(書いたことを忘れて1ヶ月以上放置していた!慌ててページを上げました。)
ここ最近狂ったように迷宮組曲攻略ページを書きなおしていたのには理由があります。
前にソロモンの鍵攻略ページを書き直したのは開発中の画面の話をするためでした。

実は今回はこの話をしたいがために攻略ページをリメイクしたのだ・・・。

迷宮組曲の続編、「ミロンのほしぞらしゃぼん」はレビュー兼プレイ日記のページがあります。
そのページを見ていると、何か違和感があります。

これは「迷宮組曲 ミロンの大冒険」のヒロイン、エルシラ王女です。
迷宮組曲の舞台であるエプシロン星の七つの谷を治める王女様です。

ゲーム内では名前は表記されることはなく説明書や攻略本でのみ確認可能。

・・・でも、助けるべきお姫様の名前って重要ですよね。

「スーパーマリオブラザーズ」だって、「ピーチ」という名前は画面に出ませんでしたが、
つまり説明書や攻略本などだけで確認可能な名前だけど、重要人物の名前だからみんな知ってる。

いや、知っているかどうかはこの際関係ない。
「エルシラ」という名前は「迷宮組曲」において重要なワードだよね!ということが言いたいのだ。

普通の人は知らないだろう。だが、迷宮組曲が好きな人は知っているワードのはずだ。
なのに、なのに・・・それなのに・・・。

迷宮組曲の続編「ドレミファンタジー」は続編だけどストーリーは直接繋がっていません。
舞台はエプシロン星ではなさそうだし、エルシラも魔人マハリトも出ない上に
ミロンの設定も全然違うので、パラレルワールドっぽい感じです。

さらにもう一つ迷宮組曲の続編があります。
それがDSのゲーム「ミロンのほしぞらしゃぼん」。こちらは舞台はエプシロン星であり、
なんとこの王女様もプレイヤーキャラとして登場するのです。オープニングにもちゃんと出てきます。

とある宇宙に、エプシロンというお星様がありました。
いつも音楽があふれるとても平和な星です。


迷宮組曲のエプシロン星と同じ設定です。
そう、迷宮組曲の世界観を受け継いでいるゲームなのです・・・!

その星に住むミロンはお友達のルシエラや
おじいちゃんとのんびり暮らしていました。


そして我らがミロンが登場。おじいちゃんと暮らしているようです。
まだ楽器が弾けないという設定も迷宮組曲と一応同じ。

・・・って、待て。
待て待て。なんと言った?

「お友だちのルシエラ」?
ルシエラ?!なんだそれは?!誰だお前は!?

王女の名前はエルシラだろうが!!
使われている文字は同じだが「ラ」しか位置が合ってないぞ!!

・・・そう、恐るべきことに王女様の名前が間違っているのです。
迷宮組曲で必死に助けた、GB版では結婚までした、ミロンの未来のお嫁さんの名前が堂々と間違っているのです。

このゲームには「落合」というよく分からない、
トワプリのチンクル的な変態が登場しますが、
彼も「ルシエラちゃん」と堂々と間違えています。

プロローグでだけのミスかな?
ここのテキストを入れた人が間違えてしまっただけかな。

ファミコンの歴史に名を残す名作「迷宮組曲」の
正当なる続編であるこのゲームでヒロインの名前をミスる
なんてことがあってはならないはずだが、
この部分を作った人だけが間違えてしまったんだろう。

まさか、このゲームを作った方々全員が
「エルシラ」ではなく「ルシエラ」だと思って
製作に取り掛かり最後まで気づかないなんてことはないよな・・・。

というわけでゲームを始めて、キャラクター選択画面で
エルシラ王女を選択してみましょう。

めちゃめちゃデカく「ルシエラ」って書いてある。

だ、ダメだ・・・。
このゲームは「エルシラ」を「ルシエラ」だと思い込んでいる・・・。

迷宮組曲において非常に重要な人物の名前なのに・・・。
え、間違えちゃうもの・・・?そういうことってあるの・・・?

続編を作るに当たって、「変更」される名前ってのは確かにあると思うんだ。

えーと・・・とっさに思い浮かばないけど「むしとりのしょうねん」が「むしとりしょうねん」になったり・・・?
「バルバジア」が「ヴァルバジア」になったとか、「スピードリング」が「はやての羽」とか・・・。

でもそれは「変更」だろう。字数の関係や時代に合わせたネーミングとかであえて変えたもの。

だが、「エルシラ」を「ルシエラ」に「変更」する意味はない。
王女様と一緒に住んでるのはおかしいから、別の人物ってことにしたのか?じゃあなぜカンムリ装備なんだ?

「リップ」⇒「フリル」はなにか意図があっての変更、オトナの事情などなど色々考えられる。
しかし「エルシラ」⇒「ルシエラ」はミスじゃないだろうか。

それともこれは迷宮組曲の王女様が「エルシラ」だと分かった上での「ルシエラ」という別のお姫様?
エルシラ王女を「ミロンのほしぞらしゃぼん」でそのまま出すわけにはいかなかったのか?

・・・いや、ミロンをハナタレに変更という大胆なことができるんだから、
エルシラをミロンと一緒に仲良く暮らしているという設定にだってできただろう。

という、ソウルソフトの続編のとんでもないミスに気づいたため衝撃を受けたという話でした。
別の人物という設定なのかなあ・・・そんなことする必要ないだろう・・・やっぱこのゲームを作った人たちが、
エルシラをルシエラと勘違いし続けていたんだと思うんだけどな・・・。

そこだけ変えるなら「エプシロン」も「ロエプシン」に、「ミロン」も「ロミン」と統一しとくれ。

さっきよろけながらウィキペディアの「迷宮組曲」のページを見に行ってみたんだが、
「迷宮組曲の再制作や続編を望む声は多いものの、特に音楽面において原作に遠く及ばないことから
企画が形にならないと、当時ハドソンに在籍していた高橋名人は語っている」
という文章を発見。

・・・確かに音楽は迷宮組曲において大事だけど、キャラへの愛も大事じゃないかな!
名前間違えてちゃイカンと思う!

そして、もうハドソンがないので「エルシラ」のはずが「ルシエラ」と間違えたのか、
ルシエラとエルシラは別の人物なのか、もう誰にも尋ねられないのが残念です。

ぼくは「迷宮組曲」のヒロインが「エルシラ王女」だったことは忘れないぞ!

そしてそんなどうでもよすぎて誰一人として興味を持たないことをわめいているページが
世界に一つぐらいあってもいいのではと思ったので無駄にアツく語ってみました。

このサイトだけの主張なので、誰も気にしなくてOK!
迷宮組曲は、GB版で完結していたのだった・・・!









2016年11月20日








◆目次に戻る◆




inserted by FC2 system