なんか突然「コロコロカービィ」の話。
海外版のコロコロカービィを見ていてビックリしたのだ。

コロコロカービィとはゲームボーイカラー専用ソフトで、ソフトにセンサーが入っており
ゲームを傾けるとカービィがそっちにコロコロ転がる箱型おもちゃのようなゲームです。

そう、コロコロリンクの元ネタです。

それの続編である「コロコロカービィ2」が出る予定でした。
ゲームキューブ&ゲームボーイアドバンスで遊ぶソフトでした。

こんなゲーム画面です。
(Youtubeからキャプチャしたもの)

画面はゲームキューブなので、
ゲームボーイよりずっとリアルでポップで可愛い。

ゲームボーイアドバンスを動かすので
センサーはそっちに入っていました。

(というかゲームキューブのコントローラに
センサーがついてない)

そしてゲームボーイアドバンスにも画面はあるのでそっちも使い、
当時のスペースワールドの情報によると

GC画面で落下したらGBAでデデデ大王をうまくコントロールすればキャッチでき、
GBAからカービィを打ち上げ復帰する
というシステムだったらしい。

落ちても復帰可能ってところがカービィのピンボールに似てます。
コロコロカービィはあまりに難しくて途中で詰まってしまっているが、
ステージ内に設置されているものはGBC版もGC版も同じ感じです。

だけど結局カービィのゲームとして開発は中止となり、カービィ要素を取り除いたソフトへ。
でもそのソフトも結局開発中止となって、コロコロカービィ2は世界から消え去った・・・。

というお話です。
ぼくとしてはコロコロカービィはもちろん楽しくて、当時遊んでいた友達がうらやましく、
やっと購入してプレイしたときはゲームキューブアタック!とかで楽しみました。コミュニティ専用動画です。

そのコロコロカービィ2からカービィ要素を取り除いたゲームに一度なったわけですが、
ゲーム画面はこんな感じです(海外サイト様からお借りしました)。

・・・・・・うーむ。
確かにカービィ要素は取り除かれている。

だがチェック柄の天井や壁、
何より自機がピンク色ではないか。

この無機質な球体をコロコロ転がし、
やくものをくぐり抜けてゴールを目指す・・・。

・・・楽しいか??
だからこそ、開発中止になったわけだが・・・。

カービィ要素は大事でした。ゲームとして面白いのかもしれないが、視覚的な楽しさや
わくわくのカービィBGM、敵やアイテムがあるからこそさらに楽しくなるわけです。

ただぼくはコロコロカービィのあまりの難易度の高さに、
手足があるんだから歩けよ!!という逆ギレをしそうになったこともあります。

だからタッチ!カービィでは手足がなくなったんだろう・・・。

さてそろそろ本題に入りますが、このカービィ要素が取り除かれた無機質ピンク玉ゲーム、
「Roll-o-Rama」というタイトルだったらしい。読みは「ロール・オ・ラマ」・・・か?

ぼくはこんな単語を知りませんでした。Youtubeで検索したら宙返り系の動画がいくつかHIT。
あとはスケートボードで坂から飛び出す競技っぽいのをやっている画像もありました。

だがしかし、ぼくは生きてきてそのRolloramaという言葉は知らなかったのだ。
変わった名前だなあカービィと関係ないなあなんなのかなあと思って生きていました。

そして今日、コロコロカービィの海外版の動画を見ていてビックリ。
コロコロカービィのミニゲームに「カービィのマルチボール」というのがあるのだが・・・。

こんなゲームです。

複数の穴に複数のカービィを
同じフィールドで入れるというルール。

右に傾けりゃ全員右に転がるが、
一つは左に入ってほしいから、
穴に入ったら後はそーっと動かすべし。

・・・という、現実世界にもある箱のおもちゃの
ボールを穴に入れるゲームです。

マルチボール、つまり「複数のボール」という意味。
普段1人のカービィをそのミニゲームでは複数操るので意味はとてもよく分かります。

そしてこの「カービィのマルチボール」、海外版だと「カービィのロール・オ・ラマ」という名前なのです。

これがタイトル画面。
「KIRBY'S ROLL-O-RAMA」と書かれています。

まさかコロコロカービィのゲーム内に、
ぼくが今まで聞かずに生きてきた単語である
「ロールオラマ(ろーろらま?)」があったとは
思ってもみなかったのである・・・。

つーわけですんごい驚いたのですんごい雑なコロコロカービィ2とロール・オ・ラマの話でした。
教訓:ゲームにおいてゲームとしての面白さは大事だが、キャラクターも大事である。

無機質ボールを動かしてあれこれやりたいのであれば、箱のおもちゃで遊べばよい。
もしくはコロコロリンクでよい。





2015年7月3日






◆目次に戻る◆






inserted by FC2 system