◆伝説のスターブロブ2関連のキャラクター全集◆
サイトに登場するキャラクターがどの作品のキャラなのかが分かるページ。
複数のコンテンツに登場するキャラクターは初登場のものを優先させています。

月白蛇のキャラクターはトリオンファーレの設定が優先となっており、
まだ語られていない部分や変更された名称が出てきている箇所があります。

◆ページ内ジャンプ用リンク◆↓調べたいキャラの名前の最初の文字の場所にジャンプします
◆あ行のキャラ◆か行のキャラ ◆さ行のキャラ◆た行のキャラ ◆な行のキャラ
◆は行のキャラ◆ま行のキャラ◆や行のキャラ ◆ら行のキャラ◆わ行のキャラ


◆あ行のキャラクター◆

◆アイク ― ファイアーエムブレム蒼炎の軌跡プレイ日記
物語の主人公で、グレイル傭兵団の若き団長。無愛想で無口に見えるが実は熱血。
自分へ執着してたびたび暴走するセネリオをワンテンポ遅れてなだめる。肉さえあればいいという節がある。

◆アインスタ ― みらくるケミカル
フィジカがいつも抱っこしているトゲピー。フィジカを「パパ」と呼ぶ。泣き虫。
レベルアップするたび進化しそうになるほどよく懐いているため「おんがえし」の威力は脅威。

◆アウェイくん ― Dr.オキシライドの発明講座
オキシライド博士の発明品。「アウェイク」と叫びながら頭のベルを激しく打ち鳴らして起こしてくれる目覚まし時計。

◆アクチ ― みらくるケミカル
ツンデレのチコリータ。ケミカのために戦いたいと思いつつも素直になれず悩んでいる。

◆アナ ― MOTHER攻略ページ
ヒロイン。スノーマンの教会に住んでいる攻撃系PSIを使いこなす超能力少女。ケンのことが多分好き。
だが、複葉機や戦車も好き。ボートの運転もプロのボートレーサー並の腕前を持っている。

◆アネ゛デパミ゛ ― みらくるケミカル
ケミカの手持ちポケモン。バグ技を使うときに出現した、灰色のリザードンのような姿をしたポケモンで、
バグった技を使えるし能力値も異常なので非常に強いが、たまにフリーズや他のバグの原因になる。

◆アメリシ ― みらくるケミカル
色違いのナゾノクサ⇒クサイハナ⇒キレイハナ。高個体値でどんな相手にも効く卑怯な「メロメロ」を使える。
ドラゴンボールの技も使える強さだが、もこもこしていないのでマリカには見向きもされていない。

◆アパタイト ― ポケモンルビープレイ日記
リツキの手持ちポケモンのナックラー⇒ビブラーバ⇒フライゴン。人間の姿のときは眼鏡をかけている。
「がくしゅうそうち」を持たされて育ったため非常にだらけていて反抗的。一人称は「俺」。

◆アリア ― 月夜に詠う白蛇
物語の主人公。赤い髪に青い目の、剣一筋の元気な女の子。特技は大食い&早食い。魔法は使えない。
スリット入りのスカートの中には黒いスパッツをはいている。「ルプランドル」という剣を愛用。左利き。
コンチェルト国から東に向かう途中で倒れていたシャープを助けて一緒に旅をすることになった。

◆アリア ― 時と空とテラメリタ
続編にも登場。月白蛇の頃と比べると髪がかなり伸びて服装が変わっている。背も少しだけ伸びた。
明るい性格と大食いなところは相変わらず。剣の鍛錬も続けている。

◆アルカリ ― Dr.オキシライドの発明講座
フルネームは「アルカロイド・ブレンステッド」。オキシライド博士の助手の青年。
常識はあるが博士のことをちゃんと尊敬しているのか分からない行動や発言をよくする。

◆アルゴ ― 水の楽園の守護者
物語の舞台「ベイシック島」を「玉水の塔」から見守っているラティオス。
体毛で光を屈折させて人間の姿になれる。妹のラティアスのラクスよりも島の神話に詳しい。

◆アルス ― 星空に輝く白蛇
フルネームは「アルス・キュラアルティ」。シオンの弟で、溺愛されている。兄思いの優しい14歳の少年。
コンチェルトでイリスの食事係をしている。料理が得意。誰にも言っていない秘密があるらしい。

◆アルト ― 月夜に詠う白蛇
フルネームは「アルト・メッゾ・リレイヴァート」。メヌエット国王の青年。
無口で一見無愛想だが冷たい人間ではなく、国民や周囲の人間を第一に考えている。

◆アルト ― 時と空とテラメリタ
月白蛇の3年後の世界にも登場。周囲の人間の意見に耳を傾けながらメヌエットを治めている。
背が少し伸びた。結婚して妻を迎えたためか少し人に対する態度が柔らかくなっている。

◆アルベルト ― ポケモンダイヤモンドパールプレイ日記
ポケモンダイヤモンドパール+プラチナの主人公。かつては星々の意志が聞こえるとか言う電波少年だったが
プレイ日記リスタートに伴ってポケモン好きな正義感の強い少年というキャラになった。電波はたまに再発する。
一人称は「ぼく」。料理が得意で、オカルト的なことやゴーストタイプのポケモンが大の苦手。

◆イオルク ― ポケモンハートゴールドプレイ日記
超低確率で生まれた高個体値のエーフィ。自信家だが素質がいいだけで鍛えていないため弱い。
ポロニウムやシャラノキの兄で、ブラッキーのシュアルカとは双子。マリカの手持ちポケモン。

◆イットリ ― みらくるケミカル
♀しか存在しないはずだがなぜか♂のラッキー。見た目も仕草もどう見ても女の子。トレーナーはケミカ。
ケミカも♂だとは知らず知っているのはホウソだけ。力が非常に強く、岩山も押して動かせる。愛称は「トリィ」。

