◆伝説のスターブロブ2 不要用語集◆  略して「ふようご集」。用語集作ったけど不要だったということ。





◆イケメン いけめん
1.いけている、かっこいい男性のこと。
2.風来のシレン2実況プレイの「ヒマキチ」のこと。または彼が起こすかっこいいor無謀なアクションのこと。


◆後ろ向き殺法 うしろ-むき-さっぽう
ゼルダの伝説シリーズなどにおいて、後ろ向きに歩くこと。移動速度はその方が速いこともある。
ピッコロさんの「魔貫光殺砲」が多分語源。なので「後ろ向き殺砲」かもしれない。
坂などの横向きの方が早いときは「横っ跳び殺法」を使う。


◆埋め埋め うめうめ
ゲームのコンプ要素を完成させていくことを表す動詞で「埋め埋めする」などと表記する。
類義語:「バグバグ」(ページ内の項目を参照)


◆お母様 おかあさま
実況プレイ中に我が子のような存在と出会うと突如主人公に発現する謎の母性本能のこと。
今のところ「リンクお母様」、「シレンお母様」、「ヨッシーお母様」が確認済み。男性でもお母様。


◆おしらすぼし おしらす-ぼし
ただ「おしらせ」と書けばいいのになぜか「しらすぼし」とかけているつもりらしい。
全然かかっていない上に本来の意味が分かりにくい。


◆おそまつさまでした おそまつ-さま-でした
ゲームの小ネタページなどのシメに使われる単語で、元ネタはギルティギアのブリジットの勝利セリフ。


◆勝手に思っています かってに-おもって-います
推測した結論の最後に「〜と、勝手に思っています」とつけて使う。
確認できないが、誰かに意見求めておらず、一人で勝手に思っているだけなので鵜呑みにしないでねという意味。
開発者の意図を推理しなければいけない、ゲームのボツデータに関する考察のページなどでよく使われる。


◆カビ かび
カービィのこと。正式名称は「星のカビ」。


◆過保護 かほご
1.ある対象に必要以上の保護を与えること。
2.ヨッシーアイランド実況プレイにおける過剰な「スターのおまもり」の供給のこと。
  のちに、過剰でなくともただの「スターのおまもり」を指す言葉となった。


◆ギャース ぎゃーす
驚愕、忍耐の限界、動揺など、感情の昂ぶりによって一部の人物が発する言葉。絶叫の一種。
必ずカタカナで表記され「ギャアアアース!!」などのロングバージョンも存在する。


◆ゲホン げほん
話題を切り替える時の咳払い。


◆コホン こほん
話していてヒートアップしてしまって我に返ったときや、真面目な話をする前の咳払いの上品版。
元ネタは「モノポリー(SFC)」の演奏家の「品のないモノポリーは嫌ですな。激しく争うゲームにこそ
マナーとルールが大切なのです。そして美しい音楽も。コホン。」というセリフ。


◆クラッシュ くらっしゅ
パソコンなどの機械がぶっ壊れた時にこの言葉を使う。「パソコンがクラッシュした」などと表記し、
このサイトを運営している間も何度もパソコンクラッシュが発生しておりデータがその度に吹っ飛んでいる。


◆クララ くらら
「ゼルダの伝説トワイライトプリンセス」に登場した像。リンクを「お母さま」と呼び、後ろからついてくる。
たまにお母さまを殴ってしまう天然さんである。トワプリ以降、敵ではない動く石像は全てクララと呼ばれる。


◆クリアラッシュ くりあ-らっしゅ
小さい頃には難しくて自分ではクリアできないと思っていたゲームにクリアしてみようとチャレンジしてみたら
意外とクリアできて、2003〜2005年辺りにたくさんのゲームをクリアしまくったという人生における現象のこと。
マリオ1〜3、マリオUSA、アニマニアクス、グーニーズ、ソロモンの鍵、迷宮組曲、ドレミファンタジーなど、
ここでは書ききれないほどの大量のソフトを数年間でクリアしたらしい。
サイト内では「これはクリアラッシュのときにクリアしたソフトで」のように使う単語。


◆じゃあねー じゃあねー
いつから言い出したかもはや分からないが、動画及び音声の締めに大抵使われている単語。


◆弱運補正 じゃくうん-ほせい
運の悪さによって様々な局面で引きが悪くなる補正のこと。対義語は「強運補正」または「豪運補正」。
主に運の悪さが露呈する実況プレイ中にかかる補正。


◆先生 せんせい
1.学校などの教育機関、あるいは塾において、勉強などを教える者のこと。教員の呼び方。
2.「ふしぎなブロビー」の主人公「ブロビー」のこと。
3.「ミシシッピー殺人事件」の主人公「チャールズ・フォックスワース卿」のこと。


◆ソウルソフト そうる-そふと
リアルタイムで遊んだかは別ですが、思い出深かったり特に思い入れのあるゲームソフトのこと。
ソロモンの鍵、ポケモン金銀、マリオストーリー、MOTHER2、マリオコレクションなどハードも様々です。


