ずっと話したかったんだけどのびのびのびになっていたお話。

まだ全部読んでないんだけど任天堂の公式サイトのとあるページ、
「ポケットモンスター」開発スタッフインタビューというページにとある話題が。

そこの文章をそのままちょっと掲載させてもらってしまおう。


5.どこが違う? セーブ音のナゾ

『赤』『緑』『青』『ピカチュウ』では、それぞれセーブするときの音が微妙に違う。
これは、サウンドを担当した増田さんがこっそり仕掛けたものなんだって。
ちょっとマニアック!?



ちょっとやそっとじゃないッスよ。
・・・でもコレ、かつて緑と赤を遊んでいるときにふと思ったことはありました。

だがゲームボーイの処理落ちだろうなどと考えていて全然気にしていませんでした。
セーブするべき情報量が多かったのかな?みたいに勝手に思っていたのです。

が、ちゃんと公式サイトで明言されちゃっている。
ということは、意図的にセーブ音を変えているということ・・・!!

なので、録音して比較してみることにしました。

まずは、赤と緑を比較してみましょう。
最初はこの2本のソフトしかなかったわけで、違いは確かにあります。

左が緑、右が赤の音が流れます。音量にご注意ください。
緑の方が高くて、赤の方が低くなってから上がり音も多いような気がします。

赤と緑で違うところはデフォルト名やポケモンの出現率などだけではなく、
レポートを書いたときの音も含まれていたとは・・・!

さて、ところで赤緑青ピカ版のそれぞれで音が違うという話でした。
青とピカチュウバージョンのレポートの音も聴いてみましょう。

左が青で右がピカ版。ううむ・・・違う・・・ような・・・!?
違うと言われてから聴くと確かに違うとは思いますが、言われないと絶対に気づかん。

ってかこの二つと赤の違いも微妙なところです。ほっとんど同じに聞こえます。
録音環境は大分気を遣ったんだが・・・・・・。

耳でよく分からない違いは、目で比べよう。
ということで、波形を見てみました。



左から緑、赤、青、ピカ版の順番に並んでいます。違う・・・ような・・・・・・!?
確かに全く同じというわけではないようです。

純粋に音の長さから言っても、画像を重ねて比べてみましたが緑が一番短い音でした。
その次に赤が長くて、その次に長いのが青とピカ版。この二つは長さも全く同じ。

じゃあ通しで聴いてみましょう。緑、赤、青、ピカ版の順番に流れます。

うむ、やっぱ分からん。緑以外の3つの違いはプレイしていてまず気づかんだろう!
注意して聴くと「同じではない」ということは分かる。波形を見ても「確かに違う」ということは分かる。

でも「微妙に違う」という言葉のとおり、微妙すぎて4種類もあるとは思わんかった。
赤と緑の違いはともかく・・・増田さん、こりゃ気づきませんよ!



ところで今回のこの音はどうやって録音したのか?
ゲーム中は常にどこでもBGMが流れていて、セーブするとBGMも一緒に入ってしまいます。

BGMのない場所はない。マップ切替によって途切れることはあるけど、そのときはレポートは書けない。
なんとかBGMナシでセーブ音を録音できる場所はないかと走り回りました。

サファリゾーンはどうだろう・・・トキワの森はずっと待っているとBGMが寂しくなったような・・・。
ポケモンタワー・・・ポケモン屋敷・・・うーん・・・と録音ポイントを探す。

そこでふとアイテムを見てみると、ありましたバグアイテムが。
ポケモンを呼ぶ笛を使うとBGMがフェードアウトしていきます。これは使える・・・!!

・・・と思ったけど、その裏技をやるときは勝手にポケモンの笛を吹いてウィンドウが閉じて、
戦闘が始まってマスターボールを投げて戦闘が終わりマップ画面に切り替わりBGMが流れ出す。

これじゃダメなので、ポケモンを呼ぶ笛が失敗するポイントで裏技を実行。
晴れてBGMだけが消えて普通に動かせるようになったので、セーブ音だけを録音できたのでした。

めでたしめでたし。結局バグで切り抜けたのでした。









2015年5月23日








◆目次に戻る◆




inserted by FC2 system