◆イリス ― 星空に輝く白蛇
フルネームは「イリス・シュターク」。コンチェルト国を夢で見た予言で導く立場にある「予言者」の盲目の少女。
大人びているがたまに子供っぽい一面も見せる。イリヤとは双子で、イルの姉。

◆イリヤ ― 星空に輝く白蛇
イリスとは双子で、イルの兄。女性と見れば口説き始めるプレイボーイで、いつもイルにどやされている。
剣の腕や身体能力は非常に高い。高位の魔法も扱える魔法剣士。

◆イル ― 月夜に詠う白蛇
何百年も前から「聖墓キュラアルティ」という場所で「癒しの司」として存在している人物。
各国の王家の城にある鏡「ジェイドミロワール」からのみコンタクトをとることができる。

◆イル ― 星空に輝く白蛇
フルネームは「イル・シュターク」。イリスとイリヤの弟で、怪我を瞬時に治せる天授力「癒しの願い」を持つ。
右目が紫で、左目が緑色のオッドアイ。シオンとは犬猿の仲で、会うたびに口喧嘩をしている。

◆ウレア ― ポケモンルビープレイ日記
ヒンバス⇒ミロカロス。ヒンバスの頃は非常にネガティブだったが、進化してからはヤンデレになってしまった。
リツキに異常なまでの執着心を持っており、リツキに仇なすと判断したものは容赦なく排除しようとする。
その病んでいる時の記憶は残らず、普段はフレンドリーで素直な非常によい子である。つまり二重人格。

◆エカポロ ― みらくるケミカル
エレメのポケモンのフシギダネ(+フシギバナ)。種に養分をとられて激しい眠気に襲われていて、いつも寝ている。
光を浴びるとたまに眠気が飛んでシャキッと元気になるが、そのような姿が見られるのは極めて稀である。

◆エクラ ― 星空に輝く白蛇
フルネームは「エクラ・リブレット」。レインの兄。セレナードの西トランの領主トリアング家に仕えている。
当主のスピエに忠義を尽くす。クロウやクラヴィーアの先祖に当たる。

◆エステル ― ポケモンハートゴールドプレイ日記
ラルトス⇒キルリア⇒サーナイト。エレガントで優雅でみんなの憧れのお姉さん的存在だが、残念ながら♂。
オレフィンという名前の双子の兄がいるらしい。

◆エドネル ― ポケモンダイヤモンドパールプレイ日記
アルベルトのポケモンのリーフィア。グレイシアのレキセとは双子だが性格は正反対で、細かいことは気にしない。
しかし結構強くて包容力があり頼れる存在だったりする。ポロニウムやシャラノキの兄の一人。

◆エナミン ― ポケモンルビープレイ日記
リツキの手持ちポケモンのマイナン。一人称は「ボク」。両手にポンポンを持ってひたすら応援することが生き甲斐。
エノールとは非常に仲がいい。2匹で戦えば強いが、応援の方が好きなので自分で戦うこと自体には興味はない。

◆エノール ― ポケモンルビープレイ日記
リツキの手持ちポケモンのプラスル。一人称は「俺」。応援して励まし、勝利に導くことに命を懸けている。
「かみなり」も撃てるが、やはりエナミン同様応援する方が好きなので自分自身で戦うことには興味を持たない。

◆エバ ― 月夜に詠う白蛇
フルネームは「エバ・ソルディーネ」。フォルテやチェレスとは幼馴染で、非常に腕の立つ剣士。
魔法にも長け頭もいいという天才肌。父親から受け継いだ剣「レギュリエ」と「ファラ」という聖玉を所持している。

◆エリーゼ ― 星空に輝く白蛇
モデラート国の皇太子の許婚の、テヌートの少女。長い髪を二つ結びにしている。
カノンの町の領主の一人娘で、非常にしっかり者。見た目に反して剣術に長ける。

◆エレメ ― みらくるケミカル
初代ポケモンのライバルで、未来のポケモンリーグチャンピオンであり、未来のトキワジムリーダー。
ケミカとは幼馴染で、家は隣同士。背の高さも成績も同じ。ポケモントレーナーとして素質は十分だが、
それ以上にケミカとリアルファイトになったときのみ、二人で異常なほどの身体能力を見せる。

◆オキシライド博士 ― Dr.オキシライドの発明講座
政府直属の研究所で画期的な発明をし続ける81歳の天才博士。「たわけたまえ」「何でも略すな」が口癖。
実験に失敗して精神年齢はそのままに体が小学一年生ぐらいまでに縮んでしまったが、発明は続けている。

◆おはぎ ― 大乱闘チェリッシュブラザーズ
「ギミック!」の敵キャラ。ゆめたろーを大事にしており、悪い虫がつかないか常に監視の目を光らせている。
ヘイホーやワドルディのように様々な装備品を持ち使いこなす。コンピュータの扱いもなぜか得意。


◆か行のキャラクター◆

◆カービィ ― 大乱闘チェリッシュブラザーズ
「星のカービィ」シリーズの主人公。言わずと知れたピンクの球体。何でも吸い込み、その能力をコピーできる。
一人称は「ボク」。ネスのことが大好き。作業用BGM動画「ゲーム名曲120選」のイラストも担当している。
星のカービィ3攻略ページの中の文章のほとんども、彼の発言である。

◆カイ ― 時と空とテラメリタ
コンチェルト国の王子で、7歳の時にフィルを拾って育てた。フルネームは「カイ・ストーク・ラナンキュラス」。
幼い頃から天才と称されるほど非常に頭がよく、時代から一歩も二歩も進んだ技術を持ち発明も行っている。
剣や魔法は不得手。フィルを非常に大事にしており、フィルに関することになると途端にキャラが崩壊する。

