レリカ「ええー!?またやるんですか?!」
フラット「嫌なの?ハッキリ言いなさい?」
レリカ「イヤ・・・・・・じゃないです・・・」
フラット「じゃ、今回もまた相談に乗ってあげましょう」
レリカ「・・・全然解決しないんだもんな・・・」


投稿者:ベルリラ

昔の記憶がありません。何があったんでしょうか。

「これ!ベルリラからじゃないですか!!」
「あら、記憶喪失なのかしら・・・お気の毒ね」
「いやいやいや!これ月光石を探しに行かせているベルリラの・・・!」
「ごちゃごちゃうるさいわよレリカ、公平に相談は受けるものなの」
「・・・は、はあ・・・そうなんですか」
「もう一度同じショックを受けてみたらいいんじゃないかしら?」
「もう一度死に掛けろと・・・」
「それがダメなら、無理に思い出さないほうがいいわ。」
「おっ、割とまともなことを」
「もしくはオレンジ色で星が中に入った玉を7つほど」
「それはダメなんですよ!!」


投稿者:カリナ

好きで仕方ない人がいるんですが、片想いです。
その人には奥さんもいます。どうしたらいいですか?

「なんですかこりゃー!」
「あら、妻子のある人を好きになってしまったのね・・・」
「その好かれている人は御大様の父上じゃ・・・」
「どうしたらいいかしらレリカ」
「何でこういうときに振るんですか!あきらめるしかないでしょう!」
「あら、でも好きで仕方ないって言っているのよ。可哀想じゃない」
「で、でも・・・」
「片想いというのは辛いものよ。想いを抱え込んでも、それを絶対に言い出せないなんて・・・」
「・・・そうですが・・・」
「さて、そろそろドラえもんの時間だわ」
「解決してくださいよ!!」








2009年9月20日








◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system