◆だかましい だかま-しい
千秋先輩が怒った時に使用する言葉。「だっかましいわ!」と叫ぶのが正しい使い方。
語源は「だまれ」と「やかましい」が混ざったものなど諸説ある。たまにホウソなども使う。


◆達観モード たっかん-もーど
何かを達観している時のモードではなく、ゲーム画面のカメラ位置が高くて
広くを見渡しているカメラモードのことを指す言葉。恐らく「見下ろし」や「俯瞰」と言いたいのだろう。


◆たぶん。 たぶん
断言できない時のシメに使われる便利な単語。ひらがなで「たぶん。」まで表記するのが正しい。
元ネタは「MOTHER3」のタネヒネリじまでアイテム入手時の「リュカは○○をてにいれた! たぶん。」と、
「マリオストーリー」のチョロボンの「もういたずらはやめるんだミョン・・・たぶん」の二つ。


◆誰の話 だれ-の-はなし
キャラ同士の会話で突如なぜか管理人の身の上話が始まったときに使われるツッコミ。
「はははー、やっぱりルビーはリアルタイムでやりたかったソフトだったかもな。まあいいじゃん」
「リアルタイムって、誰の話だい。」のように使われる。


◆たわけたまえ たわけ-たまえ
オキシライド博士が使用する言葉。恐らく意味は「戯けた事を言うんじゃない」という意味。


◆〜たん 〜たん
尊敬する、あるいは可愛いと思っている(実際に可愛くないことも多い)キャラを呼ぶときに使う。
このサイトでは「キメラたん」や「メタルスライムたん(略してメタスラたん)」などに使われている。


◆チキンセーブ ちきん-せーぶ
セーブにかかる時間は余計だと思いつつも、死んでもっと時間がかかることを恐れ
この先死なずに進んでやるというかっこいいこともできないチキンなセーブのこと。
初出はマリオストーリー実況プレイで、その後は単にセーブすることもこう呼ぶ。


◆超★ ちょう
「超★楽しい」のように使い「★」は発音しない。本当にそう思っていないときにも使われるらしい。
元ネタは「バトルドーム」の「超!エキサイティン!!」。


◆貯金箱 ちょきん-ばこ
マリオシリーズに登場する「叩くとコインが出るブロック」のうち、叩き続ければ一定時間
コインが複数枚出てくるブロックのこと。サイトで勝手につけた名称ではなく攻略本に載っている正式名称です。


◆〜でも食べながら 〜でも・・・たべ-ながら
動画などをアップロードした時に添えておく「何かしながら片手間にどうぞ」という意味の言葉。
「ご覧ください」「お聞きください」と続く。「飲みながら」とも。薦めるのは管理人がさっき摂取したモノ。


◆伝説のスターブロブ2 でんせつの-すたー-ぶろぶ-つー
2004年2月11日に突如出現した、管理人が好きなことをやっているだけのサイト。
ゲーム攻略サイトとしてスタートし、今日に至るまでゲームしかやっていない残念な場所。多分これからも。


◆脳内シナプス のうない-しなぷす
忘れかけていたことを思い出したときに活性するもの。適当にこの単語を発しているだけなので深い意味はない。
実際には化学シナプス、電気シナプスなど色んなシナプスがあるらしい。


◆バグ ばぐ
ゲームの製作者が意図しない不具合のこと。コレが好きなんだと自覚するまでに大分かかったらしい。


◆バグバグ ばぐばぐ
詳しくその場では説明しないがとりあえずバグることを指す便利な言葉。
名詞として使われる他、「バグバグする」と動詞になったり、「バグバグしい」と形容詞になることさえある。


◆バグ名称 ばぐ-めいしょう
ポケモン攻略ページでよく使われる「バグが原因のめちゃくちゃな文字列」でできたものの名前のこと。
バグった名前のアイテムなどを表すのに使われる。


◆ひと聴き惚れ ひと-きき-ぼれ
一度聞いただけで最高に気に入ってしまうこと。「一目惚れ」の音声版。
主に作業用BGM集動画「ゲーム名曲120選」内の補足説明で使われる単語。


◆フォース ふぉーす
実況プレイ中に発現する未知なる力。「時を越えるフォース」や「ファントムガノンの偽者を見破るフォース」、
「放送できないものを消し去るフォース」など様々な種類が存在する。MP消費のためちょっと疲れる演出が入る。
和風なゲームの場合は「通力」と呼称される。(ちなみにそのとき消費されるのは精神力。)


◆不健全 ふけんぜん
1.心身がすこやかでないこと。 物事の状態などがゆがんでいること。
2.全年齢向けのこのサイトにおいて、道徳的によろしくない言動や絵。
3.バグではなくチート=データの書き換えをしないとできないことをしているさま。