◆カリナ ― 月夜に詠う白蛇
ラベル家のメイド長の少女。リアンが作った「琥珀鈴」という大きな魔法の鈴を持っている。
身体能力が非常に高く、特に風の魔法の扱いに長けている。

◆キティ ― ハローキティワールド攻略ページ
「ハローキティワールド」の主人公で、フルネームは「キティ・ホワイト」。フレンドシップパーティにも登場する。
調子に乗って風船を作りすぎて吹っ飛んでいったティッピーを探しに、ミミィとペンシルバニアの町から旅立った。
双子の妹ミミィと比べると至って常識人で、ことあるごとに暴走するミミィに振り回される苦労人。

◆キリ ― フレンドシップパーティ
ポケモンBW2の主人公。極度の人見知りで、人の目を見て会話をすることができない。
緊張がピークに達すると過呼吸になる。先輩と仰ぐラッテや気を許したポケモンとならまともに会話が可能。

◆クラング ― 星空に輝く白蛇
フルネームは「クラング・ハルプトーン」。ローチェの兄。イリスを暗殺しようとしたが、イリヤやバイエルに阻まれた。
明るい性格だが自分の行動の理由は決して明かそうとしない。どこかつかみどころのない話し方をする。

◆クリーム ― ポケモンBWプレイ日記
ラッテの手持ちポケモンのエルフーン。語尾に「〜ですの」をつけてしゃべる。
体が軽いのですぐに飛んでいってしまう。世話焼きのお姉さん気質だが、♂である。

◆クルス ― みらくるケミカル
ポケモン金銀のボツポケモンであり、最初の3匹のうちの1匹になるはずだった、水タイプのポケモン。
ケミカに拾われて手持ちポケモンになった。金銀のポケモンたちに少し嫉妬している。でも基本は天然さん。

◆クレール ― 月夜に詠う白蛇
フルネームは「クレール・クァルトフレーテ・ラベル」。セレナードのトランの町の領主リアンの妻であり、
シャープの母。上手く声が出せず体が弱い。リアンが選んだ女中とほとんどの時間を城の中で過ごしている。
ラベル家の人間ですら、会うにはリアンの許可が必要。

◆クレール ― 星空に輝く白蛇
「聖墓キュラアルティ」というところで長い年月を一人で「癒しの司」として存在していた女性。

◆クロム ― ファイアーエムブレム覚醒プレイ日記
イーリス聖王国の王子で、英雄王マルスの末裔。ファルシオンの所持者で、肩に聖痕がある。
王族でありながら気さくな性格で非常に実直。人との間に壁を作らず、訓練中に壁をよく壊す。
プレイ日記では半身であるルフレの幸せを第一にして行動をする熱血漢。ルフレの義父であり夫。

◆ケミカ ― みらくるケミカル
ポケットモンスターや、みらくるケミカルの主人公。マサラタウンからポケモンマスターになるため旅立った少年。
ポケモンが大好きでポケモンから好かれ、心は優しく決して怒らない。いつも微笑んでいる。
しかしバグ技も好きなので、アイテム増殖・壁抜け・空中歩行などの裏技を普通に使う。

◆ケミカ ― ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊プレイ日記
かつて自分が人間だったという記憶以外をなくしてポケモンだけの世界にやってきたピカチュウ。
救助隊「みらくるズ」を結成してゼニガメのスイソとパートナーとなり、2匹で様々な困難に立ち向かっていった。

◆ケン ― MOTHER攻略ページ
MOTHERの主人公。小説版から名前をもらったが金髪ではなく、ゲーム準拠の赤い帽子に黒髪の少年。
補助系や回復系のPSIを使いつつバットで戦うパワーファイター。ロイドと仲がよく、アナに振り回されている。


◆さ行のキャラクター◆

◆サビク ― 星空に輝く白蛇
フルネームは「サビク・マルフィク」。ラスアの弟でリムの兄のテヌート。魔法の本をいつも持っており魔法で戦う。
ラスアのことは「兄貴」と呼び、リムにはいつもからかわれたり、頭を蹴られたりしている。刃物が苦手。

◆椎那 ― Dr.オキシライドの発明講座
千秋の後輩で高校生。千秋のことを馬鹿にしたりオキシライド博士の発明品を試して散々な目に遭わせまくる。
何考えてるのかよく分からないことばかりするが、千秋のことを嫌いではないらしい。アルカリとは仲がいい。

◆シェリオ ― 月夜に詠う白蛇
テヌートの最後の生き残りと言われる少年。リブレット家に監禁されていたため髪は非常に長い。
フォルテとエバに外に連れ出された後はアリアやベルたちとも打ち解けて友人となった。

◆シェリオ ― 時と空とテラメリタ
ソルディーネ家の当主のテヌートの青年。エバの叔父であるニヒトによりソルディーネ家に引き取られた。
世界が平和になってからはニヒトの世話焼き係と化した。聖玉「ファラ」をペンダントにしている。

◆シェルミウ ― みらくるケミカル
マリカのメリープ。マリカからはもこもこなので愛されているが、進化してツルツルになることに怯えている。
絵を描くのが趣味だがあまり上手というわけではなく、いつも異形の何かを描いて楽しんでいる。

◆シオン ― 星空に輝く白蛇
フルネームは「シオン・キュラアルティ」。星白蛇の主人公のテヌートの青年。青いヘアーバンドをしている。
剣術と兵法に長けている。弟のアルスを大事にしており、イルとは会うたびに喧嘩をするほど仲が悪い。
釣りが非常に得意で、隙あらば釣りに出かけようとする。甘いものが大好き。

