伝説のスターブロブ2を根底から覆すような事件が起きました。
これはマジで大変です。マジで大変です。

ブロビー「大変って?なにが大変なんだ?」
少年「あ、先生・・・サイトトップとはものすごく久しぶりですね」
ブロビー「全くだ!ブロバニア星の王子たる私が蔑ろにされているとは」
少年「あの、そのことなんですけど・・・」
ブロビー「どーした?」

少年「このサイトの名前は何ですか?」
ブロビー「伝説のスターブロブ2だろ?開設当初は「伝説のスターブロブ★」だったが」
少年「ですよね。このサイトのジャンルは何ですか?」
ブロビー「ゲーム攻略&ゲームイラストじゃないのか?」
少年「御名答です。サイトで一番最初に攻略したゲームは何ですか?」
ブロビー「ソロモンの鍵だが打ち切ったから なぜか「ふしぎなブロビー」ということになっているな。」
少年「サイト名にも入っているその「ブロブ」改め先生の名前「ブロビー」なんですが・・・」
ブロビー「どうしたんだ少年、さっきから妙に歯切れが悪いぞ?」
少年「先生の・・・本当のっ・・・」
ブロビー「ほんとの?」
少年「先生の本当の名前、「ブロバート」って言うんですよ!!」
ブロビー「な、なんだってー?!」

ブロビー「ほ、ほんとかそれ?どうやって知ったんだ?」
少年「管理人はソフトしか持っていないんですが、説明書情報を頂きまして・・・」
ブロビー「ふしぎなブロビーの説明書!私も見たことないぞ!」
少年「なんで・・・いや、それで、説明書には先生の本名が「ブロバート」だと書いてあるんです」
ブロビー「がびょーん・・・そうだったのか・・・」
少年「さらに、先生はぼくの「異星人のお友達」なんですって・・・」
ブロビー「おともだち?」
少年「ぼくが住んでいる時代(今と同じ21世紀)は異星人と友達になることが珍しくないそうで」
ブロビー「わ、私みたいなのが地球にいっぱいいるの?怖い・・・」
少年「自分で言っ・・・」

ブロビー「私の本名がブロバート・・・で、愛称がブロビーだったのか・・・」
少年「ストーリーも微妙に違ったんですよ」
ブロビー「それならふしぎなブロビー攻略ページをまた変えないといかんのか」
少年「そうですね。そういえば勝手に名前をつけた「メダル」は本当にメダルだったみたいです」
ブロビー「ほえ〜・・・ところで、私の本名が判明したわけだが」
少年「え?」
ブロビー「少年の本当の名前は何というんだ?まさか「少年」じゃないだろ?」
少年「・・・」
ブロビー「・・・あれ?」
少年「・・・・・・」
ブロビー「・・・もしかs」
少年「ぼくの名前は「ボーイ」だそうですよ!!悪いですかっ!!」
ブロビー「うわーん!悪くないよう!!ちょっと訊いただけじゃないか〜・・・」
少年「なんで、なんでぼくには名前がないんだろ・・・」
ブロビー「お、落ち込むな少年!私は例え少年に名前がなくとも構わないぞ!」
少年「先生・・・」
ブロビー「少年・・・」
少年「・・・先生、実は王子とかじゃないんですって」
ブロビー「な、なんだってー!?」



というわけで、「ふしぎなブロビー」のことが色々と判明してしまいました。
結構ショックだ・・・どうしましょ、どうしようもない・・・ので、今後もブロビーの性格はそのままだそうです。








(2012年6月14日)








◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system