだ?」
ケミカ「いないねえ・・・?」

キリ「第一印象が大切、笑顔、笑顔、笑顔・・・挨拶も大事・・・よろしく、お願いします・・・よし!!」
マリカ「なんか隅っこの方でブツブツ言ってるぞ・・・おーい、お前がキリか?」
キリ「うわああああ?!ひっ・・・人だ!!」
マリカ「人ですけど・・・あ、そのモサっとした茶髪にサンバイザー・・・」
ケミカ「あ、キミがBW2の主人公のキリだね」
キリ「あ、あ、ああああ・・・」
マリカ「俺は金銀とHGSSの主人公のマリカ。よろしくな!」
ケミカ「ぼくは初代とFRLGの主人公のケミカだよ。よろしくね、キリ」
キリ「だ、だだだ第一印象・・・違う、挨拶・・・挨拶だ挨拶・・・あ、あああ笑顔・・・」
マリカ「・・・おい?」
キリ「お、オレは・・・キリといいます・・・BW2の・・・主人公です・・・・・・
マリカ「おい声を張れ!!後半聞き取り不可だったぞ!」
キリ「ぅええっ・・・あの、あの・・・その・・・・・・いいです・・・・・・オレ帰ります・・・」
マリカ「帰るなーっ!!」
ケミカ「マリカ落ち着いて・・・キリ、大丈夫?そんな緊張しなくていいんだよ?」
キリ「あっ・・・あなたが、初代主人公・・・のっ・・・ぜえっ、ぜえ・・・・・・」
ケミカ「過呼吸になってる・・・はいはい、深呼吸深呼吸・・・」
キリ「すぅー・・・はぁ〜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
マリカ「息を吸え!!おいっ!なんなんだお前はっ!!」
ケミカ「そりゃあ初対面で緊張する人もいるって。リラックスして、ね」
キリ「は・・・はい・・・」

ケミカ「落ち着いた?大丈夫かな?」
キリ「ひえっ!あ、あのあのあの・・・」
マリカ「顔を上げなさいっての・・・」
キリ「すみません、オレ、すごい緊張しいの人見知りなんです・・・・・・・・・その、
人間の顔を見てまともにしゃべれなくて・・・・・・・・・か、帰っていいですか・・・」
マリカ「だから帰ろうとするなっての・・・」
ケミカ「でも自己紹介してもらわないと困るんだよね・・・どうしようか・・・」
キリ「あ、そうだ!これならきっと大丈夫です!!」
マリカ「おいどこに・・・フロシキに包まりやがった・・・」
キリ「目を合わせていなくて、オレを見られてないならなんとか・・・!
えーと、まず自己紹介の仕方は・・・あれ?本がない・・・」
ケミカ「なんだろうこの本・・・「人見知り・アガリ症の直し方必勝マニュアル」・・・?」
キリ「そっ、それ!オレの本です!返してください、オレのバイブルなんです!!」
マリカ「そりゃバイブルだろうな・・・」
ケミカ「ど、どうぞ・・・じゃあ毛布の中からでいいから、自己紹介してもらえる?」
キリ「ええと、第一印象が大事・・・自然な笑顔を作って口角を上げて明るい声で・・・」
マリカ「笑顔は見えないし声はこもってるけど・・・」
キリ「オレ、キリっていいます。BW2の主人公で・・・ヒオウギシティから・・・・・・
・・・・・・あ、ヤバい・・・すげえ緊張してきた・・・」
ケミカ「くるまっててもダメなんだ・・・」
キリ「イッシュ地方のヒオウギシティってところに・・・住んで・・・ます・・・ポケモンをもらって・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ケミカ「・・・・・・静かになっちゃったね」
キリ「・・・・・・・・・・・・・・・」
マリカ「布の下で死んでんじゃねえのか・・・?」



リツキ「・・・えっと、なになに・・・ポケモンXYの主人公とここで会話する・・・?」
ラッテ「あ、リツキ!XYの主人公と会話するのはぼくたちなんだね!」
リツキ「うわ、なんだその背後のタマゴの量は・・・」
ラッテ「孵化厳選の作業の真っ最中でさ!ちゃんとルビサファはストーリー進んでる?」
リツキ「あー・・・最近やってないんだけど、一応四天王には勝ったよ」
ラッテ「そっか。先輩として心配してたんだよ、よかったね」
リツキ「ゲーム的には俺の方がだいぶ先輩のはずなんだけど・・・」
ラッテ「あっ、タマゴが孵った!・・・けど、4Vか・・・逃がそ。ちょっと待ってて逃がしてくるから」
リツキ「4Vならいいじゃんか・・・ならそのタマザラシくれよ・・・。」