◆シグルド ― ファイアーエムブレム聖戦の系譜プレイ日記
聖戦の系譜の主人公で、シアルフィの公子。仲間たちの恋愛を計画通りに進めることに命を懸ける。
子世代の主人公であり息子のセリスに未来の安寧、そして「攻略メモ」という身もフタもない情報を託した。

◆シマムラ ― COCORON(ココロン)攻略ページ
ヘイハチが夢の中で出会った仲間の一人。顔がガイコツ、体はバネでできたおもちゃという異様なものであるが、
唯一まともにヘイハチと意思疎通ができる貴重な常識人。武器はペンシル。

◆シマムラ ― ドラゴンクエスト2プレイ日記
ドラクエ2の主人公で、ローレシアの王子。大神官ハーゴンの野望を打ち砕くために少ない軍資金で旅立った。
一人称は「俺」で、魔法は使えないが力が強いパワー系の戦士。

◆シリコン ― みらくるケミカル
エレメの手持ちポケモンのニャース。「ですニャ」を語尾につけてしゃべる。「なってないですニャ」が口癖。
とくせいは「ものひろい」。丸いものを見るとつい持って帰ってしまう。エレメのことは「エレニャ」と呼んでいる。

◆シャープ ― 月夜に詠う白蛇
セレナード王国のラベル公爵家のお姫様。森で倒れていたところをアリアに助けられて共に旅をすることになった。
おっとりしていて世間知らずな一面もあるが、真面目で頑張り屋さん。オレンジ色の宝石のペンダントをしている。
とても優しい性格だがチェレスには非常に冷たい態度をとる。水の魔法が得意。

◆シャープ ― 時と空とテラメリタ
月白蛇の3年後の物語にも登場。セレナードの王子との婚約式を控えている。
背が少しだけ伸び、髪は三つ編みにしても腰より低い位置に来るほど長くなっている。

◆ジャック ― マーヴェラス攻略ページ
「マーヴェラス 〜もうひとつの宝島〜」の主人公「イースーチーム」という3人組の一人。勉強家でメカいじりが得意。
ジャンプ力も高い。マックスを冷静な口調でいじるのが日常風景と化している。

◆シャラノキ ― みらくるケミカル
イーブイ⇒サンダース。ポロニウムとは双子で顔も個体値も同じだが、ポロンに激しい劣等感を抱いている。
地味な自分を嫌っているので、エレメが色んなスカーフを巻いてオシャレさせている。

◆シュアルカ ― ポケモンハートゴールドプレイ日記
エーフィのイオルクとは双子のブラッキー。双子なのでイオルクとは個体値が全く同じ。一人称は「俺」。
非常に強く、相手の自滅を誘ういやらしい戦法を得意とするが性格が悪いわけではなく非常によい子。

◆少年 ― ふしぎなブロビー攻略ページ
「ふしぎなブロビー」シリーズのプレイヤーキャラ。このサイトでブロビーと共に最も古参のキャラだが名前がない。
口笛が上手く銃も扱えて宇宙空間でも生きていられるが、水やお菓子にぶつかると即死。ブロビーを「先生」と呼ぶ。

◆助言者 ― 魔界島攻略ページ
主人公モモタルーに助言を与えてその冒険をサポートする声(というか文字)だけの謎の存在。その正体は果たして。

◆しんのゆうしゃ ― 大乱闘チェリッシュブラザーズ
「シャドウゲイト」の主人公。魔王ワーロックの野望を阻止するために冒険をしている。王家の血を引くらしいが、
自分から煮えたぎる油に飛び込んだり剣やひかきぼうで自害するアホの子。基本装備はパチンコ。

◆スイソ ― みらくるケミカル
ケミカがオーキド博士からもらったゼニガメ。なぜか不意にケミカに認識されなくなったり視界から消えたりし、
そこにいることに気づかれず蹴られたりするが、ケミカに悪気はなく、二人の関係は良好である。

◆スイソ ― ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊プレイ日記
ポケモンだけの世界に住んでいるゼニガメ。人間の時の記憶をなくしてピカチュウの姿になったケミカと出会い、
最初は無意識にスルーされていたが徐々に絆は深まり、ケミカを励まし共に困難を乗り越えるパートナーとなった。

◆スピエ ― 星空に輝く白蛇
フルネームは「スピエ・デコラ・トリアング」。セレナードの西トランの領主で、トリアング家の当主。フォリアの姉。
剣の腕が立つことで名を知られる剣士。セレナードの出兵要請を受けて西トランの兵を率いてメヌエットへ進軍した。

◆スペランカー ― 大乱闘チェリッシュブラザーズ
「スペランカー」シリーズの主人公で、探検家。だが極度の虚弱体質で、どつかれた程度ですぐに死亡する。
ショットガンやフラッシュという技を使いこなし宝を求めてあちこち冒険し、あちこち掘り返している。

◆セネリオ ― ファイアーエムブレム蒼炎の軌跡プレイ日記
グレイル傭兵団の参謀。額に「精霊の護符」という赤い印がある、黒い髪の魔道士の少年。
有能な軍師だがアイク至上主義でアイク以外のことは割りとどうでもいい。

◆セリサ ― ジラーチにねがいを
物語の主人公ポケモンのジラーチ。千年に一度、7日間だけ目を覚ます。リツキと出会い、
セリサという名前をつけられた。どんな願いでも7つだけ叶えるという力を持っている。

◆セリス ― ファイアーエムブレム聖戦の系譜プレイ日記
シグルドとディアドラの息子で、子世代の主人公。爽やかな好青年だが、突然さらりと伏字なるようなことを言う。
ユリアのことが大好きで、しょっちゅう暴走する。仲間たちからは一応慕われている。

◆セレス ― 時と空とテラメリタ
フルネームは「セレスティア・ヴィフ・ファルゼット」。セレナード国王リタルドの第一王子。
王宮で父を助けながら妹と仲良く暮らしている。シャープ姫との婚約が決定し、式に各国の要人を招いた。


