ミミィ「ねえねえキティちゃん」
キティ「なに?」
ミミィ「私が急に話しかけるんだから、もう少し警戒してよ」
キティ「・・・・・・なんだって?」

キティ「ミミィに警戒してどうするの、たまにヘンだけど私の可愛い妹でしょうが」
ミミィ「わーい、キティちゃん大好き!」
キティ「よしよし。今日は普通だね、いつもこうだといいんだけど・・・」
ミミィ「でね、ほらほら、2014年のカレンダーをもらったの」
キティ「あー、もう2014年かあ。それで、どんなカレンダー?」
ミミィ「なんとサンリオのカレンダーだよ!しかもハローキティの!」
キティ「えっ!それはスゴイのもらっちゃったね、見せて見せて!」



キティ「・・・・・・。」
ミミィ「ねえ、これって魔女じゃない?」
キティ「・・・・・・。」
ミミィ「ねえ、これって魔女じゃない?」
キティ「・・・・・・・・・・・・。」
ミミィ「見た感じ何の魔女かな。ローラースケートの魔女?それとも南国の魔女かな」
キティ「ま、魔女じゃないって・・・」
ミミィ「キティちゃん、絶望しちゃったのか。何を願ったの?」
キティ「契約もしてないって・・・」

キティ「ほら、下の方見てよ「マリスカル」ってあるでしょ」
ミミィ「え、イヌカレー?」
キティ「どんな耳してんの。ハビエル・マリスカルさんっていうデザイナーとハローキティのコラボのカレンダーなんだって」
ミミィ「へえ・・・こんな感じの作風の人なんだ・・・」
キティ「そうみたいだね。独特で面白いじゃない」
ミミィ「すごい、この絵なんて間接がない上に手足がすごく長いよ」
キティ「そ・・・そうだね」
ミミィ「こっちは古代エジプトみたいなメイクしてる!キティちゃんの面影はもはや輪郭だけだよ!」
キティ「・・・・・・。」
ミミィ「さすが、やっぱり有名なキティちゃんは私とは違うんだね・・・すごく似合ってる。この上なく」
キティ「ありがとう、でもなんか素直に喜べないなあ・・・」

← 11月の絵

ミミィ「・・・やっぱ魔女じゃない?」
キティ「魔女じゃない!!」





(このカレンダーは家に飾って一年間大切に活用します)








2014年1月6日








◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system