リツキ「XYの主人公ってどんなヤツだっけ?あー、腹減ったな・・・」
ラッテ「お待たせ!あれ?まだXYの主人公の「ミロ」って人、来てないの?」
リツキ「うん、まだ・・・ラッテ、肉まん食べる?1つあげるよ」
ラッテ「いいの?じゃあお言葉に甘えて・・・いただきまーす」
リツキ「あ、裏紙捨てるとこあるかな。あ、あった。ゴミ箱・・・・・・・・・」
ミロ「ん?捨てるの?それなら頂いてもいいかな?」
リツキ「うわ!!お前、もしかして・・・・・・」
ラッテ「リツキ、どうしたの?・・・あ、XYの主人公の・・・」
ミロ「ルビサファの主人公のリツキ、BWの主人公のラッテ・・・だね。はじめまして。
ボクはXYの主人公のミロ。なぜここに呼び出されたのかは聞いてないんだけど教えてくれるかい?」
リツキ「あの・・・その前に、何でゴミ箱あさってんのか教えて欲しいんだけど・・・」
ミロ「ゴミ箱だなんて可哀想な呼び方はよしてあげてくれたまえ。
この箱は、世界中のいたるところに設置されている宝箱だよ。ボクは宝探しをしているんだ。
中を少し覗いてみれば、宝物が見つかるかもしれない・・・ステキだろう?」
ラッテ「・・・・・・。」
リツキ「・・・・・・。」
ミロ「ところでこの裏紙の肉まんの味は・・・あのコンビニのモノだね?」
リツキ「・・・・・・なあ、ラッテ・・・会話しなきゃダメか・・・?」
ラッテ「・・・ぼくも帰りたいよ・・・」
ミロ「おや、こんなところにまだ中身が残っているポテチのふく」
リツキ「やめろー!!拾うなー!!」
ラッテ「や、やめて直視できないから・・・!その、ここで自己紹介をしてもらいたいんだよ・・・」
ミロ「自己紹介?ボクのかい?構わないけど・・・ちょっと喉を潤してからにしようかな」
リツキ「・・・おい、お前・・・その飲んでるやつってもしかして・・・」
ミロ「これはさっきそこで拾った中身が半分残っていたオロナミ」
リツキ「言わんでよい。なんだよ、お前結構かっこいいのに・・・」
ラッテ「・・・だよね、見た感じはオシャレな美青年って感じなのにな・・・」
ミロ「ふう・・・では改めて。ボクの名前はミロ。ポケモンXYの主人公だよ。
好きなことは、節約やリサイクル。いたって普通のポケモントレーナーさ」
リツキ「勝手にポケモントレーナーの品位を落とさないでくれ・・・」
ラッテ「・・・拾い食いは節約とは違うよ・・・」
ミロ「拾い食いとはまた人聞きが悪いね。まだ使えるものを使う、食べられるものを食べる。
それのどこがいけないというんだい?すぐ食材を廃棄処分にするのはもったいないじゃないか」
リツキ「それはそうだとは思うけど・・・落ちてるモノ食ったら腹を壊すぞ・・・」
ミロ「ご心配どうもありがとう。でもお気遣いはいらないよ。
ボクはいままでお腹を壊したことは人生で一度もないんだ」
ラッテ「人間じゃねえ・・・お腹の話は置いておいて、どこを旅しているの?最初のポケモンは?」
ミロ「まだXYはプレイしてないから分からないよね」
リツキ「それじゃただの拾い食い野郎でしかないぞ!!」

こんなとんでもねえキャラでした。
BW2とXYの主人公を愛していらっしゃる大勢の方、大変申し訳ございません。

アルベルト「蒼穹のアストロラーベよ、なぜぼくは今回会話に加われなかったのでしょうか・・・」
ビフィズス「出てくると面倒だからでしゅよ・・・」








2014年6月1日








◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system