◆た行のキャラクター◆

◆ダーナ ― 大乱闘チェリッシュブラザーズ
「ソロモンの鍵」シリーズの主人公で、金の杖を持つ魔法使い。フルネームは「ダーナ・オシー」。
ブロックや炎、氷を出す魔法を操る。なぜかミロンと知り合いで、いつもいいように扱われている。

◆タケウチ ― COCORON(ココロン)攻略ページ
ヘイハチの最後の仲間で、顔はドラゴン、体はタンク、武器はブーメラン。凶暴な生き物で、しょっちゅう吠える。
ヘイハチの耳に噛み付くのが癖だが、とっても寂しがりでもある。

◆タケウチ ― ドラゴンクエスト2プレイ日記
ムーンブルクの王女。非常に無口で、必要最低限の単語しか発さない。力は弱いが強力な呪文で敵を一掃する。

◆タンタル ― みらくるケミカル
マリカの手持ちポケモンのメタモン。シェイミに「へんしん」して遊んでいる時にマリカに捕獲された。
紳士的口調で話すが一人称は「オイラ」。「へんしん」でイタズラするのも好き。なぜか「ものまね」なども使える。

◆千秋 ― Dr.オキシライドの発明講座
サイト内の数少ない純血の日本人。大学生で、椎那の先輩なので「千秋先輩」と呼ばれることが多い。
いじられ役でツッコミしかしていないが、「メシ炊き戦隊スイハンジャー」の「スイハンレッド」の中の人もやっている。

◆チェレス ― 月夜に詠う白蛇
シャープと知り合いの様子の青い髪の青年。行く先々でアリアとシャープの前に現れるが真意は不明。
強力な水の魔法を操り非常に大きな剣を軽々と扱う。水の聖玉「ヴィル」の所持者。

◆チオ ― ポケモンルビープレイ日記
アチャモ⇒ワカシャモ⇒バシャーモ。ホウエン地方でリツキが旅に出たときに最初に仲間になったポケモン。
丁寧な口調で話すが割りと攻撃的で、リツキのボケにつついたり燃やしたりしてツッコミを入れる。

◆チャールズ ― ミシシッピー殺人事件攻略ページ
「ミシシッピー殺人事件」の主人公で、名探偵の英国紳士。フルネームは「チャールズ・フォックスワース」卿。
助手のワトソンと共に「デルタ・プリンセス号」で起こった難事件(?)に挑む。
ブロビーと性格が似ているのは、ブロビーのキャラの元になったため。

◆ツッコミくん ― Dr.オキシライドの発明講座
オキシライド博士の発明品。フルネームは「大阪魂ツッコミくん」。頭にちょんまげのようなマイクがあり、
手にはハリセンを持っている。ボケを聞き取ると「ボケ度」という数値に応じ的確なツッコミを入れるロボット。

◆ディオン ― マーヴェラス攻略ページ
「マーヴェラス 〜もうひとつの宝島〜」の主人公「イースーチーム」の一人。小柄で走るのが速い。野球も得意。
ジャックと共に、マックスをひたすらいじる。そんな彼も、いざというときには自分を犠牲にする勇気を見せる。

◆トルライト ― 星空に輝く白蛇
若きセレナード国王。フレイに助けてもらったことをきっかけに、フレイをカペルマイスターに指名した。
妹のマラカ王女を大事にしており、ビアンカやロイアのことをとても尊敬している。


◆な行のキャラクター◆

◆ニイクラ ― COCORON(ココロン)攻略ページ
ヘイハチの最初の仲間だが、顔はニコニコマークで体は厚い鎧に覆われている。
普段は単語ごとにしかしゃべらないが、突然流暢に話し出したりもする謎の人物。

◆ニイクラ ― ドラゴンクエスト2プレイ日記
ローレシアの王子シマムラと同じくロトの血を引くサマルトリアの王子。魔法も剣も使える戦士。
一人称は「ボク」で、シスコンである。

◆ニヒト ― 時と空とテラメリタ
本名は「ニーベルリヒト・ソルディーネ」。生まれつき非常に強い聖心力を持っており最高神官に任命された。
シェリオをソルディーネ家に跡継ぎとして引き取った。普段は最高神官として各地の神殿を回っている。
極度のズボラで身の回りのことはほとんどシェリオがやっており放置していると野垂れ死ぬタイプ。

◆ネス ― 大乱闘チェリッシュブラザーズ
「MOTHER2」の主人公で、チェリブラではカービィのお守り役&ツッコミ役。カービィからの愛を受け流す日々。
生まれつき超能力があり、MOTHER2のPSIのほかにスマブラの「PKファイアー」なども使いこなしている。


◆は行のキャラクター◆

◆バイエル ― 星空に輝く白蛇
セレナード国の東トランのラベル家の一人息子。両親が城の時間を止めた時に一緒に100年間封印され、
その後数年間を一人で過ごした。全く眠らない代わりに食事の量が尋常ではない。
外見は14歳だが、中身は9歳。ホロスコープと呼ばれる白い人形を統率できる天授力を持っている。

◆ハッパ ― みらくるケミカル
フィジカの手持ちポケモンで、ポケモン金銀の最初の3匹のうちの1匹になるはずだったボツポケモン。
語尾に「です」をつけてしゃべる。自信家でお調子者。しゃべると非常にやかましい。

◆ビアンカ ― 星空に輝く白蛇
フルネームは「ビアンカ・ダル・リレイヴァート」。メヌエット国の第一王子であり、ロイアの兄。
国政に全く興味を示さず、部屋でよく分からないものを発明・作成したりフラフラ散歩したりしている。

