◆◇第24回 フレンドシップ会議◇◆






ミミィ「キティちゃーん!!」
キティ「へあ!?み、ミミィ?どしたの?私たちここでしゃべるようなキャラなの?」
ミミィ「こまけぇこたぁいいんだよ!!」
キティ「キャラ崩壊にもほどがあるよ・・・あ、私たち「ハローキティワールド攻略ページ」に出てまーす」
ミミィ「キティちゃん・・・キティちゃん、本当に私のこと双子の妹だって思ってる?」
キティ「お、思ってるよ・・・?私たちどう見ても双子じゃない。そっくりだよ」
ミミィ「そうだよ、私とキティちゃんはそっくりだよ。だからこそ、ママは私たちに何をしてくれた?!」
キティ「え・・・公式では、二人の見分けがつくように赤と黄色のリボンをつけたって・・・」
ミミィ「キティちゃんが赤、私のリボンが黄色。マリオの帽子が赤、ルイージの帽子が緑なのと同じだよね」
キティ「同じなの・・・?」
ミミィ「キティちゃんはヨッシーアイランドやったことないの!?赤子の頃から二人は帽子かぶってんだよ!?」
キティ「お、落ち着いて。ほら、このマタタビ飴を食べなさい」
ミミィ「にゃんにゃーん」

キティ「ミミィは私の大事な妹だよ、一緒にティッピーを助けに行ったじゃない。どうしたの?」
ミミィ「本当にそう思ってくれてる・・・?」
キティ「本当だよ。ミミィのことは本当に大事に思ってるよ。ね?」
ミミィ「ダニエルより?」
キティ「う・・・うん」
ミミィ「ジョディより?」
キティ「うん・・・」
ミミィ「トレーシーより?」
キティ「・・・うん」
ミミィ「トーマスより?タイニーチャムより?」
キティ「うん・・・ってかダニエル以外ネコじゃないしタイニーチャムは人形でしょ!」
ミミィ「でもタイニーチャムは動くよ?なんで?」
キティ「私に聞かれても・・・ほんとにミミィのことは大事に思ってるってば・・・」
ミミィ「キティちゃんにダニエルだとして、私にボーイフレンドはどうしていないんだろう?」
キティ「み、ミミィの性格が「内気で恥ずかしがり」だからじゃない?」
ミミィ「マリオにピーチ、ルイージにデイジーって双子だから一人ずついるじゃない。おかしくない?」
キティ「マリオにピーチ姫は多分公式だけどルイージとデイジーは特にエピソードとかはないでしょ・・・」
ミミィ「・・・DSで「ミミィマンション」とか作ってもらおうかな」
キティ「お化け屋敷はやめようよ・・・。」

ミミィ「とりあえず本題に入るよ。クレジットカード会社のセディナの公式HPを見てたんだけどね」
キティ「こんなサイトからリンク貼って大丈夫か?」
ミミィ「大丈夫だ、問題ない。ほら、この3種類のカードの真ん中のカードを見てよ!!」
キティ「真ん中・・・?ああ、黄色いカードだね・・・」
ミミィ「そうじゃないよ、キティちゃんのリボンの色!黄色くない!?黄色いよね!?
私のアイデンティティである黄色のリボンをキティちゃんがバッチリつけてるよね?!これじゃあ私どうしたらいいの!?」
キティ「え・・・あの、その・・・」
ミミィ「もはや最近は赤いリボンをつけてすらいないキティちゃんだけど、黄色のリボンは私の唯一の目印だったのに!
ひどい・・・ひどいよキティちゃん・・・やっぱり私のことなんて予備ぐらいにしか思ってないんだ・・・」
キティ「よっ・・・・・・大丈夫、風邪ひいても仕事頼んだりしないって・・・とりあえずマタタビ飴あーん」
ミミィ「にゃーん」
キティ「違うよミミィ、このカードは黄色のリボンをつけてたんじゃないんだよ」
ミミィ「にゃん?」
キティ「赤いリボンをつけた1枚の写真の色相を変えただけ。黄色のリボンはミミィだけのものだから安心して」
ミミィ「そうなんだ!よかった、キティちゃん私を裏切ったわけじゃないんだね!」
キティ「うら・・・・・・とうぜんじゃない、ほらもう泣かないでサイゼリヤ行こう?」
ミミィ「うん!ミラノ風ドリア食べる!」
キティ「今日は温泉タマゴのってるやつにしていいよ〜」
ミミィ「にゃにゃーん」




ハローキティファンの方々、セディナ、サイゼリヤに心よりお詫び申し上げます。








2013年1月14日








◆目次に戻る◆





inserted by FC2 system