◆双子 ふたご
伝説のスターブロブ2で重要な存在。過去の友達の双子ちゃんたちがみんないい子で大好きだったかららしい。
サイト内ではシャープとフラット、イリスとイリヤ、ガイアとレア、マリオとルイージなど多数双子が存在し、
白蛇シリーズでは大抵物語の中核を成している存在である。


◆復活のK ふっかつ-の-けい
風来のシレンに登場する「復活の草」のこと。“復活の「F」”とかけているつもりらしい。


◆フシギ ふしぎ
「フシギなチカラを使って完成した」のように使用する単語。不思議なんだけど特に説明しない場合が多い。


◆F フレーム
ゲーム攻略ページなどでたまに使われる言葉で、「1F」はゲームなどが進む時間の最小単位のこと。
ボタン入力のタイミングが1Fしかない、のように「タイミングがシビア」だというときに使われることが多い。
でもたまに普通に「1階」などの階層を表すためにも使う便利なアルファベット。


◆ブロブ様 ぶろぶ-さま
サイト開設当初のブロビーの呼び名。ブロブと呼ぶことの方が多く「善ブロブ様」などの別キャラも存在していた。


◆文明の利器 ぶんめい-の-りき
1.物質的文化の発達によりもたらされた、便利な機械・器具のこと。
2.ゲームの特定のアドレスのデータに別の数値に変わっていただく行為のこと。有体に言えばチートのこと。
3.ゲームを進めるに当たって便利な周辺機器のこと(連射パッドなど)。


◆ヘイハチ へいはち
公式の名前が決まっていないゲームによくつけられる名前。ひらがなしか使えないゲームでは「へいはち」とも。
ココロン、ドラクエ1、牧場物語GB、どうぶつの森、ポケモンレンジャーなど、幅広いゲームの主人公を担当している。
名前の由来は幼い頃に遊んだメダルゲームの「鉄拳」に出てきた「平八」(後に「三島平八」という名だと知る)。


◆ポール ぽーる
ポケモンスナップ実況プレイの主人公のカメラマンの少年。ミュウのおしりを撮影することに命をかける。


◆ホクホク ほくほく
管理人が一人で幸せに浸っている時に使われることが多いオノマトペ。


◆没ページ ぼつ-ぺーじ
サイトのサーバ上には存在しているがサイトのトップからリンクが貼られていないため
クリックで辿り着くことができないページのこと。目次から削除されてもページ自体は残っていることがある。
思い出してから削除したり上書きして別ページとして使うことも。見つけてもそっとしておきましょう。


◆魔法少女 まほう-しょうじょ
魔法を使って戦っちゃうキャラのこと。FF]のキマリを筆頭に、色んな魔法少女が存在している。
少女と銘打たれているが、実際に少女であることは少ない。だが、本物の少女よりも可愛い。


◆メンドー めんどー
「面倒」という意味なのだが、ちょっとニュアンスを変えて言う時にこのような表記になる。
ニュアンスは様々なのでお察しください。元ネタはポケモンBWのチェレンのセリフ(口癖?)。


◆やる気ゲージ やるき-げーじ
ゲームのパラメータのように備わっているやる気を表すゲージのこと。
日常生活やゲームプレイ中における「やる気」を表すのに使われる。対義語は「あきらめゲージ」。


◆唯一技 ゆいいつわざ
ポケモンの技で、一種類のポケモンしか覚えられないそのポケモンのためだけに用意された技のこと。
管理人が勝手に作った言葉で、ポケモン攻略ページでたまに使用される。


◆ヨッスル よっする
マリオの相棒、自称「スーパードラゴン」の「ヨッシー」のこと。踏み台にされて落ちることがよくある。
多分初出はスーパーマリオワールド実況プレイで、急にそう呼んで以来ヨッスルと呼ばれている。


◆リソワ りそわ
ゼルダの伝説シリーズの主人公「リンク」の「ニセモノ」であり、リンクの代わりに大冒険を繰り広げる人物。
プレイヤーの分身であり、実況プレイ中にしゃべっているのはこのニセモノという設定。
チィーダ、エポメなど主要キャラのニセモノがいたり、なんとユウナの召喚獣は全部ニセモノらしい。


◆ルなんとか る-なんとか
かの有名なミスターニンテンドー「マリオ」の双子の弟で、緑色で「L」と書かれた帽子をかぶっている。
影が薄く名前を忘れられやすいという「ネタ」で愛され、愛を込めてこう呼ばれる。スルーも愛故である。



◆肋骨 ろっこつ
1.人生初、2014年8月2日に遭った「交通事故」のことを指す言葉。
  一番ダメージを受けたのが肋骨であったのと、いちいち交通事故と言うよりソフトな言い方なので
  「肋骨のとき」とか「肋骨には気をつけましょう」のように使われる。

2.2017年3月に風邪を3週間も長引かせ、咳による疲労骨折を起こした箇所。情けない。
  これにより「肋骨のとき」と言うと交通事故か風邪か分かりづらくなってしまった。












◆サイトのトップに戻る◆




inserted by FC2 system