◆ビフィズス ― ポケモンBWプレイ日記
ラッテの手持ちポケモンのミジュマル。語尾は「でしゅ」「ましゅ」となり、一人称は「ボク」。愛称は「ビフィ」。
お腹についている「ホタチ」で戦う。自分を可愛くてかっこよくて強いと自負している相当の自信家でプラス思考。

◆フィジカ ― みらくるケミカル
ポケモン金銀のライバルで、最強のトレーナーを目指す謎の少年。育成・バトルに関する知識が非常に深い。
リアルファイトも非常に強く「たきのぼり」や「なみのり」を体得しており荒波や滝を難なく泳げる。
口調は冷たいがポケモンを大事にしている。父親との関係もすこぶる良好。

◆フィライト ― ポケモンダイヤモンドパールプレイ日記
ラッテのミジュマルがポッチャマの着ぐるみを装備した姿で、アルベルトの主力ポケモン。
着ぐるみは非常に高性能で、ポッチャマと同じ能力になる。中身はビフィズスなので性格はそのまま。

◆フィル ― 時と空とテラメリタ
物語の主人公。生後数日で捨てられていたのをカイに拾われてコンチェルトの王子として育てられた。
カイとは7歳しか離れていないが「父さん」と呼ぶ。幼馴染のレックは親友であり護衛でもあり兄代わり。
戦闘の際は腰帯にさしてある短めの刀を使い、魔法もある程度扱える。ネコが大の苦手。

◆フォルテ ― 月夜に詠う白蛇
第二章の主人公。聖心力が生まれつき強く、メヌエット国の大神官を若くしてつとめている。
国王に国内の神殿の巡礼を命じられ、護衛のエバと共に旅立った。妹のピアは王宮で女官として働いている。

◆フォルテ ― 時と空とテラメリタ
月白蛇の3年後の物語にも登場する。エバと一緒にある場所にいたのだが・・・?

◆フランシ ― みらくるケミカル
ケミカが裏技で出現させたマリル。気位が高く気安く接してこられるのが嫌い。ケミカを「マスター」と呼ぶ。
持ち物は「たべのこし」で常に何か食べていて、とくせいは「あついしぼう」。体は非常に重い。

◆フレイ ― 星空に輝く白蛇
セレナード国のカペルマイスターで、国王トルライトからの信頼も厚いテヌートの青年。背中に大きな剣を背負い、
首からはオレンジ色の宝石のペンダントをさげている。謝るのが癖で女性と話すのが苦手。
バイエルをラベル城から連れ出してから彼に振り回される毎日が始まった。左腕に黄色の布を巻いている。

◆プロトア ― みらくるケミカル
マリカの手持ちポケモンのオオタチ。一人称は「あっし」で義理と人情に厚い。
マリカを「旦那」、ホノオグマは「兄貴」と呼ぶ。マリカにいつもマフラー代わりにされている。

◆ブロビー ― ふしぎなブロビー攻略ページ
サイト名にもなっている「ふしぎなブロビー」シリーズに登場する白い宇宙生命体。本名は「ブロバート」。
ブロバニア星の王子らしく、ブロバニアの危機に際して親友の少年に助けを求めて地球へやってきた。
食べたキャンディーによって色々なものに変身できる。一人称は「私」。自分を超絶可愛いと思っている。

◆ヘイハチ ― COCORON(ココロン)攻略ページ
楽しい一日を過ごして眠りについた少年が、魔法使いテイパーによって夢の中で変身させてもらった姿。
小動物の顔にジェットを背負っているちょっと異様な風貌。仲間思いだが、仲間には恵まれていない。

◆ベル ― 月夜に詠う白蛇
ジュリ村のマシシェおばあさんの家でアリアやロンドと一緒に暮らしていた青年。
金の羽飾りがついた剣「ルプランドル」をアリアに託した。風の珠「ファシール」を持っている。

◆ベルトレー ― ポケモンルビープレイ日記
リツキのチルタリス。語尾に「〜ませな」をつけてしゃべる。誰をも憎まず寛容な性格だがたまに残酷なことを言う。
もこもこの羽に自信を持っていて、ハグしてもらうのが大好き。リツキに抱きつこうとしていつも全力で拒絶される。

◆ホウソ ― みらくるケミカル
ケミカの主力ポケモンで、ボラックスの父。ケミカが使うバグ技にツッコミを入れ続ける苦労人。
泳げないが「なみのり」は技として覚えている。持ち物は「でんきだま」。ポロンは仲間でありライバルでもある。

◆ホソカワ ― COCORON(ココロン)攻略ページ
ヘイハチの仲間になったゴースト。一つ目小僧の顔に雲に隠れた体を持ち「けっけっけ」と笑う。
色々と見えてはいけないものが見えてしまっている。

◆ホノオグマ ― みらくるケミカル
金銀の最初の3匹のうちの1匹になるはずだったが没になった、マリカの手持ちポケモンであり主力ポケモン。
ゴミと一緒に捨てられていたが、マリカに拾われて仲間になった。

◆ボラックス ― みらくるケミカル
エレメのポケモン。「まるみみピチュー」という珍しい種類で、耳や尻尾が丸っこい形をしている。
ホウソの子供で、ホウソを「とーたん」と呼んでいる。生まれつき「ボルテッカー」を覚えている。

◆ボラックス(未来) ― みらくるケミカル
大変な世界になっている未来を変えるためにセレビィの「ときわたり」の力でやってきたライチュウ。
ピチューのボラックスが進化した姿。一人称は「俺」でホウソのことは「父さん」と呼ぶ。

◆ポロニウム ― みらくるケミカル
ケミカのポケモンで、イーブイ⇒シャワーズ。シャラノキとは双子。一人称は「ぼく」で、愛称は「ポロン」。
自分が一番ケミカに愛されようといつも画策しており、自分を可愛く見せるための努力を欠かさない。


