ファミコンのプレイ日記のページから持ってきた文章。

祖母宅でファミコンソフトを無作為に遊びまくっていたときに、「バイナリィランド」もやりました。
結構な面を遊んだが適度なところで電源オフ。このゲームは好きです。ペンちゃん可愛い。

このペンの名前はグリンとマロンといって、何度も交差させると・・・あれ?
今「バイナリィランド」で検索したら・・・。

上位にHITしたのが任天堂のHPだ。3DSって書いてあるからバーチャルコンソールで出てるんだ。
そのバイナリィランドのページが・・・。



グリンと「ロマン」。誰。

おーい!キャラ名間違ってるぞ!!下の説明は合ってるのに、上のデカい文字で堂々と間違ってるぞ!!
誰も気づかなかったのか・・・?キャラ名の間違いはマズいのでは・・・?
タイトル画面にも書かれるキャラクター名なのに・・・ど、どうでもいいんだろうか?さみしいなあ・・・。

それとも閉じ込められたのはペンギンのグリン、そして彼のロマンもまた閉じ込められたということか。
そうか、そういう抽象的な話か。そうだね。うーん、ロマンチック!

・・・さて、次に遊んだのは「ルパン三世 パンドラの遺産」。
だが画面がバグりまくり、それを直さず遊んでいたのでまともに遊びませんでした。
キャラも物もまともに表示されないのにハルクの屋敷の中盤まで進んでしまった。

ほかにもキングスナイトとかシティコネクションとか色々遊んだんだけど、とりあえず今日はここまで。

し、しかし、グリンとロマンて・・・。
いつか訂正されることを祈ろう・・・。



・・・というのが、2016年5月に書いた文章でした。
月日は流れ、2017年3月・・・。

たまたま、なんとなく、バイナリィランドのバーチャルコンソールのページを開いてみました。
なんと・・・誤字が、訂正されていた。

ま、マジで!?任天堂の公式ホームページで後日内容が変更されることとかあっちゃうの!?
でも、ちゃんと 鏡の迷路に閉じ込められたグリンとマロン。 と、正しくなっています。

過去の日記では「いつか訂正されることを祈ろう」と言っていたんだけど、
まさか、祈りが通じるとは。そんなことってある!?

いや、もちろん巨大な企業の公式ホームページであろうと、
一度アップロードしたページの内容を訂正することはあるだろう。

だが、「グリンとロマン」って書いてあって、それがミスだと任天堂の人が気づく・・・か?
そのページ、一度作った後に任天堂のどなたが見たというのだろうか?
ミスだって気づくもの?そりゃあぼくらは気づくだろうけど・・・。そしてそれを後日ちゃんと訂正するんだ・・・?

それなら、ソロモンの鍵のバーチャルコンソールのページで、
取扱説明書で「悪魔の封印」の説明に使われている画像が、
どう見ても「カミーラの鏡」で間違っているのは訂正されているかな!と期待しました。

そっちは直ってなかった。PDFファイルだもんね・・・。
訂正すんのメンドーだよね・・・。

ぼくがたまたま知っているファミコンソフトで、公式HPとかめったに見ないぼくが
たまたま見たバイナリィランドのページでたまたま誤字を見つけただけで、
そういうことって実は結構あるのかもしれない。公式であろうとも・・・。

バイナリィランドのプレイ日記を書いたのは去年の5月で、
少なくともその日から何度かは見たけどロマンのままだったのは見ました。

一体いつ直ったのか、誰かが直訴しに行ったりしたから直ったのか、
公式様とコンタクトをとることなど不可能なので永遠の謎ですが、
祈りって通じるんだなあと またひとつ幸せになった。

ちなみにきょうのあなたの運せいは、大キョウ! です。

ダメじゃねーか。



・・・ところで、そのバーチャルコンソールのページを見てもう一つ思ったこと。
「メーカー」の項目が「KONAMI」とある。

・・・た、確かに、現在はKONAMIかもしれない。
だが「バイナリィランド」を作ったのは、このゲームを作ったのは「ハドソン」だったはずだ。

今は「ハドソン」は存在せず「KONAMI」の一部となってしまったわけだが、
「バイナリィランドを作った」のは「ハドソン」ではないのだろうか?

任天堂のホームページから、ハドソンという単語は消えうせてしまったのだろうか・・・。
と、切なくなってWiiのバーチャルコンソールの「バイナリィランド」のページも見てみた。

そこではちゃんと「メーカー:ハドソン(現KONAMI)」と書かれていた。
そうそう、これだよこの表記の仕方だぜ・・・よかった、安心しました。



「バイナリィランド」で検索してみたら、3DSとWiiの二つのソフトがヒットしました。
同じゲームが並んでいるのにメーカーが違うことになっている・・・。

ハドソンよ、永遠に。
ぼくたちはキミの功しを忘れない。









2017年3月7日








◆目次に戻る◆




inserted by FC2 system