◆ま行のキャラクター◆

◆マイトネリ ― ポケモンハートゴールドプレイ日記
マリカの手持ちポケモンのソーナンス。自分から手を出すことは絶対にないが相手をバカにして挑発し、
手を出させて「カウンター」で倍にしてお返しするのが趣味。「ホホホ」と笑うのが口癖。

◆マックス ― マーヴェラス攻略ページ
「マーヴェラス 〜もうひとつの宝島〜」の主人公「イースーチーム」の一人。食べるのが好きなおデブくん。
「MOTHER2」のポーキーに顔が似ている。ディオンとジャックにしょっちゅういじられている不遇のキャラ。
そんな彼だがボクシングやサッカーが得意で、意外と体育会系だったりする。

◆マラカ ― 星空に輝く白蛇
セレナード国の王女で、トルライトの妹。トルライトを「トル兄様」と呼んで慕っている。
気位が高くテヌートを毛嫌いしているが、フレイのことだけは強く信頼している。

◆マリカ ― みらくるケミカル
ポケモン金銀の主人公。ケミカに一度も勝ったことがないためケミカに何度もポケモンバトルを挑んでいる。
もこもこのポケモンが好きで、逆にそうでないポケモンは一切興味がない。木造工作が大の得意。
どこにボールを投げてもボールが反射してポケモンに当てられるという、捕獲のスペシャリスト。

◆マンガン ― みらくるケミカル
エレメのドードー。頭が二つあるが意識がある片方の頭が「マンガン」。もう片方はただの人形。
だがその片方の首を「妹のルクレツィア」と思い込んで溺愛している。
そして、まだ見ぬ「生き別れの妹のレイチェル」を探している。つまり非常に電波さん。

◆ミミィ ― ハローキティワールド攻略ページ
「ハローキティワールド」のプレイヤーキャラで、キティの双子の妹。フルネームは「ミミィ・ホワイト」。
キティからは呼び捨てにされているがミミィはキティを「キティちゃん」と呼んでいる。
奇抜な発言をしてはキティをしょっちゅう焦らせるが「マタタビあめ」を食べると大人しくなる。

◆ミロ ― フレンドシップパーティ
ポケモンXYの主人公。黙っていればただのオシャレなイケメンなのだが、常軌を逸した節約家であり
まだ少しでも使えるものはガラクタでも使い、食えるものなら何でも食う。「ゴミ箱」を「宝箱」と呼んでいる。

◆メンゴロイド ― Dr.オキシライドの発明講座
オキシライド博士の発明品で見た目はクマのぬいぐるみ。体のどこかが圧迫されると謝るだけのロボット。

◆モモタルー ― 魔界島攻略ページ
キャプテン・ビアドの宝を求めて七つの島を旅する船乗り。船乗りだが泳げない。
腕力が自慢で、タルだろうが岩だろうがドクロだろうが鉄球だろうが豪快に転がして投げつける。
謎の助言者の言葉に導かれて海を行ったり来たりしてゲームを攻略していく。グロいものが嫌い。


◆や行のキャラクター◆

◆ヤマシタ ― COCORON(ココロン)攻略ページ
ヘイハチの仲間のエイリアン。体はサイボーグで「ビビビ」と謎の言葉を発し、自分の存在理由を求めている。
全てを憎んでいるのかと思えば、急にお茶目な発言をする。宇宙の力で何でもできるらしい。

◆ヤンちゃん ― Dr.オキシライドの発明講座
オキシライド博士の発明品。見た目は可愛い女学生だが所持者を「お兄ちゃん」と認識して異常に執着し、
一歩間違うところされそうになる危険なロボット。別名「ヤンデロイド」。包丁がデフォルト装備。
背中にスイッチがあるが暴走後に押すのは至難の業。名前の由来は「おたくの星座」のオーロラ五人娘の「ヤン」。

◆ユウロピ ― みらくるケミカル
ネイティ⇒ネイティオ。フィジカが投げたボールが偶然当たってしまって捕獲された。愛称は「ユウ」。
エスパーの力で羽ばたかず浮いたり物体を動かせる。ネイティオになったあと「しんかのきせき」を持たされ、
それを持っている間だけネイティに戻るという謎の奇跡を起こせる。ハッパのことを「先輩」と呼ぶ。

◆ゆめたろー ― 大乱闘チェリッシュブラザーズ
「ギミック!」の主人公。異世界からやってきたぬいぐるみのような生命体。頭上に星を作り出す能力を持つ。
女の子の家でぬいぐるみたちと暮らしているが、なぜか「おはぎ」に生活の全てを監視されている。

◆ヨーグルト ― ポケモンBWプレイ日記
ラッテのエモンガ。己を「今を生きる忍(しのび)」と証し、ラッテのために隠密活動をしている。
一人称は「拙者」、ラッテのことは「ラッテ殿」と呼ぶ。偵察・潜入はお手の物だがたまに天然が露出する。


◆ら行のキャラクター◆

◆ラクス ― 水の楽園の守護者
ベイシック島の神話にも登場する伝説のポケモン「ラティアス」。ラティオスのアルゴの妹。
人間に姿を変えることができ、普段は島の子供たちと玉水の塔の近くで遊んでいる。

◆ラスア ― 星空に輝く白蛇
フルネームは「ラスア・マルフィク」。サビクとリムの兄で、凄腕の剣士だがしゃべるのが極端に遅い。
ホロスコープのバルゴと同化してからは通常の速度で話せるようになったが、完全に乙女になってしまった。

◆ラッテ ― ポケモンBWプレイ日記
ポケモンブラック・ホワイトの主人公。伝説のポケモンとトモダチになれる英雄の素質を持った青年。
温厚で正義感が強く、ポケモンが大好き。滅多に怒らないが、怒らせると無言になり必殺の一撃を放つ。
イッシュ地方を旅したあとは、強いポケモンの厳選と育成にまったく労力を惜しまない廃人と成り果てた。

◆ラファエル ― キャッスルエクセレント攻略ページ
ゲームの主人公で、グロッケン城にとらわれたマルガリータ姫を助け出すために旅立った12歳の王子。
護身用の果物ナイフぐらいの長さしかない剣と、人並みはずれた脅威のジャンプ力で城の攻略に挑む。

◆ララシャル ― 時と空とテラメリタ
ラベル家に生まれた3歳の小さなお姫様。父リアンが作った非常に防御力の高い魔法の服を着ており、
自分の意思で自由に動かせる黄色のリボンがついた帽子をかぶっている。

◆リツキ ― ポケモンルビープレイ日記
ポケモンルビーサファイア+エメラルドの主人公。芸術センスがズレていて、妙な箇所の美しさに感動する。
ジョウトから引っ越してきたためマリカとは知り合いで、感情が昂ぶると関西弁が出る。
もこもこした手触りが生理的に受け付けず、触ると拒絶反応が出る。
ケミカのことは非常に尊敬しており、いざ会話するとなると、素直におしゃべりできない。

◆リム ― 星空に輝く白蛇
ラスアとサビクの弟。剣や魔法は使えないが背が低くてすばしっこいため体術が得意。
語尾は「だよぅ」「よねぇ」のように少し伸ばしてしゃべる。サビクの頭をいつも蹴飛ばしている。

◆リン ― みらくるケミカル
未来のエレメと行動を共にしているセレビィで、ライチュウのボラックスを「ときわたり」の力で過去に移動させた。
普段は一人で気ままに時を渡っている。エレメの手持ちポケモンというわけではない。

◆ルテチウム ― みらくるケミカル
ミニリュウ⇒ハクリュー。フィジカが孵化させるはずのタマゴだったが旅の途中ですり替わってしまい
ケミカのもとで孵った。知りたがりで色んなポケモンに純粋な疑問をぶつけて回る。愛称は「ルー」。

◆ルビジウム ― みらくるケミカル
ケミカのカラカラ。ロケット団に母親のガラガラを殺されて以来、非常にネガティブに。愛称は「ルビィ」。
口を開けばネガティブorグロ発言が飛び出す。持ち物は「ふといホネ」で結構強い。スマホを持っている。

◆ルフレ ― ファイアーエムブレム覚醒プレイ日記
プレイヤーが姿を設定できる「マイユニット」。記憶喪失で倒れていたところをクロムに拾われ、
軍師としての才能を見出され行動を共にすることになった謎の多い人物。プレイ日記ではデフォルトの姿。
フードをかぶるたびに性別を入れ替えることができ、男性のときはルキナの夫、女性のときはクロムの妻になる。

◆レイン ― 星空に輝く白蛇
フルネームは「レイン・リブレット」。メヌエット国のカペルマイスターで、ロイアにひたすら忠義を尽くす。
前カペルマイスターのシオンに突っかかったり、ラスアと恋に落ちたりと忙しい。魔法と剣の両方を使える。

◆レヴィン ― ファイアーエムブレム聖戦の系譜プレイ日記
聖戦の系譜の親世代、子世代にわたって主人公を支えるシレジアの王子だが、果たしてその正体は。
好きだった人と結ばれず、シグルドにもセリスにもツッコミを入れ続けなければいけない真の苦労人である。

◆レキセ ― ポケモンダイヤモンドパールプレイ日記
アルベルトの手持ちポケモンのグレイシア。曲がったこと、風紀の乱れを極度に嫌い、正そうとする。
リーフィアのエドネルとは双子で、ポロニウム&シャラノキやイオルク&シュアルカの兄。

◆レック ― 時と空とテラメリタ
フィルの親友で護衛。フィルより1歳年上。祖母のカンナと二人で暮らしており、ダイというネコを飼っている。
剣術が得意で、魔法は苦手。カイのことは「カイさん」と呼ぶ。カイとフィルの親子と行動を共にすることが多い。

◆ロイア ― 星空に輝く白蛇
フルネームは「ロイア・ダル・リレイヴァート」。メヌエット国の第二王子で、ビアンカの弟。
右の目には方眼鏡をかけているがそちらの目の視力はほとんどない。シオンとは幼馴染。

◆ロイド ― MOTHER攻略ページ
ケンの友達になった少年。銀髪で、大きな眼鏡をかけている。ティンクル小学校ではいじめられていた。
パーティ加入後はケンやアナにツッコミ続ける苦労人となった。メカに強く、強力な道具を駆使して戦う。

◆ローチェ ― 星空に輝く白蛇
フルネームは「ローチェ・ハルプトーン」。クラングの妹で、イリスを暗殺しようとした。

◆ローリエ ― 時と空とテラメリタ
「アッシュ様のお屋敷」で執事として働いている青年。黒髪で金色の瞳を持つ。
いつも微笑んでいるが自分の過去のことは決して語ろうとしない。

◆ローレンシ ― みらくるケミカル
フィジカの手持ちポケモンのヒノアラシ。誠実な性格でフィジカのことを「ご主人」と呼んで慕っている。
温厚でめったに怒らないが、怒ったり驚いたりすると背中から炎が噴出すので危険。アインスタの子守り役。


◆わ行のキャラクター◆

◆ワトソン ― ミシシッピー殺人事件攻略ページ
主人公チャールズの助手。事件が起きた船の上でチャールズはいつも酷い目に遭うが大抵無傷。
「ふしぎなブロビー」の少年がブロビーを「先生」と呼ぶのはこのワトソンがなぜか元ネタである。












◆サイトのトップに戻る◆

inserted by FC2 system